フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】DA2勝手格付け | トップページ | FFXIII-2勝手格付け »

2012年2月 2日 (木)

【Skyrim】Skyrim勝手格付け

 図に乗って、Skyrimもやってしまおう。
 DA2を格付けしてみて、「みにげー」とかの評価軸は、確かに昔は大事だったはずなのだが、今やいかがなものか、という気はしています。「やりこみ要素」に変えようかとも思ったが、意味が違うよね。
 さらに調子こいてFFXIII-2とかも格付けするかもしれないので残しておこう。

 「続きを読む」の下。

 

 Skyrimの勝手格付け。

ルール#0:世界はできるだけ広く。行動の自由を要求する!

◎: 現時点での最高峰、ピリオド。

ルール#1:メインプロットはこの世の破滅の阻止。それ以下のテーマは小さすぎる。

○: まあ、そうですね。ただしSkyrimも他のBethesdaのオープンワールドもの全部そうですが、「メインプロットなにそれ?」という態度を貫くことは普通に可能。しかもいつものことだが、メインプロットが「ふーん。そうなるのかあ」程度の感動しか呼ばない。もちろん、そんなところはSkyrimの良し悪しを判断するところでは一切ない。これでメインプロットまで豪華絢爛になってしまったら、どうすんだと。

ルール#2:サイドクエストがたくさんないといけない。

◎: いくつあるのか、数えることすら放棄したくなるくらいある。New Vegasのときですら、次から次へとクエストくれやがって、勘弁しろよと思ったが、もはやNew Vegasが入門編に感じるくらいです。
 しかもRadiant A.I.が創り出すアドリブのクエストまで含めたら無限。この世の破滅までSkyrimをプレイすることは可能。やるかどうかは別。

ルール#3:大事な仲間が死ぬ。その方が感動的だから。
 
◎: ◎は「死なない」という意味。フォロワーやわんちゃん、おんまさんの事故死をどう感じるかですが、それは注意深くやれば避けられるし、いやなら普通にリロードしちゃえば済む。
 プロット上で、ほんとにコミットしていた大事な仲間が死ぬってのはないかな。たしかにNPCは良く死にますけどね。それはRPGの定番だから。

ルール#4:ロマンス!

×: 結婚はありますが、スカイリムのはお見合い結婚的な、んー、いっちゃえばハッテン的なもの。ロマンスはないかな。プレイヤーの想像(妄想)にまかされている。
 Vexさんっ! 好きです。 どうして結婚相手にならないの?
 それか、Aelaさんの尻に敷かれたいよー(カジートだったら敷物として丁度いい?)。

ルール#5:武器の山。持ちきれないくらいの装備の山と超レア品。

○: ランダム・ジェネレイトされるレア品をつもることは愉しいです。なんでも持ちきれないくらい拾えます。レアもの(ユニーク)もあります。でも、ヴァラエティから言ったらどうかなあ。デザイン面では、もうちょっと種類あってもいいかな。

ルール#6:みにげー。

×: New Vegas的カジノ・ゲームはプロット上当然入れるし、入れなければ不自然。Skyrimにはないですよね。
 これだけのコンテンツがあって、さらに面白いミニゲームでも入れられたら、もうスカイリムから帰って来れなくなるだろうし。
 ただ、これも見方によって、ウサギを蹴り殺す、ナーンルートを集めるなど統計上で評価されるものもそうだといえばそうだし、ゲーム上なんの評価もされないけど、トマトスープを大量に作る、薪を不必要なくらい割る、ドラゴンの鱗を数百集める、そういったものは発想次第でいくらでも可能。スイートロールを可能な限り集める!とかね。
 FFXIII-2のように無理矢理いれた感じのカジノ・ゲームって今どうなんでしょうか。ドラクエの時代とはもう違う気がするのですが。

ルール#7:戦闘はリアルに!

○: ただのハック・アンド・スラッシュとか色々いう人もいるようですが、これは十分でしょう。フォロワーのA.I.があれだったりするけど、私は普通に楽しめています。 

ルール#8:会話は小粋に。

○: ほんとは◎でもいいくらいの高い水準。ただ、比べる相手がBioWareであったり、ObsidianのNew Vegasであったりすると、まだ差はあります。
 一番の差は、RPGの「お約束」とか「定番」を守り続けていること。BioWareやObsidianは、「定番」拒否からスタートするので、NPCのキャラクターにずっと深みが増している。私の好みかもしれないが、スティーヴン・キングとクーンツなら、やっぱキングを取ります。

ルール#9:収集癖に答える。

◎: 一体いつになったら収集ネタはすべて完了できるのでしょうか。

ルール#10:主人公はできるだけカスタマイズ。

○: イニシャルのキャラメイクに関しては、言うほどカスタマイズの違いはない。それから(基本ソロゲーという)ゲームのつくり上、どうしてもある程度はひとりで色々こなす「何でも屋」にならざるを得ない。それであっても、ウォーリアー、メイジ、ローグの違いを鮮明に出すことはできるし、古き善きRPGのキャラメイクを踏襲しているので、無難な線ですね。

**********

 DA2とSkyrimを比べる趣旨ではないですが、違いが結構鮮明に出る気がします。

 今後、BioWare作品はずっとSkyrim寄り、オープン系になっていくでしょう。創業者ムジカ博士もそう述べているし。Originsでは、元々そういう指向が見え隠れはしていた(十分に実現はされていない)。

 一方でJRPGの悪名とされている一本道シナリオについても、私の読みでは決して滅びないと思う。コア・ゲーマーはこぞって批判するけど、十分なだけのカジュアルの支持があるはずだから。Skyrimの世界に投げ出されて、何していいかわからず途方に暮れる人ってのは、やっぱ結構いるんですよ。

 そうやってRPGは二極分化していくんでしょうね。オープン系と、ローラーコースター系。

 

« 【DA2】DA2勝手格付け | トップページ | FFXIII-2勝手格付け »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/43958164

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】Skyrim勝手格付け:

« 【DA2】DA2勝手格付け | トップページ | FFXIII-2勝手格付け »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31