フォト
無料ブログはココログ

« 【DA3】スコープはどうなるんだろう? | トップページ | 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。 »

2012年3月27日 (火)

【DA3】引き続き、ゲイダー節。

 BioWareフォーラムを最近覗くとおわかりのとおり、DAの一女性ライターへの個人的誹謗中傷のレベルが犯罪行為と呼べるまで進展したため、その種の書き込みをした者は無警告でバン(出禁)されることになった。最終的にカナダ警察当局とかFBIまで呼んじゃうかもしれない。脅迫はれっきとした犯罪だからな。

 最初からそうすりゃええやん、自由と平等の幻想とか抱いたって、元々一企業のフォーラムなんだから、とずっと思っていました。

 おかげでだいぶ沈静化してきて、建設的かどうかは知らないが「対話」は成立してきているようだ。

 ホットなスレッドで、かつ(最近暇そうな)ゲイダーさんが登場するものを中心に見ていく。
 目的は前回と同じ、DA3(The Next Big Thing)どないなんねん、というネタ探し。

 本当の狙いは、Mass Effect 3のエンディングの騒ぎでグチャグチャになってしまったBioWareの信頼を、果たしてゲイダーさん一人で支え続けることができるのか?という興味を満足させるためかもしれない。

Bioware how can you not understand what we want?

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/10639008&lf=8

**********

(Baldur's Gateのスピリチュアル・サクセッサー、精神を受け継いだ作品を出さんかい、という意見に対して)

 ハッキリさせておくために。

1)DA2のDLCはとてもよく売れた、ありがとう。詳細を語る自由はないが、DA2の一切の開発を中止する上で難しい判断を迫られるほど売れた。そういう努力を次回作に向けるような決断がなされた。自説を補強するため、事実を適当に歪めるならそうすればいい。どうせ私が説得することなんてできないだろうしね。

2)「私たちが欲するもの」というとき、気をつけてくれ。君と同じことを要求している者がたくさんいることは間違いないだろうが、ファン全員を代表しているわけじゃない。一般的な意見を代表してもいないし、あるいはこのフォーラムの意見ですら代表していない。DAのファンの意見は、ほとんど全ての話題について、とてつもなく広がりがある。異なる意見を有することはなんら悪いことではないし、極めて真っ当な意見もたくさんあり、詳細な検討を要せずに普遍的な意見だとみなせるものもある。

3)私自身が(実際携わったこともあり)Origins同様、Baldur's Gateの大ファンだ。Dragon Ageの将来を詳細に語ることはできないし、実際に何かをお見せするまではそのつもりもない。とはいえファンがそれらを見て喜んだり、ぶち切れたりすることは間違いないと思うが。
 現時点でこれは避けられないし、我々がなにをどうしようが、多くの人々が自分たちの考える道に我々が進むべき以外の道はないと大騒ぎすることは間違いない。

 どうであれ、我々は前に進む。ひとたび皆が我々の作り出したものを見る機会を得たら、君たちは自分で、次回のプロジェクトが、君たちが興味を持つ我々の「ルーツ」に十分即したものであるかどうか判断することになる。望むらくはそうあればいいが、もしそうでなくても、そこまで熱心なファンでいてくれることに感謝する。

*****

 (Originsは開発以前にファンが議論する場が与えられたはずだという話に) 

 いや、そうではなかった。DAOフォーラムは、議論するに足るような立脚点が、何年もの間なんら与えられなかったことに不服であった。開発の最後の6ヶ月に至るまで。良く覚えているよ。実際多くの者たちが苛立ち、我々が何か言ったら自動的に詳細な質問に答えることが要求され、我々はそれらに答えられなかった。そのためファンは答えを予想し、それが誤りであることを証明するように要求してきた。

 とても生産的だね。

 そんなことを繰り返すつもりはなく、我々は人々が何かしら要求しているコンテクストを提供できるようになったら、それを詳細に議論するつもりだ。そうでなければ、予想と仮説が延々と続く。昨今の状況を鑑みれば、その状態はとても健全とはいえない。

 だからといって長らく待たせるという意味でもない。また一方ではライオンたちの檻にやたらと大量の肉片を放り込んで、ライオンたちがそれをお行儀よく分配するなんて期待しているわけでもない。いや君はライオンとは元々そんな感じにお行儀がいいと思っているかもしれないし、そうやって大量の肉片を投げ込むことになんの問題もないと思うかもしれないが、我々はそこまで熱心に信じているわけじゃない。

*****

(DA3はSkyrimみたいになるって?! やめてくれーーーーーっ!)

