フォト
無料ブログはココログ

« 【Skyrim】予定は未定。 | トップページ | 【Skyrim】一度入ったら。 »

2012年1月 6日 (金)

【Skyrim】二転三転。

 The Elder Scrolls V: Skyrimの手なりプレイスルー。
  現在、レベル30到達。プレイ記事中の時点ではレベル20あたり。といってもこのゲームではどこまで進んだかを示すには何の足しにもならない。仕組み上ほとんど何を書いてもネタバレでしょう。

 「続きを読む」の下。

 えー、あの後もだいぶプレイが進みましたので、自分でもどこまで書いたかわからなくなります。

【前回までのあらすじ】

 ドラゴーンボーン(ノード、野郎、ツーハン・ウォーリアー)は、惨殺されたハイキングの居城であったソリチュード(Solitude)のブルー・パレスにて、寡婦にして新ヤールとなったエリシフ(Elisif)から亡夫への弔いの儀式を委ねられた。丁度当時フォロワーであった美形人妻アネッケ(Annekke)さんをご自宅にお送りし、ホワイトランで新しいフォロワーを採用しようとしていたところなので、都合がよい。丁重に亡きハイキングの弔いの儀式を追え、アネッケさんと別れ(そこで一回ドラゴンの空襲あったけど)、ホワイトランの酒場でお一人様していた屈強の女性戦士を仲間にしようとすると彼女から拳闘試合を挑まれ、あっさり勝って仲間にし、エリシフへの報告の旅に出るため勇んで酒場を出ようとしたところで、見知らぬサムなる男に飲み比べはどうだいと声をかけられたので、調子にのって大酒煽っていたところまでは覚えているが、気がついたら訪れたことすらないマーカースなる街のディベラ神殿で目覚め、サムはおらず、待ち構えていた尼僧からは昨夜ぐでんぐでんに酔っ払って大騒ぎのあげく、暴れて神殿内をメチャクチャにしたとさんざっぱら小言を言われ、床や室内の掃除まで申し付けられてようやく解放されたはいいが、街は深夜。道行く人にここは一体どこだろうとたずねると情けねえな酔っ払いてめえの居場所まで忘れちまったかい、いいかよくきけここはマーカースだという。そうかマーカースかとわかってもなんの手掛かりもなく、大きな滝を取り囲むように築かれたため高低差が激しく足場の悪い街中を二日酔いでガンガンする頭でふらふらほっつき歩いていると、目の前で女性が野郎に刺し殺されるところを目撃してしまい、衛兵たちとその野郎を始末したところで、見知らぬ男から「タロス神殿で待つ」というメモを貰った。

 えー、こういう記事は格好をつけてさっくり終わったように書くと面白くない。とはいえ、難敵の待ち伏せによって敢えなくやられましたまで再現してもしょうがない。
 それから辟易するドラゴンの空襲を毎回書いても飽きるだけ。

 よって多少の省略・脚色はありますが、以下が誓って私のプレイスルーそのままである。

 さて読者諸氏は、そのメモはとりあえずあっさり無視してエリシフのところにファースト・トラヴェルでさくっと帰りゃいいじゃないかと指摘したくなるであろう。
 おいちゃん、Skyrimでそれをいっちゃあ、おしめえよ。

 いみじくもアドヴェンチャラーたるもの、「待つ」と言われたら言ってみるのが心意気、お作法というものであろう。いやならファンタジーRPGなどやめちまえ(いつもそれだな)。

20120103_00054
 禁じられたタロス信仰。その神殿には日中でも人影はなく、ましてや深夜。
 この男がメモの主であろう。

 謎の男、エルトリス(Eltrys)から告げられたまとまりのない(お前がいうな)込み入った話をまとめると。

1)この街は銀山経営で財をなしたシルヴァー・ブラッドなる財閥、いわばシンジケートが牛耳っている。
2)殺人事件のガイシャはインペリアルの女探偵であった。
3)下手人は銀山で働く鉱夫であったが、フォースォーンなる民族解放運動の手先に違いない。
4)ヤールや司直に事実を告げても無駄。この街はずっと上まで汚職がはびこっている。

