フォト
無料ブログはココログ

« 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。(2) | トップページ | 【ME3】思い出のシーン »

2012年3月29日 (木)

【DA3】ゲイダー節、とりあえず感想。

 本当に衝撃がさめやらないのですが・・・。

 DAOのヒューマン80%、エルフ15%、ドワーフ5%(はなんとなくわかる)というプレイヤー・キャラクターの比率(一度でもキャラクターをメイキングしようとした数だそうだ)。

 その理由を考えるのも楽しいが、(既に私はふたつ思いついていたが)ゲイダーさんが言うように他にもいくつもある。

 まさかここまで(カジュアル化というわけじゃないが)偏っているってのには心底衝撃を受けました。

 そして、何度も繰り返される、「誰も見やしないものに金をかけるな」という昨今の「主流」ゲームの開発コスト管理思想? 

 ゲイダーさんがいうように地下室で三人が作っていたなら、問題なかった。もちろんシネマティック・コンテンツなんてないし、声優だってほとんどつかないからせリフはテキストの羅列だし、PCはネームタグがなかったら見分けがつくのかどうかも不明なちっちゃな絵だし、アニメーションなんて皆大して変わらないし。(いや、今のJRPGの話ではないよ)

 Baldur's Gate(BG)がそうで、Neverwinter Nights(NwN)で3Dモデルを用いるオーロラ・エンジンになったとはいえ、ほとんど状況は変わらなかった。これはNwN2まで変わらない。NwN2にはDnD3.5のベーシックな全種族、全クラスが用意され、さらに15種類くらいプレステジ(上級)クラスが選べた。エキスパンション・パックでそれがまたさらに増えていくのが普通に期待されていたし、現にそうなった(ファンメイクのModを除いても十分に多かった)。
 Originsも基本はその線をある程度は踏襲していた。そしてBG/Origins信奉者は、それが「正しい」道だと信じていた。

 DA2でヒューマンオンリー、性別とクラス(基本3つ、上級4つから2つ)のみ選べるように「圧縮」された。

 エルフPCの数値について解釈するのはやめておきますが、結局皆ヒューマンしかプレイしないやん、色々クラスのヴァリエーション増やしてもプレイされないやん、DA2デザインの決断の根拠に部分的にはなったのかもしれない。

 もちろん、DA2がそうなった理由はシネマティックなコンテンツ重視(フェイシャルなどの動きを含む)、キャラクターモデルと一体となった目を見張るアニメーションへの移行が最初にありきかもしれない。

 簡単に言ってしまうと、BG/Originsのような多彩なPCの選択肢は、コスト的にどんどん見合わなくなりつつある、ということでしょうか。さらに同じだけの労力をかけたって、使われないものへの投資を合理化するのは難しい。

 個人的には種族選択は「あったら嬉しいな」ですが、じゃあお前のDAOのプレイスルーどんな感じ?といわれると・・・。コンプしたPCの数は五人で・・・。

 ヒューマン三人。エルフひとり。ドワーフひとり。

 あれ?

 いきなりDAO全体のデモグラフィクと整合してんじゃない?!

 だよなあ。カジュアルだもんなあ(カジュアルはマルチ・プレイスルーはしないが)。

 「フォーラムの意見」、「ネットの総意」なるものの正体を垣間見たような気がして、すこし憂鬱になってくるなあ。

 もちろん、DA3ではエルフとドワーフがPCとして舞い戻ってくることは期待しますけどね。ここまでの数字を見せられると、濃厚な複数のオリジン・ストーリーを期待するのもつらくなってくる。

« 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。(2) | トップページ | 【ME3】思い出のシーン »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
確かに作る側としたら大変ですよね。
一生懸命作っても小数の人しかその主人公でプレイしないんですから。
3は2からの引継ぎが無しになるってのは本当なんですかね。
これも作る側からしたらとても大変そうですが(笑)
個人的には引継ぎはいらないと思ってるので本当なら大歓迎なんですが。
前作のキャラが続編に登場するというのが好きじゃないんですよね。
キャラの話は作品ごとにちゃんと完結してほしいです。
主人公が違うんですから前の主人公の仲間や関係者に出てこられてもね~(笑)

