フォト
無料ブログはココログ

« 【Skyrim】勘定に入れません。(3) | トップページ | 【Skyrim】勘定に入れません。(5) »

2012年1月13日 (金)

【Skyrim】勘定に入れません。(4)

 The Elder Scrolls V: Skyrimの手なりプレイスルー。
 レベル40あたりからレベルアップが急激に遅くなる感じがします。そろそろメイン・クエストやファクション・クエストをやらんとダメかなと思ったけど、ためしにコンパニオン・クエストを進めてみたがあまり効果はなかったようだ。
 経験値入手がサチュった(saturateした)かな?
 プレイ時間は140時間・・・。 

 「続きを読む」の下。

 もう動物ネタはいらない、という方もいるだろう。心配なさるな、私自身が別に特別どうぶつ好きなわけでもない。

 Skyrimで思わず笑っちゃうのは、あれだけマジメに考えて作っている「お料理」がゲーム内で今のところほとんどなーんの価値もないこと。
 (まだ私の知らないお料理クエストがあるのかもしれませんけどね)
 HP回復? ほっとけばあっという間に回復しますよ。
 重量が減る? 言えるかなあ。なんかものによっては重量増えてる臭い気もする。
 そもそも、最初から食材を拾う意味がないのではないか。
 作ったお料理はお店に売れる? そんな時間あったらRadiant クエストでダンジョン一個回ったほうがはるかに儲かる。
 それから、結婚すれば毎日「愛妻(んー、カンペキ男性視点だが許せ)弁当」が手に入る。

 とかいいながら、自分でも色々な料理に欠かせない「お塩」(Salt Pile)だけは見かけたら必ず調達している。
 ゲーム内のスタッツに「調理した料理数」のカウントはなかったかもしれないが、自分では結構やってます。ウサギ肉とかキジ肉を見かけると、なんかうまそうで、ついつい手にしてしまうのだ。
 ちなみに「ウサギを蹴り殺す(?)」カウントはゼロ。これは意地でもゼロを守りたい。動物愛護の精神でもなんでもなく(だって喰ってるだろ!)、むしろそのほうが完遂が難しいのではないかと思うから。

 話を戻すと、これは一見どうぶつネタに見えて、全然違いました。

 どこの街だったか、郊外をうろつく犬を飼いたいので連れて来いと言われていた。ヴィジランスは二度とお供にならないことが確定したようなので、ひょっとしてそっちはお供になるのかな、と思い探してみる。

20120106_00041
 名前ついてますね。バーバス(Barbas)。

20120106_00042
「スカイリムには、ジャイアントやら、空とぶトカゲやら、二本足で歩くネコやらわんさといるのに、おたくてば喋るイヌくらいで驚いてんのかい? もちろん喋るし、これからもずっと喋り続けるぜ」 

  やれやれまたか。

 ここまで来るともうデイドリック・クエストであることは匂いでわかるね。
 だってこいつ、絶対犬じゃないもん。

 知らないうちにデイドリック・クエストを一つ残らず制覇しそうな勢いだ。
 もっとも、このノード・ドラゴンボーンの場合は悪魔に魂を売ることはしないつもりなので、デイドリックのレリック集めはきっとできないんだろう。腐敗の女神の僕はすでに叩き殺したりしてるし。

 なんでもご主人さま(クラヴィカス・ヴァイル、Clavicus Vile、案の定デイドラのプリンスですな)と口論の末、仲違いして放逐されてしまったとか。よりを戻したいのでホーマーズ・シュライン(Hoemor's Shrine)まで付き合って欲しいだと。

 面倒くせえなあと思ったが、バーバスは勝手に駆け出していく。

20120106_00050
 街の外に置いてきた馬を取りに戻る知恵もなく、慌てて後を追いかけ始めてしまった。普通に犬のスピードで走るバーバスを追いかけるのは結構きついね。

20120106_00051
 バーバスはときたま「ちゃんとついて来てんのかね」みたいにドラゴンボーンを振り返る。

20120106_00055
 でもうかうかしていると振り切られる。というか、街道をうろつく敵を見つけると勝手に戦いに行ってしまうのだ。

20120106_00056
 そっちは違うんじゃない?

20120106_00057
 盗賊の巣食う砦なんかもがんがん押し通っちゃう。

20120106_00061
 バーバスはどうせ無敵設定だろ?とかたかをくくっても、Skyrimならアッサリ死んじゃう可能性も否定できないので、一応まじめに敵を排除。

20120106_00064
 熊を倒すと、さっさと先に進む。そっけない。

20120106_00065
「リディア、あいつどっち行った?」
「やっぱ馬は必要でしたよね?」 
「それ言われるのが辛いんだよね」

20120106_00068
 盗賊の根城も強行突破。

20120106_00069
 いったいここはどこなんだ?

20120106_00070
 ここはあれですよ。

20120106_00072
 確かゲーム冒頭でドラゴンボーンが処刑されそうになった村じゃないか?