 エルトリスの親もかつてシンジケートに殺されていた。自身新婚で長子も生まれるというのに、親の恨みを晴らすまで、どうしても気が済まない。
 このヤマの裏には、シルヴァー・ブラッドが介在しているに違いない。まずガイシャと下手人を調べろという。 

 報酬もタンマリ払うというので、にわか探偵稼業にいそしむか、とくだんのガイシャが逗留していたという宿屋に向かおうとすると。

20120103_00060
 ヴィジラント。この世界のインクイジター集団、デイドリック、ヴァンパイアなど異形なるもの(アボミネーション)を狩り立てるオカルト・ハンターの一員だ。
 自分も嫌々とはいえライカンスロープにされた身なんで、狩られちゃうんじゃないかと心配したが、特段問題ないようだ。

 この館にデイドリックの強い妖気を感じるので、協力してほしいという。

20120103_00061
 小銭稼ぎにはなりそうだし、それよりもなによりも、このネタはDragon Age: Originsにもあった「呪われた館」ものなので、興味本位で付き合うことにした。

20120103_00062
 お、ノリもほぼ一緒ではないか。

20120103_00063   
 ヴィジラントの彼には、やはり何者かが潜む気配が感じられるという。出所は地下室か?

20120103_00066
 ところが、現にデイドリックの声が聴こえ始めると、ヴィジラントは士気粗相して逃げ出してしまう。

 デイドリックはドラゴンボーンにヴィジラントを殺せと命じる。
 悪いけどそこまでイーヴィル・キャラじゃないんで、しばらく放置。だがヴィジラントは正気を取り戻せない。

20120103_00067
 ドラゴンボーンに襲い掛かってくるヴィジラントをやむなく惨殺。新展開やのー。
 ここでの分岐は最初からなかったのだ。残念。

20120103_00068
 地下には禍々しい祭壇。

20120103_00069
 近づくと檻の中に拉致られてしまう。なんでもこのデイドリックとライヴァル関係にある別のデイドリックのほうを祀っている司祭を連れて来いとか。

 デイドリックの間のライヴァル関係とかややこしくてなんだかよくわからないが、ここから出してもらうには依頼を受けるしかないみたいだ。不承不承、承諾。

20120103_00070
 このクエスト、たぶん最後までやってる暇ねえかもなあ・・・。
 デイドリックとの約束を反故にして騙したことになるかもしれない。
 良心の呵責に悩むドラゴンボーン(んなあほな)。

20120103_00071
 呪われた館からほうほうのていで逃げ出すと、今度はあの殺人事件があった現場で、言い争っている大勢の庶民たち。
 いや言い争ってるのは夫婦だけで、他は口々にみな勝手なことを喋っているだけらしい。

 ここまで遊んでいると、この口論の現場に出会うときまってふたりのどちらかがクエストを持っていることがわかっているのだ。
 きっぱり無視しよう。いや、そうできたら苦労はしない。結局妻のほうからお遣いクエストを引き受ける。お遣いクエストがお遣いのまま終わるケースはほとんどないのだが。

20120103_00072
 なんとか本業?の探偵稼業に復帰。宿屋でガイシャについて聴き込みをしていると、またしても拳闘試合を申し込まれる。

20120103_00073
 やはりさほど強くはない。こいつもフォロワーになるのかな?
 野郎との二人旅はちょっと遠慮しておきます。

20120103_00075
 さらに下手人が寝泊りしていた銀山のドヤ(Warren)を調べていると、今度はシンジケートが送り込んできたならず者が立ちはだかる。
 ちなみに「ドヤ」とは「宿」をひっくりかえしたその筋の隠語。

「色々嗅ぎまわってるらしいじゃねえか。怪我しねえうちにとっとと立ち去りな」という、あのパターンですね。
 なお、彼の隣にいるのは、本件とはまったく関係のないクーリエ(配達人)。

20120103_00076
 殴り合いも飽きてきたと思う頃に、またしてもこのならず者と殴り合い。
 Skyrimには笑いの神様がついているのかもしれない。

 そして、さっき駆けつけてきたクーリエも、殴り合いがはじまると、周りと一緒に「いけー、やれー、ぬっころせー」と歓声をあげて応援しているのだ。オブジェクト指向なるがゆえのNPCの立ち居振る舞い、Skyrimほんとここら辺はちゃんとしてるよなー。