 だから何かを見せるまで議論してもしょうがないと言っているんだが。

 Skyrimが我々のインスピレーションの源泉ってどういう意味? ええと、もちろんDA3は全ての面でSkyrimに似るだろう。ゲームだし、アクション指向だし、主人公ひとりでストーリー・ドリヴンの手法だし、などなど。

 あるいはそうじゃないかもしれない。

 人々がただ結論にとびついて、恐怖心から反応して我々が答えられないような答えを要求しはじめるよりも、何かを見せるのがずっといい方法だ。(Dragon AgeとTESシリーズはそのデザイン目標が根本的に違う)
 そして質問にもし答えられるとしても、それは言葉だけなんだ。いくら私がライターだといっても、言葉だけで信用を勝ち得るってのは無理がある。

 だから、Skyrimの話は全体を言い表してるんじゃないし、あまり深読みせず、注意深く取り扱ってくれとしか言わない。

**********

Regarding Player Race in DA3

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/10591085&lf=8

 DA3に種族選択の自由はあるのか?

*****

 ファンの誰にでも「もっと選択の余地が欲しいか?」と聴けば答えは常にイエスだ。コストを度外視して。コストはプレイヤーの問題じゃないし、問題とするべきでもない。我々には、もちろんそんな自由を享受する贅沢は許されない。

 DAOで三種族の選択が与えられたが、DA2ではひとつきりだった、少ないから劣っていると考えるところに違いがあるのだろう。そうしたことによるトレードオフは見えないか、関心を呼ばない。続編であるという点も含め、そこも考慮に入れるのが真っ当だろう。
 (ストーリーかキャラクター・ジェネレーションによって)でカスタマイゼーションができるわけだから、RPGであるかぎり種族選択そのものが固有の利益を及ぼすってことは今のところない。
 十分な選択肢とは何か、というのが本当にやっかいな問題で、そこについてはしかるべき時により深く議論するつもりだ。

*****

 これは触れておく価値があると思うが、エルフをプレイしたDAOプレイヤーは15%(あるいはそれ以下だったか?)しかいない。正確には、一回でもエルフ・オリジンをプレイしようと試みた者が15%しかいない。 

 だからといって、DA2のエルフのルックス変更によって人気を出そうとした、出ないようにしたという話ではなく、DAOのエルフは固有の人気があった選択肢では元々なかったんだ。

 テレメトリーが嘘をつかない点のひとつだ。種族選択は、小さなグループのプレイヤーたちにとても人気がある。彼らにとって、それを実装するコストはまったく許容できるものだ。だが他の大多数のプレイヤーは、選択肢があったって、ただヒューマンを選ぶ。彼らにとって、そういう選択肢が存在する価値はあるのかどうとかは、数式の中に数量化できない要素だ。(そして軽んじるべきでもない要素だろう)

*****

 エルフ・メイジがエルフ・オリジンの中で一番人気がある。それからシティ・エルフ、デーリッシュと続く。分布はすまんが覚えていないが、シティとデーリッシュはずっと不人気だった。ドワーフ・ノーブルが3%、ドワーフ・コモナーが2%だった。

 君たちがこれを出荷数からどう実際の数値に解釈できるかしらんし、それになんの意味があるのかわからん。どっちにしろ、特筆すべき傾向だよね。

 ともかく、低いパーセンテージだから我々はやらないことになるのか? そうはならないと思う。君たちの議論が、全てのプレイヤーが全てのコンテンツを要求しているとまで言い切ろうというところに向かっている、それは違うと言っているのだ。

 しかもそうなると、君たちにはなんの選択肢もないことになる。しかも すでに言ったように、自分たちが選ばない選択肢が存在することに価値を置くプレイヤーもいるんだ。だから傾向に気づくことには意味がある。その傾向が常に何かの反応を指し示すわけではないとしてもね。

