フォト
無料ブログはココログ

« 【Skyrim】スカイリムでの自由について | トップページ | 【DA2】ふたり分はダメですか? »

2012年2月 1日 (水)

【Skyrim】愛は疾走。

 日本語版のあるゲーム、いちいちプロットをなぞらなくていい反面、どちらさまが遊んでも一緒になる場合が多いので、記事にしようがなくて苦労します。

 でも様々なプロットが込み入ったSkyrim。Radiant A.I.がこなれたとはいえ、ただのA.I.。
 A.I.が故、NPCが突拍子もない行動を取る場合がありますね。
 一人目主人公がこの場面に出会ったとき、最初は、一体何が起きたんだ!と驚いたが、二人目、三人目とプレイしていると、だんだん理由がわかった。

 これはなかなか実現しないのではないかというお話かもしれないので、書いてみよう。「続きを読む」の下。

 もう画像も数千枚になった。一ヶ月も経っていない過去のプレイだが、該当画像を探すので死にそうになる。ようやく見つけましたが、前後綺麗には揃わないかも。

 たしか発端は、マラの神殿の僧から受けるクエストだったと思う。スカイリム各地で成就できない恋愛に悩んでいるカップルを救えと命じられたのかな。

 中には普通に面白いものもありますが、まあ、ありがちなルーチンだよなあ、と思ってやっていた。

20120115_00068_2
 マーカースの宮仕えメイジ、カルセルモ(Calcelmo)。ドワーフ研究一筋のとても偏屈な御仁。かなりのご高齢ですね。

 ところが、このじいさん、なんとファリーン(Faleen)にご執心だそうだ。彼女は武芸一筋、レッドガードの筋肉女子、ここマーカースのヤールのハウスカールですね。彼女のことを考えると身も心もよじれるほどだそうだ。
 そうかあ、恋愛とは補完関係なのかあ。自分にないものに魅かれるということか。
 
 だが、学究一筋でやってきたので恋愛経験はほとんどないらしい。インテリらしく彼女にポエムを贈りたいというが、ドワーフのことは知らないことなどない彼も、詩文となると知識ゼロ。
 ポエムを書くにあたって、レディに人気沸騰のバードのアドバイスを受けて欲しいという。

 それすら自分で行かないのね・・・。

20120115_00077_2
 こちらもマーカースに滞在している著名バード。読み方よくわかんないけどイングヴァー(Yngvar the Singer)だろうな。イングヴェイ(Yngwie)なるヘビメタのギタリストがいたもんな。北欧ではこの手の名前ザラなんでしょう。

 アドヴァイスはしてくれるものの、お金は取るらしい。こっちの負担なのか・・・。後で経費はもらえるのか。

 さて、ここで問題が。ファリーンが常駐しているはずのマーカースにいないのだ。画像だと、ヤールはいるんだよね。(訂正:いや、よく見ろ、玉座に座ってるのは別人みたいだぞ? やっぱヤールも出張中かな) 
 クエスト・アイコンの指し示すところを見ると、なぜか彼女はソリチュードのブルー・パレスに滞在している。

 ここがまず変なところですが、話の流れが止るので、理由は後述する。
 面倒だが、ソリチュードまでひとっ走りだ。ほんとにパシリだ。

20120115_00083
 ブルー・パレスのゲストハウスで寝ているところを叩き起こす。このようにとっても口の悪い大女だ。

20120115_00088
 ところがカルセルモというか、イングヴェイじゃない、イングヴァーのポエムを読むと途端に顔色が変わる。好感度メチャクチャあがったらしい。お返しにつたないとはいえ自分の詩文を渡すように依頼される。

 返歌ですな。本来アンサー・ソングとはこれを言ったのだろうか。

 超面倒だが、ソリチュードからマーカースまでもう一度恋文を運ぶ。往復割引はないからね!

20120115_00091
 じいさん、いたく感動しまくり、ドラゴンボーンへの感謝の言葉も終わらぬ前に、駆け出してしまう。

 ん。おっさん、どこへ?

20120115_00093
 マーカースの夜の街中を疾走するご老体。
 ご覧のように、クエスト・アイコンはまだ生きている。
 ボール・イン・プレイです。ボール・デッドになるまで、ボールから目を離しちゃだめだ!

20120115_00094
 兄弟、何か助けがいるかい?
 あのじじいを止めてくれ!

20120115_00095
 じいさん、すごい勢いで城門を出ると、そのまま走り続ける。追うドラゴンボーン。
 おいおい、ソリチュード行くなら定期便の馬車使えよ。20ゴールドとかスゴイ安いんだから。

20120115_00096
 あかん、ゲーム・メカニズム上、スピードが同じなら走っても追いつかん。
 レフリー、いい加減に笛吹けよ!

 ええい、馬じゃ、リディア、馬をひけい!

 手下に何も告げず、ものも言わず、桶狭間に向かって単騎疾走していった信長を追う家来の気分だ!

20120115_00099
 馬でも追いつかんのか! 残念ながらこのドラゴンボーンは、普通の馬しか入手していない。鞭を入れられる時間も限られている。じりじりとしか距離が縮まない。
 あの名馬だったら追いついたのかなあ。

20120115_00101
 おっと、このジングルは、ナーンルートではありませんか。ちょいと待ってね。

 ドラゴンボーンやる気あんのか!

