フォト
無料ブログはココログ

« 【DA3】ゲイダー節、とりあえず感想。 | トップページ | Legend of Grimrock »

2012年3月30日 (金)

【ME3】思い出のシーン

 これは英語のポッドキャストなんで、人によっては敷居が高いかもしれないが、非常に良い話をしていると思いました。

 ケヴィン他、GameSpotのレヴュアーたちが、思い思いにMass Effect 3の思い出を語るという企画。

 ME3ディレクターのケーシーが最初のステートメントで言っていたように、本来はファンがこういう話をすることを(少なくともケーシーなど開発者たちは)望んでいたようだ。あるいは、それをヒントにしての企画かもしれない。私の知る限り発売直後のタイトルについてこういう企画はあまりなかった。ポッドキャストの担当者たちがやることはあっても。 

http://www.gamespot.com/features/shepards-final-hurrah-mass-effect-3-extra-special-spoilercast-6368196/

 語っていることは全部ネタバレなんで、詳細はぼかさなきゃならないかもしれないけど、少なくともエンディング、あるいは洗脳セオリーに関してはほとんど触れられていない。

 ケヴィンがレヴューで良く言う、思い出に残る瞬間、メモラブル・モーメントについて語り合おうというものだ。

 以下ネタバレあり。

 当然だけどプレイヤーそれぞれが経験したプレイスルーが全然違う。それもMEシリーズの醍醐味であったわけですが、例えばインポートファイルにタリが最初からいない人もいれば、最後に悲惨なことになっちゃった(!)人もいる。この展開は私は知らなかった。
 ミランダについても(私がそうだが)助けられなかったという誰かの話に他のメンバーが「まじかよ?!」と驚いてるのを聴いて、「うわ、私って少数派か?!」とこっちも驚いたりした。

 あるいは、モルディンに、またはリージョンに深い思い入れをしている人もいるし、なんとME2でモリンスを助けた人もいる(いるんだなあ)。
 ME2で誰も生き残らなかったんですか?とつっこみたくなるほどME3で「バッド・コンシークエンス」、クルーたちの良くない結果を経験している人もいる(笑)。ME2クルーの何人かはある条件がそろうと「敵」として登場するというのは知っていたが、それを全部経験してるんじゃないだろうか?という人までいる(あるいは噂話でそう聴いたことを告げているだけかもしれない)。

 これはポッドキャストで触れられていたかどうか忘れたが、私の体験として、ヨーマン・ケリーはME3で悲惨な結末を迎えた。どうやら方法によっては救えたらしいと知って大変驚いた。

 このように、ほとんどの登場メンバーに、出来の良し悪しは別にして、それなりにいくつかの「結末」が与えられている。最低は生死を分かつ「ふたつ」ですが。

 また(生き残っている前提でしょうけど)ギャレスがシェパードを連れ出して、シタデルの絶景を見ながらシューティング比べをするシーンも「自分は見てないぞ?!」と驚いてる人がいて笑える。あそこでギャレスが「私はギャレス、ここはシタデルで一番いい眺めの場所だ」というのは、「私はシェパード、ここはシタデルで一番の店だ」というME2のフレーズへのオマージュなんで、見てないのはもったいないよ(笑)。そして私はシューティング比べに「わざと負けた」。何でそうしたか知らないけど。

 あるいは、ノルマンディの砲術室?で、ギャレスとタリが急接近している現場を目撃する、ってのは結構な人が見ている。普通に考えれば、どっちも乗船していて、どちらともロマンス関係にない場合、なんでしょうかね。シェパードが入っていくと、ふたりは慌てて離れる(笑)。

 広い銀河でどうして都合よく皆と再会できるんだ?などというつっこみは置いておいて、少なくともその部分については真摯に取り組まれているし、ポッドキャストの企画のテーマもそこを掘り下げようというところにあるわけですよね。

 本来はそういう愉しみ方をするものだし、そうすべきだと思うんだが、エンディング騒ぎ(を起した連中と、まに受けたムジカ博士の両方の責任があると思うが)のせいで、全部ふきとんでしまった感じがする。そういう意味では、ファンがBioWare作品をぶち壊しにしたのではなく(現に売り上げなど収益に致命的影響を与えたと主張したい一派もいつもどおりいるが)、皆が当然期待していたプレイ後の余韻をぶち壊しにされてしまったのは正しいかもしれない。少なくとも私はそうだ。

