フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ライヴァルリー満タン計画 | トップページ | 【DA2】トロフィーが・・・。 »

2012年2月12日 (日)

KoAR、「気にしない」は「死ぬほど気にしている」。

 なんだそうです。テレビの「ほんまでっか」なんとかに「ドラゴンエイジ」映画の声優をやられた栗山嬢が出ていて、高所恐怖症を克服したいという話の関係で評論家(ではなく学者?)が言っていた。あそこで言っていることは概ね真に受けないことにしているが、これはきっと正しそう。

 だから高所が怖い人は、「気にしない」とどんどん怖くなる一方なので、例えば新宿の高層ビルのガラス貼りの展望台など、落ちることのない(死ぬことのない)高所に立って誰かに手を握ってもらったまま長時間(4、50分とか)じっと耐えるのが克服方法だそうだ。

 「逃げちゃダメだ」は「死ぬほど逃げたい」。 

 「怖くない」は「心の底から怖い」。 

 「興味がない」は「命をかけて必死に興味の対象から外す」。

 「大嫌い」は「大好き」(モー娘。かよ)。これは男性は勘違いしないように。女性は「害虫のように」生理的に嫌うことはあるようだ。クモやゴキちゃんのレベルで嫌い、は「生理的」にダメなレベルのことでしょうか。 

 運よく私にはなんとかフォビア(phobia)、恐怖症ってのはない。だからたかだか4メートルくらいの階段の踊り場でへたり込んじゃう人や、お化け屋敷に入れない(暗所・閉所恐怖症か)人、クモが登場するだけでヴィデオゲームや映画の画面が見れない(クモ恐怖症の)人の気持ちがわからない。

 あ、ひとつだけあった!

 RPGが怖い(笑)。

 「生理的」ってのが味噌っぽい。私が例えば「日本語版でDA2を遊べて死ぬほどシアワセ」と感じるときは体内に変な物質が分泌されているのがわかる。これは間違いなく「心から愉しんでいる」と信じていいと思う。 

 一方でEAが死ぬほど嫌い、は生理的に嫌いなのかも知れないが、Kingdoms of Amalur: ReckoningのDLCが日本で入手できないことを「気にしない」ってのは、これは「頭で」考えているようだから、「死ぬほど気にしまくっている」が正しそう。

 あんまり「気にしない」(気にしている)ので、ちょっともぐってみたらもぐれた。やはりEAの邪悪はSteamと違ってテキトーなレベルの邪悪であった。 

 KoARのデモも入手(最初からやっときゃよかったな)。インストールもできた。

 有料DLCもいずれ試しに買ってみようかな。 

 ただローンチと同時に配信されたHouse of Valorのクエスト群は入手してあるのか、どこにあるのかよくわからない。FAQを読むと「すでに入手している」みたいに読めるが、ゲーム上なんのお知らせもないのである。 

 やる暇もないゲームのことで文句をいうのもどうかと思うので、ここらでやめておくけど。

 面白そうなんだよね。

002
 DLCのところの☆が腹立つ。

017_3
 元々MMO用に開発されていたようで、ダンジョンのデザイン(マップではなく、内装)もそれっぽい。でもWoWやTorchlightのような露骨にMMO的な色彩は抑え気味。

022
 チュートリアルのダンジョンは一本道なので、迷うことはない。

007_2
 例えばお靴を入手するとこうやって主人公がみている仕草とか、なかなかお洒落。

031
 バックアップ用に弓も当然装備できる。ちなみにねーちゃんの顔のモデルの一番美形がこれかな。私は文句なし。コミック作家のデザインだから、全体的にポップになっている。

095
 一歩間違えるとディズニーだったが、そこまで砕けていない。ノームのおっさんだからこういう顔なのは仕方ない。

028
 ただ射撃は、今のところそれほど快感といえるほど面白くはない。出来が悪いとは言っていない。

033_2
 日本人の80%が選ぶんじゃないかと思われる、ダガー二刀流。実はこれが一番愉しそう。

036
 いまや皆さん御馴染みのSkyrim(TES)モデルにも近い。クラウチングでステルスに入るルールですね。目玉のアイコンで敵からディテクトされているかどうかを示す。これが定番になっちゃったねえ。