20120106_00074
 ドラゴンの空襲の爪あとが無残。火事場泥棒というか焼け跡泥棒が跋扈している。

20120106_00075
「あの『おまえら早よしろや』みたいな顔つきがどーも気に障るんだよね」
「しかたないんじゃ。そもそも犬じゃないし」

20120106_00077
 でもやっぱり犬の姿なので、城門は人の力を借りないと開けられないのね。

20120106_00080
 おいおい、どんどん寒くなってくるぞ。
 こういう夜道で道行く人に出会うとぎょっとするよね。これは地元のハンターであったが。

20120106_00081
  本当に人里離れた山の奥まできてしまった。      

20120106_00082
 この洞窟がそうか。到着したのかな? 
 近くにある資材類は、さきほどのハンターのものかしら。

20120106_00092
 Skyrim、このゲームには神が宿っていると思う。

20120106_00095
 ドラゴンたちは、本当にドラマ的にドンピシャな、天才的な間(ま)で出現するのだ。

20120106_00096
 先ほど追い越したハンターのおねえちゃんもドラゴン戦に参戦する。

20120106_00097
 心優しいドラゴンボーンにとっては、実は援軍は重荷になる。ハンターが巻き込まれて殺されないように腐心するからだ。ヒールまでしちゃうんだぞ。

20120106_00099
 うしゃーっ!(ファイナル・ブローの叫び声のヴァリエーションに事欠いてきた)

20120106_00101
 もちろんドラゴン登場と同時に私(プレイヤー)の顔はひきつっている。
 またしても鱗と骨のインヴェントリー問題が発生することが明らかだからだ。

20120106_00103
 だがここで天助か! さきほどのハンターの彼女と売買ができる! ドラゴンの鱗売っちまおうか。

 おねえちゃん、ぜんぜん金持ってへんやん・・・。まあ山奥のハンターだもんね。当然といえば当然。
 しょうがないからバーターでいいやと思ったが毛皮程度しか持ってへん。

 インヴェントリー問題発生。やはり馬に乗ってくるべきだったか・・・。

 だがここでピンときた。さきほとバーバスが飛び込んでいった洞窟も拠点扱い。であればファスト・トラヴェルができる。
 鱗と骨はそのまま放置して、目の前に見えている洞窟までファスト・トラベル。これは単に馬を近くまで召喚するだけの意味。
 主人公は非常に短い距離しか移動しなかったことになるらしく、放置した鱗も骨もそのまま残っている。無事回収できた。

20120106_00104
 なんだか辻褄合ってないような気もしますが(目に見えない馬丁が存在でもしていなければこれは成立しないはず)、まあいいか。

20120106_00105
 なんかクエストが終わった気になってしまったが、これからが本番。

20120106_00106
 ヴァンパイアにかどわかされた僕(しもべ)らが巣食う。

20120106_00108
 当然ヴァンパイアもいる。

20120106_00113
 たいして鍛えていないスニーク。しかもリディア同行なので実際にはほとんど意味がない。フォロワーのスニークがしょぼいと、主人公が見つからなくてもフォロワーのほうからあっと言う間に見つかっちゃう。
 そもそもヘヴィー・アーマー着用、それもこの時点でプレイトメイルだ。チャラチャラ、カッチャカッチャすごい音がするはずだっての。
 だから単なる雰囲気づくりだ。
 そういえばバーバスどこだ?

20120106_00114
 おお、果敢にもヴァンパイア連中と戦っているな。

20120106_00117
 これがバーバスのご主人様?

20120106_00120
 クラヴィカス・ヴァイル。願い事の神らしい。ヴァンパイアどもは、その呪いからの解放を願ってこの祭壇にやってきたようだが、恵みを施すつもりはまったくなかったそうだ。
 逆に洞窟からヴァンパイアを一掃したドラゴンボーンの望みを聞くという。

 いやあ、バーバスが勝手に駆け出したんで、仕方なくここまでついてきただけでさあ。いい加減に意地をはらずに仲直りしておくんなせえ。それがあっしの望みといえば望みですぜ。

20120106_00122
 どこぞにある強力な斧を取ってきたら考えるってさ。

20120106_00126
 ・・・、バーバスよ。ひょっとしたら、飼い主の選び方考え直したほうがいいかもしれんぞ。デイドラにしても人遣い荒すぎる。

 まあ乗りかかった船。

20120106_00127
 バーバスの語り。
 昔、クラヴィカス・ヴァイルの信者のひとりであったメイジの男がいた。その男の娘が別のデアドラである狩りの神ハーシーン(Hircine)を信奉し、ウェアウルフになってしまった。
 娘の身の上を案じて気が狂いそうになった父親はクラヴィカス・ヴァイルに救いを求めた。このデイドラは男にくだんの斧を贈った。その名も「慙愧の斧」(Rueful Axe)。それで娘を叩き殺せと。

 やっぱ飼い主は慎重に選ぶべきだよ。

20120106_00129
 インヴェントリー満タン状態でようやく馬を待たせている洞窟の外に出てみたら、騎乗の亡霊が!

20120106_00130
 もしや首から上がない? スリーピー・ホロウか。

20120106_00131
 なんのクエスト関係なんだろー。気になるー。

 こんな長いクエストだったんだ・・・。計算違いをしていました。一旦休憩。次回に続く。

« 【Skyrim】勘定に入れません。(3) | トップページ | 【Skyrim】勘定に入れません。(5) »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/43727211

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】勘定に入れません。(4):

« 【Skyrim】勘定に入れません。(3) | トップページ | 【Skyrim】勘定に入れません。(5) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31