 現に私もME3の二周目をする気がまだ起きません。BioWareはエンディングDLCで「解釈を与える」だけだと信じているけど、それは皆が予想していて、それじゃ足りないと怒っているわけで、どうなるか予断を許さないわけだから。

 ましてやプレイスルー紙芝居を書く気も萎えている。自分の老後の愉しみとしてぜひ続けたいが、このブログの容量はもうキツキツだし、自分の身辺に変化もあるので、しばらく様子見かな。

 あるいは、再開するとしても私の「メモラブル・モーメント」だけピックアップするのがいいかもしれない。ここまで味噌ついた作品の話題、誰も読まんだろうって、エンディング騒動の記事だけは一時期物凄くアクセス増えたんですけどね(笑)。 

 

« 【DA3】ゲイダー節、とりあえず感想。 | トップページ | Legend of Grimrock »

Mass Effect 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

僕も二週目する気おきないな~
大学の春休みを利用してME3三昧で楽しもうと思っていたけど・・・エンディング問題もあり、シングルを一回クリアしてやめちゃいました!!

いや~
それにしてもエンディング問題、かなり盛り上がりましたよね(笑)
DLCは解釈だけでもいいけど(僕としては)それじゃ~満足しないファンが多いでしょうね。(BioWaerも大変だ)

うん!?ブログやめちゃうんですか??
ショックです。
でも忙しくなるなら仕方ないですよね(T□T)

 ある意味中毒ですから完全にやめるなんてできませんが、時間がなくなるのは間違いない・・・。少しづつ更新するつもりです。

少しづつでも凄く嬉しいです!!!
主のブログが大好きで自分でもブログやってみようかな、と思うようになりました(・∀・)

 ブログ。長く続けるこつは、人のブログを気にしない(競わない)、コネタをたくさん持つ(余談でもいい)、余計な意見を気にしない(変なコメントはさくっと削除(笑))、とかどっかで読んだなあ。
 意外とあってるかも。無理しないのが一番ですね。
 

インフィルトレーターで、やってます。寝不足です。
ME3は、間違いなく良い出来だなぁと実感してますよぉ。
シェパードは八面六臂の活躍、仲間たちとの話も感慨深いものがありますねぇ。

ノルマンディーのCrew Deckのエレベーター前に、お星様になった仲間の名前が記されていくのは切ないです。
今、私の場合、モーディン、セイン、リージョンの名前がありますが、なんかお気に入りのキャラばっかり。(笑)
特に、シェパードのN7アーマーを愛用するリージョンの最期はしんみりしちゃいました。後でEDIがフォローしてるくらいですし。

Xbox版ですけど、シェパードを生かす為にはマルチプレイ無しでは、ほぼ無理な感じ。
シングルのみで可能かもしれないですけど、かなり無理して歪なプレイになるだろうと思うのでパスかな。無念。

シェパードを生かすエンディングはマルチプレイが前提ってことなわけで、それってME3はマルチ+シングルが前提ってことでしょう。
ストーリーに関係ないマルチプレイで、本編のエンディングが左右されるって、そもそも変ですよ。
私にすれば、ストーリーとしてのエンディングの問題より、単純にマルチに頼った戦闘資産の実働のラインの設定がダメなんじゃないかな、と思ってます。
でも、そこはあまり話題にはならない。(笑)

コンラッドも出てきて、ささやかながらも役に立ってるのが、微笑ましいです。
ジャックも活き活きして、彼女らしい魅力が出てますね。

> お星様になった仲間の名前

 あるとき、あそこにケリーの名前を見つけてのけぞりました。シリーズで一度でもノルマンディに乗船していた人は誰でも対象になるんだね。

>マルチプレイが前提
 
 もしiOSマシンがあれば、無料アプリのME3 Datapadでなんとでもなるはずなんですけどね(日本語版コンソール機と連動しているかどうかは試していないが)。レディネス70%くらいまでは簡単にいってしまう。マルチ一切なしで5000ポイントを達成しました。放置ゲームだから何日かかかるだろうけど。

 コンラッドが登場するシェパードのセーヴファイルもちゃんと用意してるんだけどなあ。エンディングDLC見るまで二周目をはじめる気が起きません。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44676740

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME3】思い出のシーン:

« 【DA3】ゲイダー節、とりあえず感想。 | トップページ | Legend of Grimrock »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31