 

 もちろん、これはSkyrimからパクっただの、ものを知らないクソガキみたいなアホなツッコミしないように。このゲームのデザイナー(ヴィジョナリー)ロルストン氏はOblivionまでTESシリーズのリード・デザイナーだ。

037

 ステルス戦のカットシーンも結構本格的だが、この後何度も見せられることになるとどうか。

049
 魔法も愉しい。

052
 RPGにありがちな、初期はカントリップ(cantrip)、小手先のいたずら呪文系というのではなく、いきなり実用に耐える。

068
 でも基本はハック・アンド・スラッシュ、ロングソードでしょう!

106
 成長すると、様々なムーヴ(コンボ的なもの?)を覚えるらしい。

023
 このゲームの楯の解釈は少し変わっていて、ロンソをしまって両手でこのようにがっちりブロックする。そんな悠長なことでいいのかと思うが、ブロックを解除してからのロンソの出し入れはほとんどタイムラグがない(もちろんブロックしたペナルティ的な意味で何分の一秒かは遅れる)ので、もたもたした感じはしない。

098

 事実このボスとか、ブロックなしでどうやって勝つのか誰か教えて欲しい。
 ボス戦は100%アクション系ゲームのようだ。

102

 チュートリアルが終わってようやくレベルアップ。

101
 女子キャラモデルの出来で満点の半分はあげちゃう私なので、その点は文句ないかな。

105
 主人公には声優ついていませんけどね。

104

 GameSpotケヴィンが褒めまくっていた成長システム。そつない作りだし、味付けのヴァラエティが十分あるので、じっくり遊べそう。こっちはスキルか。

107
 アビリティ。他にもルーンストーンとか何とかとか、私がぜんぜん解明できていない大事そうな趣向もある。

 てなとこだぜ。

« 【DA2】ライヴァルリー満タン計画 | トップページ | 【DA2】トロフィーが・・・。 »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

実は、私、去年の夏あたりからKoARが気になって、デモの様子や動画チェックしてたんですよ。
Vanityさんが話題にしてるの見て、内心「やったぁ~」とか思ってますた。
とはいえ、これの日本語版は出そうな気配は今のとこ無いですけど。

グラフィックの雰囲気は、ファンタジーらしい感じで悪くないかも。おっしゃるように色使いも。
魔法とかのエフェクトが、ちょいハデ過ぎなのが気になりますが、まぁこれも売りなんでしょうね。
エフェクトが派手なのって、ゲームに慣れてくるとけっこう辛気臭いものですので。
そう意味では、DA2は派手っぽいけど戦闘の妨げになってないのは、隠れたGJじゃないかと思います。

 たしかにキャラの動きやアクションなどにちょっとくせがありますけど、なかなかよさげですけどね。

 MMOの世界をひとり寂しくソロプレイしている風情ではなく、MMO風の世界で激しくハック・アンド・スラッシュを繰り広げると言う感じです。ほぼ100%アクションゲームのようです。
 Dungeon Siege IIIの出来がこのくらいよかったらな、と悔やまれる。あれよりぜんぜん優秀。
 とても感じのよく似たSEGAかどっかのゲーセンのゲームが昔あった気がするんですが思い出せない。
 
 日本語版はどこか頑張ってやればいいのにねえ、と思いつつコンテンツが多いので翻訳はMMO並みの手間のようです。

 DA2のPS3は、中盤結構コンバット操作が難しくなってきて、実は周りがあまり見渡せていない(笑)。PC版の温いコントロールになれてるとなかなかきついですよ。でもOrigins/Awakeningの最後のほうのようにエフェクトてんこ盛りで何がなんだかわからなくなることはないですね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44085239

この記事へのトラックバック一覧です: KoAR、「気にしない」は「死ぬほど気にしている」。:

« 【DA2】ライヴァルリー満タン計画 | トップページ | 【DA2】トロフィーが・・・。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31