フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】010プライオリティ:パラヴェン(2) | トップページ | 【ME3】012ノルマンディ(幕間) »

2012年3月12日 (月)

【ME3】011プライオリティ:パラヴェン(3)

Mass Effect 3の場合、ミッション終了したら、はい次、というのではなくて、だいたいの場合短い後始末というかラップアップがある。

 プレイ開始時に、ロールプレイの濃淡?を選択できるのですが、工夫はそれだけではなく、ゲームのつくりとしても、込み入った会話でアクション・シーンを中断することはせずに、ねちねちした議論はその前後に寄せている感じ。
 ただしかなり難しい選択については現場で行なわなければならないこともあるようだ。

 すべての決断を自動(シナリオライターまかせ)で行なうオプションの場合、Mass Effectユニバースの根幹を揺るがしかねないような決断を、ゲームに勝手に選ばせてどうすんねんという気がするが、まあ、それすら気にしないゲーマー層も取り込んじゃおうという目論みなんでしょう。オールドタイマーに言わせると、もはやロールプレイングじゃないって気もするけどねえ。

2437
 パラヴェンを脱出。

2438

2441
「サラリアンのダラトレスをなんとか宥めようと試みたのですよ。彼女が『憤りを感じている』なんて言ってしまったら、ありえないほど控えめな表現でしょうね」

 アサリは、戦時首脳会談への出席を拒否する。クローガン参戦に対する強烈な反対が理由だろう。

2445 
「この問題の原因はもう何百年も前の話じゃないですか。いい加減水に流しましょうよ」

2446
「悲しいことですが、あのような死に物狂いの連中との同盟など、間違いなく失敗します。
 そしてリーパーズが私たちの目の前まで迫ってきているのに、時間を無為に過ごすわけには行かないこともご理解いただけるでしょう」

2451
「真に遺憾ですが、これが最終決定です。アサリは首脳会議に出席いたしません」

2453
「クローガンが加われば我々の同盟軍はさらに強固になります。あなた方にも彼らが必要だ。我々皆にとっても」

2454
「幸運をお祈りいたします。さようなら」

2456

2459
「船を使わせてもらって感謝する。それと私の計画に賛同していただいたこともな」

2464
「残念なことに、アサリのカウンシラーは会議に出席しません。クローガンとの間で流された血の遺恨がまだ薄れていないと」

2468
「確かにそうかもしれんが、今やらなければさらに多くの血が流れるのだがな」

2492
「プライマークは会議に出席できるよう身柄を保全できたのか?」

2493
「そちらは万全です。しかしアサリが会議への出席を拒みました」
「連中はさぞ後悔することだろう。今は結束せねばならんときだ」

2496
「ところが、サラリアンは出席する予定です」

2497
「自信なさげに聴こえるな?」

2498
「クローガンも招きます」

2499
「なるほど。そりゃ厄介ごとを招きこんだな」

 太陽系(ソル系)の状況はまったく芳しくない。
 アライアンス議会及び海軍本部のあるアークチュラス・ステーションはリーパーズの奇襲により壊滅。そこからソル系までひとっとびであった。火星のアーカイヴズからプロシアンのデータを回収できたのは僥倖であった。

2508
「第三及び第五艦隊の脱出を確実にするため、第二艦隊を丸ごと犠牲にせざるを得なかった。
 ふん。私はヒューマン史上最大規模の軍事的敗北の指揮を執っていることになるな」

2516
「ノルマンディが反撃の先鋒となる。足が速く、隠密裏に行動できる船だ。
 戦いでは、より大きな目的が優先する。リーパーズに正面攻撃で勝てるなどと思ってはおらん。三年前のソヴリンとの戦いで、我々は持てる全てを注ぎ込まざるをえなかった。しかもあれはリーパー単体でしかなかった」

2518
「決して忘れてはおらん」

2520
「だから弱点を探し出す。やつらが守りを固めているところは避け、そうでないところを叩く。
 その鎧の隙間を見つけたら、手持ちのありとあらゆる兵士、船、弾丸全てを叩き込む」

2522
「それで、どのくらい長く持ちこたえられるのでしょう?」

2523
「必要なだけ長くだよ、シェパード。とどのつまり、私がやってることは全て君のための遅滞行動なのだよ。
 私は時間を稼ぎ、可能な限り戦いに踏みとどまる。その間に君がプロシアンの装置建造に必要なものをかき集める」

2526
「だから諦めず、辛抱強く進めてくれ」

2533
「リーパーズの装置のように、一体どれだけのことができるかすらわかっていていないものを建造するのは危険だと思いませんか?」

2535
「正味の話、私自身が恐怖で震えそうだよ。だがリーパーズがいる限り他の手はない。
 二世紀前、第二次大戦の科学者は同じような問題に直面していた。核爆弾が何ものであるか知らなかった。地球の大気圏がみな燃え尽きてしまうのではないかと考える者もいた。だが結局完成させた」

 だから?とつっこみたくなるが。あのとき、地球にリーパーズが迫っていたっけ?