 殴り合いが終わって、ならず者から黒幕の名を聞きだす。
 ようやくクーリエが「あー、おもしろかった。そういえば、あなたに親展の書簡を預かってましたよ。随分偉い人とお知り合いなんですねえ」と、任務があったことを思い出す。

20120103_00077
 おいおい、今度はソリチュードに来いだと。
 エリシフのところになかなか帰れずちょっと罪の意識を抱いていたのに、彼女のスチュワードであるファイアーベアードから「ただちにブルー・パレスに戻られたし」とのお告げだ。

 んー、でもここマーカースでの殺人事件の捜査も佳境にはいってるんだよねえ。
 ソリチュードのほうの事件は、かのデイドリックのウルフ・クイーン、ポテマ復活に関するものらしいのでそそるっちゃそそるんだが、一旦こちらの事件に踏ん切りはつけておきましょうね。

 タロス神殿で待つエルトリスの元に、ガイシャと下手人についての捜査結果を報告に戻ると、しこたま報酬がもらえる。次なる手掛かりは、シンジケートの大物ふたりだ。
 街を牛耳る連中相手の聴き込み。手荒いことになりそうだな。
 だが、トラブル・イズ・マイ・ビジネス、だ。ハードボイルドだど(合掌)。

20120103_00078
 街一番の大邸宅に住むネポス。ドラゴンボーンの元にならず者を送り込んできた男だ。

 彼自身、ノードがこの地を占有する以前の原住民であり、その解放運動フォースウォーンに与する者だ。フォースウォーンの王、キング・オヴ・ラグス(ぼろの王)を崇拝しているという。そしてぼろの王は、なんとこの地の銀山(兼)牢獄の中で自ら囚人に身をやつして運動を差配しているのだっ。

20120103_00086
「でもおじいちゃん、どうして、そんなに色々なことを次々教えてくれるの?」
「それはね、お前さんたちはここから生きて出られないからだよ!」

20120103_00087
 おお、館の中の従者たちは、全員敵のエージェントであった。
 スパイ映画みたいだ!

20120103_00079
 この絵姿だけ見たら、ドラゴンボーンはそうとうやばい犯罪者である。

 もうひとりの手掛かりは、なんとシルヴァー・ブラッド財閥の重鎮のひとりソナー・シルヴァー・ブラッドそのお方。

20120103_00096
 こらまた厳重な。

20120103_00097
 大企業ですなあ。
 ちなみにこの受付の女性。実はエリトリスの新婦なんだよ。
 自分のプレイスルーでは掘り下げられなかったが、彼女にもエピソードが何かあったのかもしれない。

20120103_00081
 得意のパースエージョン(説得)で奥まで進入。

 ソナーと押し問答を繰り広げていると・・・、入り口のほうで騒ぎが?

20120103_00098
 なんだ?!

20120103_00099
 これはひどい。襲撃によって総帥の妻、エリトリスの妻(受付の女性)など皆殺しだ。ここでも館の従者がフォースウォーンの手先であったようだが、標的にはドラゴンボーンのみならず、シルヴァー・ブラッドのソナー自身も含まれていたようだ。

 ドラゴンボーンの活躍によってソナーは危うきを逃れたが、妻を惨殺されて放心状態だ。
 エルトリスの妻も亡骸になってしまった。彼に悲報を伝えるのは辛いが、一旦タロス神殿に戻ることにする。

20120103_00082
 うーん、そうきたか・・・。

 エルトリスはすでにマーカースの衛兵たちによって始末されている。
 この一連の殺戮の全ての罪をドラゴンボーンにおっかぶせる算段のようだ。
 おとなしくお縄を頂戴し、罪を償うため銀山で死ぬまで働けと。

 ここで言い訳。ちょうどお茶を飲むためのヤカンのお湯が沸いた。ほんの数十秒席を外して、「んー、どうしよっかなあ」と悩みつつ、ポットにお湯を注いでいると、PCのほうから騒がしい音が?