 昔は(今でもJRPGの一部は)「やりこみ大将」というとっても少数の人しか見れない(見る気もない)ものを必死に入れこんで作ってましたね。当時もプログラマー片手間で開発できたわけじゃないだろうが、今は「とんでもない」ということになるみたい。

 主人公は2から(1から)3は引き継がれませんと断言してますね。ただ2で行なった選択のいくつかは、ひきずられますね。中止になったエキスパンションの物語は2の継続ですが、それの内容を3の冒頭に持ってくるでしょうから。
 
 2のエンディングがハッキリ言って2種類。あとはコンパニオンやNPCの中で場合によって死んじゃう人(最初から相手にされない人)など場合わけがある。
 私も、過去キャラの中で3でわりと重要な役割を果たすのは死んでない人、死んだはずだけどチャイになった人、フレメス、モリガン、レリアナ、カッサンドラくらいかなと思います(後半ふたりはエキスパンションが出たらそこで関係したはず)。その他何人かはカメオで顔出すかなと思いますけど、パーティーメンバーってことはないと思う。
  
 さらに1(Origins)の選択でもでかいもののは取り込まないと問題にされるでしょうね。Originsから2へのデータ引継ぎもうまくいってない場合があるそうで、ずっと引っ張るのは作り手も頭が痛いんでしょう。


 

なるほどー、フレメスがテンプラーとメイジの争いにどう関係してくるのか興味はありますね~。
サンダルはやっぱりエンチャント担当かな(笑)
Originsの主人公とホークが行方不明になった話はどうするんでしょうね。
3の噂話として出てくるとしても色々問題がありそうですけど。
プレイヤーによって選んだ選択やロマンス相手が違う訳ですから
そんな話は認められない気に入らないとか言う人達が出てきそうですね~。
ME3のエンディング騒動みたいに作り変えろとかなったりしたら大変ですよね(笑) 

>Originsの主人公とホークが行方不明になった話

 いや、私のウォーデンは行方不明になってないから! アーチディーモンと相討ちで死んだから!

 という人が少数でも必ずいますから、その死を「チャイ」にすることは不可能でしょうね。ご指摘のとおり「誰とロマンス・結婚した、しなかった」もあるしね。だから、DA3の本筋にはほとんど絡んでこないんじゃないだろうか(私の予想は「歴史」として語られる程度、あるいは過去のコンパニオンが「伝承」として語る程度じゃないかな、です)
 
 ・アーチディーモンが打倒され、第五のブライトは終わった。
 ・カークウォールのチャントリーが破壊され、メイジ叛乱の火の手が大陸中であがった。
 ・フレメスは難を逃れてどこかで生き延びている。
 
 ここは変わらないので、それ以外の部分はぶっちゃけ物語の「枝葉」。
 モリガンがゴッドベイビーを孕んだかどうかも「枝葉」。  
 でもファン(オタク)は「枝葉」が大好きで、ME3の騒動を見ているとさらに「決着」、「幕引き」が大好き。
 下手に幕を引いたり、決着をつけなければ、まだ大騒動でしょうね。さすがに学習するんじゃないかなあ。納期(開発予算)さえ余裕があればね。
 

DA3ではME3の二の舞に、ならないようにしてほしいですね。
って言っても製作者とファンの理想は違うから少なからず批判は あるでしょう!!!←当たり前か(笑)
とにかく!!まだ先の話だけどDA3楽しみです!!

 いくらかの部分、必ず二の舞になりますよ。騒ぎたくて騒いでる人のことはどうしようもできないから。ME3の騒ぎはDA2に由来している部分はありますし、大企業は大企業だから嫌いという人は昔から普遍的にいる。アンチ・ジャイアンツとか、あっちならアンチ・ヤンキース。

 でも、ME3を経験してるので少しはましかなと。ファンの意見を事前に集めるは諸刃の剣ですけどね。「自分の言ったとおりやってない!」という人が少数でも必ずいるから。

 ゲイダーさんは「君らはっきり言って少数派なんだよねー」とぶっちゃけてるので私は大好きですが(笑)。「少数派だから無視する」なんてことは間違っても言わないけどね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44675981

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA3】ゲイダー節、とりあえず感想。:

« 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。(2) | トップページ | 【ME3】思い出のシーン »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31