フォト
無料ブログはココログ

« 【Skyrim】一度入ったら。 | トップページ | 【Skyrim】Radiant A.I. »

2012年1月 6日 (金)

【Skyrim】おんま追分

 The Elder Scrolls V: Skyrimの手なりプレイスルー。
 ようやくソリチュードに帰ってまいりました。

 「続きを読む」の下。

 そんな歌はなかった。「リンゴ追分(おいわけ)」だね。
 追分とは、道が二つに分かれるところ。ガイジンが旅を表現するのに好んで用いるクロスロード(crossroads)ではないね。あれは交差点だ。こっちはフォーク(fork)かな。

 ただし、追分の語義は、牛や馬を追い、分けるだから、あながち外れてはいない。つかどっちかってと冗長だ。
 日本にもかつて、信じられないくらい物凄い数のおんまさんがいました。いやいやJRAじゃねえよ。なにいってんだよ。あれサラブレッドとかだろ。
 まあ戦に使ったんだろうなとお思いのあなた。もちろんそれもあるが、それ(軍事用)だけじゃない、山村にもごく普通に、マイカーのようにおんまさんがいたのです。 

 人を乗せているおんまさんが突然狂ったようになって乗り手を振り落として、自分だけ崖から落ちていく、なんてのが「乗り手が悪霊に憑依されるのを避けるため、おんまさんが身を挺して守ったんだ」みたいな都合のいい伝説とかがある。おんまさんには人に見えない時空の裂け目とか歪みが見えるなどの話も普通に信じられていたらしい。

 えーと、The Elder Scrollsでは、Morrowindにはおんまさんはいなかったかな? Oblivionで初登場かな?
 かの悪名高い、おんまさん用の装飾馬具(Oblivion)が、TESの有料DLC第一弾だ。笑ってる人はあまりいなくて、値段も結構したせいもあってファンは当時かなり怒った。さらにDLCそのものに不具合もあって、私なんかはBethesdaのDLCにはあんましいい思い出はなかったんだが、Fallout 3からそういう疑念はだいぶ払拭された。

 おんまさんといえばThe Two Worlds(TTW)シリーズ。あのゲームには色々つっこみたいところはあるけど、なぜか乗馬はとても気持ちいいんだよなあ。そこだけならRed Dead Redemption(RDR)に勝ってると思う。
 SkyrimのおんまさんはOblivionとあまり変わらない。あくまで移動用だ。ドラゴンボーンは乗ったままでは闘えない(TTWではできる、RDRでもできる)。
 私にとって一番重要な機能は、インヴェ満タンの主人公がまたがっても、ファースト・トラヴェルができることかな。
 もちろん、ファンがずっと罵声を浴びせてもおんまさんをなかなか出さないのがBioWare。過去オリジナル本編に登場した例はなく(Neverwinter NightsのファンメイドのDLCでようやく実現した)、ほんとに苦手みたいだ。

 ん、【前回までのあらすじ】? もういいんじゃないかい。あれはなかなか大変なのだ。

20120104_00006  
 マーカースからソリチュードに戻ってブルー・パレスに向かう際、ふと気になっておんまさんを買ってみた(たぶんソリチュードだったと思うが、馬の毛色で場所がわかるので間違っていたら指摘しておくれ)。
 一度ホワイトランでためしに買ってみたことはあったが、当時のお財布の中身からして「高けえ」。それから乗れるのは常時一頭だけでフォロワーの分はないことを知り、まあ、後でいいかと「ちゃい」にした(リロードした)。

 この毛並みは灰色かな? 正式には初のおんまさん購入です。記念すべき日だな!
 やったねパパ、おとうさん今日はどこまでもドライブしちゃおうかな!
 感激に浸る間もなく・・・。

20120104_00007
 ヤーボーッ!
 ブラッド・ドラゴン来襲!

 まじか・・・。

20120104_00008
 状況:ドラゴン、状況:ドラゴン!
 降車ーっ、対空戦闘よーいっ!

20120104_00010
 なんでしょうか、この天才的な間(ま)で入ってくるドラゴンたち。

20120104_00012
 面倒にもほどがあります。

20120104_00013
 ああ、ソリチュードの衛兵ですね。間違いなかった。

20120104_00014
 ちゅうか、さっき大枚はたいて買ったおとうさんの新車は・・・。
 おお、無事であった。よかった・・・。

 しかし、あのさあっとドラゴンの影が地上を通り過ぎる瞬間、「やれやれまたか」と思いながら馬から降りて(上の画像のように、うろたえて必要のないキャンドルライトを誤射したりして)弓を構えるのも快感になってきている。それは事実だ。

 このちょっと後でドラゴン20頭成敗(ドラゴン・ソウル吸収)のアチーヴメントをとったのでだいぶ数がいっていたのだろう。

 やはり遠乗りするのは後にしよう。ブルー・パレスに出頭。

20120104_00015
 夜だったこともあって、エリシフはご就寝。スチュアードのファイアーベアードから、ウルフ・クイーン、ポテマの復活を完全に阻止せよとの命を受ける。