 戦闘がはじまってしまった(笑)。

 Skyrimには選択肢を選ぶのに、時間切れとかあるんだ!

 あわてて戻って、とりあえず闘う。やたらと湧いてくるが、相棒のイエネッサとふたりで衛兵十名ほど斬り倒しただろうか。

20120103_00085
 無残に転がる衛兵たちの死体。

 実は衛兵の格好は偽装じゃないのか・・・。

 そういう期待もあったのですが、この時点でこのクエスト・ラインは詰み。それだけじゃない。汚職にまみれているとはいえ叩き斬った連中は全員正規の衛兵なのだ。 
 これにてマーカース編は以降全部詰み。街に入った瞬間に衛兵に襲われます(つかお尋ね者を倒そうとしてくるんだろうけど)。

 まあ・・・。この展開は刺激が強すぎます。たまたまお湯が沸いただけだから。ちゃい。 

 やり直すことにしよう。

20120103_00058
 ん? 相棒のイエネッサって、居場所ホワイトランのローグだよね? あんた、エリシフになかなか会えないよーとか言いながら、一辺ファースト・トラヴェルでホワイトランに戻ってない?
 ち、ちっちゃいことは気にしないで(笑)。大人の事情が色々あんのよ。
(探偵編だから難しい宝箱でもあるのかと色気を出してローグを同行させたのだった。結果的にシルヴァー・ブラッドの金庫を含めて、彼女は何一つ開けてくれなかったけど。ご都合主義許せ)

 やり直し。まだこの地のヤールにすら会っていないことに気がついたので、そこもやっておく。

20120103_00089
 例のマーケットの女性のお遣いがてら地下城塞を訪れると、ここでもまた口論中のおふたり。はいはい、またクエストくれるんでしょ?

20120103_00090
 おう、なんでも頼んでくれ。どうせこっちはこれから牢屋にはいるんでえ。

20120103_00091
 何を囁かれても、お勤め終わるまでは関係ねえ。

20120103_00092

20120103_00094
 ヤールは他のほとんどのヤールと一緒。いつもどおり横柄なだけで今のところ特になにもなし。

20120103_00101
 さて、やり直し。今度は素直に牢屋に入りましょうか。

20120103_00102
 なんだよ、これも牢屋に入れられた回数にカウントされんのかよ。

 理不尽だあ。

 私は無実だあ。

 ブルー・パレスにはいつ戻れるのだあ(もう、それ説得力ほとんどないよ)。

 

« 【Skyrim】予定は未定。 | トップページ | 【Skyrim】一度入ったら。 »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 配達人には時折どきりとさせられますね。
 素っ裸で来たりするから。

 山賊に身ぐるみ剝がされたけど、手紙だけは秘密の場所で死守したという設定で納得します。
 そんな手紙読みたくないけど。

 それ笑えますね。秘密の場所は考えたくないけど!
 山道でらしき死体が転がってると、これダイナミックAIのせいか? とぎょっとしますね。なにか見逃したかと。

 どこかの山ん中でフォースウォーンから因縁つけられて闘っていたら、後ろからインペリアル・クーリエとかいうのが突っ込んできた。「おい、チョ待て!」とか言う間もなくフォースウォーンに射殺されてしまった。
 静かになってからクーリエの屍骸を探ってみたけど、それらしき書簡は持っていませんでした。
 んー。クエスト一個飛んだのかなあ? インペリアルだからまだ旗幟不鮮明な自分は関係ないかなあ。
 大丈夫、Radiant AIはちゃんと処理する? のかなあ。
 

 それは確か、帝国軍の伝令ですよ。ランダムイベントの一つですね。ストームクロークの伝令もいます。

 日本語版の配達君は、ラブレターを渡すかのような話し方なので二重にどきどきです。

 ああやっぱり。
 では口頭で伝令内容を伝える前にあえなく殉職(戦死)されたわけですか。リアルすぎる。
 最敬礼っ!
 何を伝えようとしてたのか気になる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/43641115

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】二転三転。:

« 【Skyrim】予定は未定。 | トップページ | 【Skyrim】一度入ったら。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31