フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ローグ主人公編(10) | トップページ | 【DA2】ローグ主人公編(11) »

2012年2月24日 (金)

【DA2】トロフィー狙い。

 以下、DA2のネタバレあり。

 日本語版を進める時間さえなくなりつつありますが、ひとつやってしまったかなあ、と悔んでいることがある。

 二周でアチーヴメント(PS3ではトロフィー)全部取る気でやっていたが、メイジ応援団とテンプラー応援団、これまでのプレイで何がどうしてどうなったか、こんがらがっちゃった。
 どちらか一方の肩を持つ行動を五回やれというやつ。
 あまりDAWikiに頼らず、こんなもんかと記憶に頼ってやってきたが、さすがに心配になってきた。

 アルケイン・ディフェンダー/メイジ・ハンター

 Act1
・ウェイワード・サン(フェンリエル)
・アクト・オヴ・マーシー(グレイス)
・エネミーズ・アマング・アス(ケラン)

 Act2
・ナイト・テラーズ(フェンリエル)
・デマンズ・オヴ・ザ・クン(クライマックス直前、オシノ/メレディス)

 Act3
・ショウダウン(クエストにタイトル名はない、オシノ/メレディス)
・オン・ザ・ルーズ(エミール)
・ベスト・サーヴド・コールド(サムソン)

 ややこしいのは、ショウダウン(Act3冒頭のオシノとメレディスの口論)でどちらかの肩を持っていて、かつベスト・サーヴド・コールドでの選択が矛盾していない場合のみ後者がカウントされるとか。

 うーん、二周で実現やばいかも(笑)。主人公はアグレッシヴ・メイジとユーモラス・ローグだから、それぞれメイジ支持、テンプラー支持でやってると性格破綻者みたいな選択をしなくちゃなくなる。
 ユーモラス・ホークがフェンリエルをトランクィルにする? キャプテン・カレンに対してメイジは皆殺ししろと告げる? 
 それ、まともな神経でできるか?  

 そしてこのリストを眺めるともうひとつのことがわかる。
 Act2、Act3がやっぱり薄いよね。Act1は、今ちょうどプレイスルーをやっている三つの比較的濃密な独立したクエストであり、クエストのテーマそのものがメイジ・テンプラー抗争だった。これは問題ないでしょう。
 Act2は実質フェンリエルのフェイドの問題のみ。確かに重要な話だが一つだけ。
 Act3なんてエミールとか、サムソンとか、ほとんどこじ付けだもの。

 面白いので、これもこんがらがりやすいやつ、ア・ウォーシー・ライヴァル、ホークがアリショクに正当なライヴァルとして認められるか、ってやつもメモ代わりにやっておく。

 Act1
・ブラックパウダー・プロミス
 (ドワ商人ジャヴァリスが立ち去ってから「将来の利益を貰うはずだった」とアリショクに告げる)
・シェパーディング・ウルヴズ
 (クナリたちが死んだことを伝える)

 Act2
・オファード・アンド・ロスト
 (ヴァーネルと対決する前にアリショクに事態を告げる)
 (ヴァイカウントに対し、死体を焼かないよう助言する)
 (クエスト完了後、この事件についてアリショクに話をする)

・デマンズ・オヴ・ザ・クン
 (キャッチ・ザ・シーフのクエストがもし完了していたら、イザベラの件をアリショクに密告する)
 (エルフの件について、復讐は当然で、クナリとして留まるべきだとアリショクに同調する(アヴェリンはもちろん不服))
 
 以上のうち5つ必要(Act2クライマックスの特別な会話・展開は4つで出るそうだ)。

 PC版もPS3版も、Act2のオファード・アンド・ロストの完了直後にアチーヴメント(トロフィー)がきたはずなので、デマンズ・オヴ・ザ・クンについて私は確認できていない。イザベラのことはちくったかもしれないが、エルフの復讐が正当だなんて言った記憶がないもの。
 ネタバレ見ずにやっていたPC版ではかなり苦労した記憶がある。
 PS3版でも、意外にもアリショクへのご注進を一度も忘れていなかったということだ。

 あのキャンプから一歩も出ない相手(アリショク)の尊敬を勝ち取るというのは、ご注進、ご機嫌伺いしかなわけだから仕方ないかもしれないが、ネタバレ知らずにこれを取るのはメチャクチャ難しい(キックする材料が明示的に与えられない)はずなのにも係わらず、かなーり薄味な印象。(アチーヴメント・トロフィーはシナリオ・チームの責任範囲ではない)

 でも、ちょっと気を配らなければならないのは上に書いたものくらい。さすがにセーヴファイルから分岐するという荒業はきついから最低二周か。

 Originsのアチーヴメント、ロマンスの可能性のある全員とのラヴ成就とか、主要なエンディング全部とか、「うひょーっ、大変だあ」と言いながらコンプしたときのような感動はないよねえ。あっちはセーヴファイルからの分岐という荒業使ったってかなり労力が必要。それを使わないと四周しないといけない(ロマンスだけなら確か四周は必要ない。振っちゃって乗り換えちゃえばいいから)。メイジの魔法全スクールそれぞれ制覇などもきつかったが、キャラクター・ビルド関係のものは、Awakeningでキャラメイクを繰り返せば一瞬で取れちゃったかな。
 
 前にも書きましたが、アチーヴメント・トロフィー狙いでシャカリキになるのはDAシリーズくらいです。他はだいたい平均70%くらいだ。Mass Effectはナイトメア(インセイン)難易度コンプだけが最初から気持ちが萎えてダメ。New Vegasはハードコア・プレイ完遂が最初からダメ。Skyrimも今80%くらいかなあ。カジュアルだからねえ。

« 【DA2】ローグ主人公編(10) | トップページ | 【DA2】ローグ主人公編(11) »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 アグレッシブ・メイジでテンプラー支持は意外としっくりくるんですよね。「俺様以外の魔道士はクズだ」て感じで。仲間はほとんどライバルリーMAXで、フレンドリーMAXになるのがフェンリスだけというのも皮肉で面白いですし。

 精神分裂にはならないですよね。でも最近では全員ライヴァルリー満タンかつメイジ支持もできそうな気配。
 遊びがないのがイザベラ。ある意味いい女なんでしょうねえ。予測できない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44242834

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】トロフィー狙い。:

« 【DA2】ローグ主人公編(10) | トップページ | 【DA2】ローグ主人公編(11) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30