 あー、なんだソリチュードの街中のクエストかー。
 そいつはつまらんな。せっかくの新車が使えない。ここはひとつ、あの謎の男サムを追跡するほうを先にやっとこう。

 若者の自動車離れ(ってのは嘘でどうやら日本人の自動車離れらしいが)もあって、この気持ち伝わりにくいかもしらないが、新車が手に入ると無闇に乗り回したくなるのだ。

20120104_00018
 いい感じー。

20120104_00019
 ちょっと徒(かち)のフォロワーに申し訳ない気持ち。FFXIII-2はちゃんと二人分のチョコボがもらえたので、Skyrimも二頭欲しかったなあ。

20120104_00020
 野良の熊(野良以外あんましいないが)とか出ると、いちいち降りないといけないので面倒は面倒。

20120104_00024
 またしても出てくるドラゴンはもっと面倒。

20120104_00027
 短い旅程なのに、次々出てくるなあ。

20120104_00030
 ようやく、サムの手掛りを知る男に出会う。
 この男から盗んだヤギを近くに住むジャイアントにあげちゃった?
 ヤギを取り返してこい?
 自分、酔っ払ってそんなことまでしてたの?

20120104_00033
 近づいても怒り出さないのは、(記憶はないが)やっぱ顔なじみだからか?

20120104_00034
でもヤギを連れて帰ろうとしたらやっぱ怒った!

20120104_00035
 ジャイアントってどんだけ強いかしらないけど、今回は完全に落ち度はこっちだから、逃げましょう。

20120104_00038
 ヤギを返すと、ホワイトランの女性への返済がどうとか?

20120104_00043
 ホワイトランは自分の拠点みたいなもんだから、この彼女イソルダ(Ysolda)とは顔馴染みだけど・・・。
 結婚? 自分、彼女に求婚したのか?
 違うわ、彼女から商品の結婚指輪を受け取った代金を支払っていないのだ。結婚相手は別にいる?

 結婚相手とは月夜の晩にたくさんの蛍が光るウィッチミスト・グローヴ(Witchmist Grove)の一番大きな木の下で出会って一目ぼれしたとか言ってたわよ? 絵本そのままだよねえ。
 しかもその結婚はキャンセルされたとか。
 
 ここで気がつくべきでした。今セリフ読み直すと「桜の森の満開の下」と似たような構図だもんな。しかもウィッチミスト・グローヴ。

20120104_00046
 ちゃんと気がついていないドラゴンボーンは、雪道をウィッチミスト・グローヴなる土地へ向かいます。

20120104_00047
 ドラゴンボーンを待ち焦がれていた結婚相手とは・・・。鬼ばばあ。ハグレイヴンのばああ。

20120104_00048
 やらなきゃ喰われちゃうわけで。

20120104_00049
 ふうむ。だんだん思い出してきたぞ。ハグレイヴンの羽根がどうとか、どこかで読んだな。

20120104_00054
 イソルダに指輪を返すと、本当の結婚式は別の場所、モーヴァンスカー(Morvunskar)で執り行われるとか。

20120104_00055
 人使いの荒いクエストだが、こっちにはおんまさんがいる。 

20120104_00056
 到着してみると、要塞の廃墟であり、悪党らしきメイジがうようよしている。

20120104_00057
 ほんとにここで合っているの?

20120104_00062
 魔法のグローヴらしきものにはいると、ようやくそれらしき場所に出た。

 
20120104_00063
 サムおったなあ。

20120104_00064
 自分でもここまで来たらいい加減に気がつけよと思う。

20120104_00065
 デイドリック・クエストであったか・・・。debauchery、放蕩のデイドリック。

20120104_00067

 おかげさまで、ご苦労さん代として、ドレモラが召喚できる面白そうな杖を貰ったが・・・。
 そのドレモラ、案外強くないんだよね。

 これだけ? そう、これだけ。だって放蕩、ドンちゃん騒ぎのデイドリックだもん。
 うそー。
 笑えねえー。

 冗談に付き合うだけのためには、かなり歩き回った気がする。もういい、辟易した。ブルー・パレスに戻って、ポテマ問題をなんとかしよう。

 

**********

 次のWikiの説明によれば、このクエストの展開もRadiant A.I.のおかげで各人のプレイの進展や、まわりの状況次第で大きく異なることがあるそうです。うちのと違う!とか驚かないでいいみたい。違って普通らしい。
 

 http://elderscrolls.wikia.com/wiki/A_Night_to_Remember 

  それからObilivianにも放蕩のデイドリックであるSanguine絡みのクエストがあり、上の場面にはそれを連想させる楽屋落ちがあるそうだ。私はもうOblivionの細部はすっかり忘れました。
 


 

« 【Skyrim】一度入ったら。 | トップページ | 【Skyrim】Radiant A.I. »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/43643234

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】おんま追分:

« 【Skyrim】一度入ったら。 | トップページ | 【Skyrim】Radiant A.I. »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31