 リーパーズのため、やむを得ずプロシアンの装置を建造する。
 この話はスンナリ飲み込めないんですね。

 では、もしリーパーズの脅威がない時代に装置の設計図が発見されたら?
 封印できたのでしょうか?
 衝動が恐怖によるものであれ、傲慢によるものであれ、その両者は意外にも裏腹なものなのですが、ヒューマン(アライアンスまたはサーベラス)は、あるいはどこかの銀河種族はどの道これを建造してしまったのではないでしょうか。建造できるだけの能力がある限り。

 ここで原爆の話を出すということは、結局、そこに話が行きつくということを意図してやっているんだろうか。

 「私のやってることは全部遅滞行動だよ」で涙ぐみそうになりましたが、その次にこの話を聴いてどっちらけてしまったなあ。

 ま、古き良き時代にバック・ロジャーズが、シカゴ(すなわちアメリカ)と全宇宙を同一視して「守っていた」ことに比べれば、こういうテーマを投げかけているということは、格段にましになったということか。

 さて、幕間劇だと安心していると、まだまだあります。

2563
「艦長、通信システムがメチャクチャです! 何か起きてるとしたら第三デッキです」

2564
「EDIに接触できるかどうか試してくれ。俺はAIコアを確認する」

2566
「自動システムで火災は鎮火しています。中に入っても安全です」

2569
「ジョーカー、何の音だ?」
「自動消火器でしょう。電気火災かなんかですかね?」

2573

2574

2577

2579

2582
「EDI? 話ができるか?」

2587

2588

2590
「何か特定の話題についてでしょうか、シェパード?」

 うひゃひゃひゃひゃ。

2592
「EDIか?」

2593
「はい」

2594
「エヴァ博士の体に入りこんだのか」

2596
「全部が、ではありません。でもこの体を動かしています。移送でちょっと手こずりましたけど」

2600
「移送? しばらく連絡がとれなかったが」

2602
「そのとおりです。このボディ・ユニットを搬入したとき、私はバックグラウンド・プロセスでプロシアンの装置に関するデータを調査していました。
 その結果、罠が発動し、バックアップ電源とCPUが起動して、このユニットが物理的な抵抗を試みました」

2606
「幸運なことに、ルートアクセスに成功し、ユニットの目的を私が適当と考えるものに書き換えることができました。その過程で・・・、いざこざがあり、出火しました」

2610
「EDI、そういうことは告げてもらわないと。ひとりで立ち向かうべきじゃなかったぞ」

2612
「クルーに助力を求めることは非生産的だったでしょう。役に立つ試みは時間の制約によって限られていましたから」

2614

2615
「君がその体に入ってるということは、船のほうはどうなるんだ?」

2617
「一義的には船のほうにいます。コントロールを最適化するため、このユニットはノルマンディの通信範囲内かタイトビーム・レンジ内に留まるべきでしょうね」

2619
「はなから、そうしようと思っていたんだな?」

2620
「ノルマンディの武装は全ての種類の戦闘に向いているわけではありません。このプラットフォームなら、局地的戦闘支援が行なえます」

2622
「まさか、ついてくると?」

2624
「そのとおりです。このボディは、ノルマンディがお供できないところに同行することができます」

2625
「そうする前に、そのメカがもう本当に隠し玉を持っていないか確かめてもらわないといけないな。
 必要なあらゆるテストをしてくれ。戦闘支援の話はその後で話そう。

2628
「しばらくお待ち下さい・・・、テストを実行中、完了。お望みなら全報告をお送りしておきます。
 もちろん、私の最初にすべきことはノルマンディの全機能を回復し、クルーを通常任務に復帰させることです」

2632
「クルーたちが、そのボディを見てたじろいでも驚かないでくれ。ついこの間まで俺たちに銃を撃ちまくっていたんだからな」

2634
「もっともな指摘です。 このボディをブリッジにも連れて行かなければいけませんね。ジョーカーにも見せないと」

2640
「今通ったのはEDIかしら?
 ジョーカーが大はしゃぎするのが眼に浮かぶわね」

 そうなのだ。それも見にいかないといけないのだ。

 幕間なのに、あまりに長いので次回に。表題も変えないといけないし。

« 【ME3】010プライオリティ:パラヴェン(2) | トップページ | 【ME3】012ノルマンディ(幕間) »

Mass Effect 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44461675

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME3】011プライオリティ:パラヴェン(3):

« 【ME3】010プライオリティ:パラヴェン(2) | トップページ | 【ME3】012ノルマンディ(幕間) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31