20120115_00102
 あら河のあっちにも。

20120115_00105
 途中にいた、街道沿いの追いはぎ盗賊までシカトしたらしい。こいつね。

20120115_00106
 ヤギもびっくりして逃げ惑っている。

20120115_00107
 ようやく追いついたのだが、一切口をきいてくれない。まだイン・プレイ中。

20120115_00108
 あげく、途中のとりでのフォースウォーンに襲われる。でも、じいさん強いのなんのって。
 あっというまに皆殺しだ。

 ここでクエストが次の段階に進んだというメッセージ。やっとボール・デッドになった。

20120115_00111
 フォロワーになってくれないか、と思うくらい強い。

20120115_00113
 あかん、クエストは進んだらしいが、これ追跡するのちょっと面倒になってきたわ。

20120115_00120
 あのじいさんならひとりで大丈夫だろう。追跡は諦めて、色々時間を潰してから、ブルー・パレスに行って見る。

 だめだ、ファリーンしかいないし、不機嫌なままだ。

 こんどは見失った地点に戻って、追跡をやり直すことにする。

 だが、スカイリムは道の分岐がややこしい。はたして無事遭遇できるのか。

20120115_00122
 ストームクロークのクエストで訪れた地点だな。きっとこの先にいるだろう。

20120115_00123
 いたのは、ヴァンパイアであった。

20120115_00129
 雨まで降ってきちゃったよ。リディア、思いっきり桶狭間だな。殿はどこまで行っちまったんだろうな。

20120115_00130
 なにやら、首が落ちてますが、これは?
 ああ、それはさっきのヴァンパイアだろ? 

 でもあのじいさんが通過したなら、ヴァンパイア皆殺しになってるはずかもなあ。

20120115_00132
 しまった、分岐だ。分かれ道だ。どっちだろう・・・。
 このクエストのドタバタ感、グダグダを通り越して快感を感じるまでなってますよね。

20120115_00133
 気をつけろ、リディア、山賊の待ち伏せじゃ!

20120115_00134
 おっと、ナーンルートだ(それ、やめい!)

20120115_00136
 ううん、馬の屍骸が残されている。じじいのメッセージだとしても意味がわからない。
 まったく関係ないと思いますけど。

20120115_00138
 あ、巡回中のヴィジラントだ。連中がヴァンパイアとか遭遇するとドンパチはじめちゃうから、面倒に巻き込まれないようにさっさと遠ざかろう。

20120115_00139
 おいおい、ドラゴンブリッジだぜ。偉い距離走ってきたなあ。

20120115_00141
 なんと、馬でソリチュードまで到着してしまった。

20120115_00142
 今度こそ到着していてくれ・・・。

20120115_00143
 誰? マーカースのメイジ? 知らんがね。

20120115_00148
 とりあえずマラの神殿でクエストは終わらせました。

 なんつう徒労。
 でもとっても面白かったともいう。

 この後、だいぶ経ってからですが。じいさんは普通にマーカースに戻っていた。

 まず、画像にもあるように、ファリーンがブルー・パレスにいたのは、帝国サイドのヤールたちがそこに集結していたからでしょう。ボディガードのハウスカールも同行したのでしょう。

 なぜヤールたちが集っていたか。私がシヴィル・ウォーのクエストをある時点まで進めていたからでしょう。叛乱対策の会議中だったのだ。きっとそれで辻褄はあいそうです。

 そして、フォースウォーンとの戦いが終わったら、そこでようやくクエストが次の段階に進んだ、ボール・デッドになったのはなぜか。

 よくわからないのですが、カルセルモ(じいさん)の戦闘終了時(画像を見ると厳密には開始時かな)のごく一般的な処理の中に、クエスト状況のアップデートを処理するルーチンがあったのかもしれません。
 結局なにも問題はなかった。だが、あのあとカルセルモは本当にブルー・パレスまで行ったのか、そしてそこできっとあったはずのファリーンとの愛の語らいはどのような内容であったのか。それはわからない。謎のままである。

 今度やるときは、ファリーンがマーカースにいるときにしようっと。

 お前が横道にそれてナーンルートとか取ってたからだろ?!
 違うだろ、見失ってないもの。フォースウォーンがちょっかい出したからクエスト止っちゃったんだよ。

 実は、このマラソン、あまりに面白かったので何度かやり直したのです。最後はフォースウォーンの砦を最初に襲撃して、じじいを素通りさせようかとまで考えた。そしたらきっと最後までボール・デッドにならないのかなあ、とか。
 でもその先にもヴァンパイア、バンデッド、オオカミさんとか色々出て来るんだよな。

 あまりに時間がかかりそうなので断念した。 

 愛は疾走。愛は壮絶。なんか素晴らしいと思いません?

 

« 【Skyrim】スカイリムでの自由について | トップページ | 【DA2】ふたり分はダメですか? »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/43947845

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】愛は疾走。:

« 【Skyrim】スカイリムでの自由について | トップページ | 【DA2】ふたり分はダメですか? »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31