**********

 上の、エルフ、ドワーフのプレイヤーの数値は衝撃的ですねえ・・・。

 やっぱ、ヒューマン・ドメインなんだね。判る気がする。だってプレイヤーのほとんどが白人だもん。まず一つの仮説がそれ。それは私が人種差別的なのではなく、やっぱりプレイヤーが人種差別的という意味だ。

 ジョージ・ルーカスが最近、第二次大戦中の黒人パイロットの映画を撮りましたね。ご存知の方多いと思いますが、どの配給会社も興行をしぶったね。単純に「誰も観ないから」というのがその理由だった。上の仮説と同根。

 別の仮説。Mass Effect 2のテレメトリーデータが公表されたことがあったが、シェパードは圧倒的に男性でソルジャーが多かった。プレイヤーの90%くらいは男性なんで、性別に関してはともかく(自分と別の性を平気でプレイできる、あるいは好んでプレイするのは日本人くらいだ。これも文化的違い、性のタブーの有無に深く関係していると思う)、リストの一番上の選択肢を選ぶ、ってのが理由にあると思う。

 かつてDnDでは、ヒューマン・ファイター・男性、HFOという蔑視的表現が(日本に)あった。つまりいくつかの選択肢のリストの一番上から選ぶとこうなる。そんななんも考えないで選ぶのは「ど素人」、ニュービーという意味です。

 余談だがSkyrimはリストの一番上をSkyrimで支配的なはずの種族、ノードにはしてなかったよな。意図的なんだろうか。 

 そう考えれば問題は、種族選択を要求する少数のコアファンと、そんなのどうでもいい圧倒的多数のカジュアルなファンとの二極分化にあるのかもしれない。そして前者は何周も(DAOなら最低六周)プレイする。後者は一周しかしない(どころかエンディングまで行きつかないケースも多いそうだ)。
 
 だがゲイダーさんがいみじくも述べているように、「自分が選ばない選択肢にだって価値がある」というのも間違いない。これは協業が必要なMMOなどではハッキリわかる。絶対ドワーフを選ばない人(私がそうだ)でも、ドワーフを選ぶ人が少なからずいることを知っているから、「自分は選ばねえんだよなあ」とわかって満足できるんだ。

 「全ての選択肢を与えろ、全てのプレイヤーは全ての選択肢を選ぶはずだ」ということが実際には「何の選択肢も有していないことになる」ってのは、なかなか素敵な議論ですね。

 現にそうですからね。ヴァラエティーを認めろと声だかに叫んでいると、やがて逆の意味でファシズムになっていく。わかりやすいよなあ。

« 【DA3】スコープはどうなるんだろう? | トップページ | 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。 »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

翻訳おつ~です。
いや~、どこかの下手なゲーム・ニュースより、ゲイダー節シリ-ズは面白いですねぇ。
しかし、ゲイダーさんはちゃんと丁寧に答えてるし、さばき方も上手いなぁ。
答える形ではあるけど、この場を借りてきっちり言いたいことも言ってるし。
ゲイダーさん、本当に暇なのかしら?

キャラメイクの種族選びもそんな感じかなぁ、とは思ってましたが。
私もDAOの最初は、人間・ノーブル(ローグ)だったり。
ドワーフ・コモナーは、途中で放置だ…。
EQでも人間のドルイドで、裏キャラがやはり人間のエンチャンターでCCやってました。
典型的ですな、ぶひ。

 ゲイダーさんが暇ということはライター衆が誰もシナリオを書いていないということでしょうから、プロト開発が始まる前か始まったくらいでしょうかね? BioWareのライターはプロジェクトの最初と最後が暇だそうですから。
 今回も大事なことだけ言ってますもんねー。リード・ライターがPRをやっているという珍しい会社だ(笑)。

 ME2がソルジャー一色ってのはわかるんですよ。あれはシューターでもあるから。
 DAOのエルフとドワーフこんなに人気ないんかい・・・。それでもオリジン・ストーリー作るのには同じだけコストがかかるんだよね。

 巷の「主流」ゲームだったら「プレイヤーの2%しか見ないもの、なんで金かけてつくんの?」とプロデューサーが怒り出すところですね。


  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44653022

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA3】引き続き、ゲイダー節。:

« 【DA3】スコープはどうなるんだろう? | トップページ | 【DA3】さらに引き続き、ゲイダー節。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31