フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】018プライオリティ:サーケッシュ | トップページ | 【ME3】 Mass Effect Infiltrator »

2012年3月17日 (土)

【ME3】019プライオリティ:サーケッシュ(2)

 過去コンテンツを引きずる小ねたが面白いので省略できましぇえん。

5433_3
「エレヴェーターが動作しません。しばらくお待ちを・・・、直りました」

5435

5437
「ああ、くそっ!」

5438
「下がれ!」

5431

5439

5441
 エレヴェーターが使えなくなった、という説明をするだけでこのアニメーション、画像数。

5443
 非常扉に向かう。

5445

5447

5449
 リーヴはシャトルを確保して待っている。

5450

「こいつは想像以上にひどいな」

5451

5453

5458_2
 ヤーグのアップリフトを行う認可が出た、というサラリアン研究者のログ。
 サラリアンの影響力を問答無用で行使できる対象として理想的。リスクはほとんどない。

 「きっと面と向かって戦ったことがないのよね」と現シャドウブロウカーのリアラ。DLCネタ。

 サラリアンは、自らアップリフトしたクローガンに反逆されたという過去の過ちを凝りもせず繰り返そうとしているという皮肉。

5463
 そして、解放されてしまったヤーグが手がつけられない状態になっているという。

5464
 うお、まじで戦うのか?

5465
 どっかいっちゃった。

5466_2
「気をつけろ、次のシャドウブロウカーがそっちに行ったぞ!」

5467
「さっきも、ずっと『タソニ』ってつぶやいてたに違いねえな」

5468
「笑えないわ」

5469
 モルディンから、クローガンの身に危険が迫っているとの通信。

5470

5473
 せかすな、せかすな。

5476
 第一チェックポイント通過。
 ここがばれたということは、サーベラスの内通者がいたに違いない。

5478_2

5484
 次のチェックポイントへ急ぐ。

5490

5494

5498
「シェパード、急げ! サラリアンども、持ちこたえられんぞ!」

5502

5505

5507
 キラヒー少佐。

5515
 みなにいちいち見せ場が用意されている。

5517

5519_2
 SWTORにも似たような武器があったなあ。

5527
 これもいろんなゲームにあったなあ。

5535

5547

5563
 パワーグリッドの再起動までやらされる。

5569

5571
 第二チェックポイント。モルディンによれば女性クローガンの格納容器は弱っているという。

5576
「私のことは気にしないで、艦長。こんな程度のこと、なんでもない」

5578_2
「いや、気にさせてください。がんばって」

 
 次に再会するのは最終ポイントだ。リーヴが待っている。

5584

5587
「クローガンを発見!」

5590

5595

5601
 あとは搬出口に送るだけだ。

5604

5605_2

5608

5611_2

 本編のプライオリティ・ミッションだけやってると、本邦初公開なのかな、アトラス。
 もうすでにデモからサイド・ミッションからで見飽きたっての。

5612
 こいつ、乗っ取れると知ったのはずいぶんあとのほうになってから。

5619_2
「シェパード、そいつを始末しねえと、着陸できねえ!」

5623

5625_2
「クローガン、目視により捕捉」

5627
「扉損傷! 脱出できず!」

5629
「隠れてろ! なんとかする!」

5634

5636
「シェパード、何を手間取ってる?! ぶち壊しは得意分野じゃなかったのか!」

5637
「やったわ!」

5638
 得意分野ですが、何か?

5644

5650

5654
「まさか勝てるとは思ってなかったぜ、シェパード」

5658
「どけ、サラリアン、ここからは俺様がやる」

5659

5660

5663
「いたぞ!」

5664

5665

5666

5667

5668

5670
「私はあんたのモノじゃないよ、リーヴ」

5673

5674

5678

5683_2
「サーベラスがここでなにをしてる? 何が望みだ?」

5685
 ・・・。

5689
 テューリアンとクローガンの同盟関係が樹立。
 一方でサーベラスの暗躍。

5696
 ここで初めてプロシアンの装置に「クルーシブル」という命名がされたことがわかる。

5698
「われわれは必ず完成させるぞ、シェパード。君ならできる。ゆめ疑うではないぞ」

5706
「わかりました、閣下」

5708

5712

5715

5723

5725

5729
 まだもめている。もちろん最後まで「もめゲー」なんですが。
 ヴァイカスは、母星パラヴェンに即座にクローガンの増援部隊を送りたい。
 リーヴは、ジェノフェイジの治癒が先だと主張している。

5733
 治癒の開発にはクローガン女性の細胞のほか、健康な男性の細胞もいる。
 

5735
「俺様のを使え。治癒は俺様からはじまるってことだ」

5741
「じゃあ、さっさとはじめてくれ。急いでな」

5742
「常に最速。追加の話題があれば医療ベイに来られたし。イヴのテストをしている」
「イヴ?」

5746
 彼女の本当の名前がわからない。ノルマンディはヒューマンの船なので、その神話から採ったという。 

 ヴァイカスとリーヴ、それぞれシェパードに個人的な依頼がある。いつになったら銀河を救うのかと思ってしまうが、一応それなりの関係はあるようだ。

5768
 テューリアンの小隊がテューチャンカで墜落した。リーパーズの先遣隊に遭遇して脱出できない。任務は秘密なので言えないが銀河の平和に関係するという。
 小隊長はタークィン・ヴァイカス少尉。プライマークの息子だ。
 

5810
 こちらも部隊が行方不明だという。ラクナイが繁殖しているといううわさの調査のため、偵察部隊を何度か送ったが連絡が途絶えた。精鋭のアララークを送ったので現地で合流してほしい。

 このシェパードは、ME1でラクナイ・クイーンを救っている。

5848

5852
「俺様の女に近づくな」

5854
「大丈夫だよ、リーヴ」

5855
「サラリアンが絡んだら、大丈夫なものなんてねえ」

5857_2
「このサラリアンは違うよ」

5862_2
「モルディンが内通してくれたから救えたじゃないか。信用しろよ、リーヴ」

5863
「自分の母親だって信用したことなんてねえぜ」

5864
「クローガン最大の仇敵が突然愛想よくなったってか?」

5865_2
「まるで違う。個人的に耳障り、不快。どの道クローガンの治癒は手助けする」

5867_2
「だが、お前がジェノフェイジを改良した張本人だろう?」

5868
「そのとおり。だがクローガンを絶滅させるためだったら不妊化することも可能だった。冷酷、治癒不可、容易。
 ショットガンで解決できない問題はクローガンにとって恐怖。私がここにいて幸運」

5870
「女を生かし続けとけばそれでいい」

5871
「『気遣い』とは、泣ける」

5872_2
「忘れるな、まだ細胞を取得していない」
「痛いんじゃねえんだろうな?」

5874
「それは知らん」

5876
「クローガン、女性のほうが好ましい」

5877
「命を救ってありがとう、艦長。クローガンにまだ頼りにできる種族が銀河にいたなんて信じられない」

 クローガンの女性集落には、シャーマン(祭司)が必要で、彼女はその役目についた時点で名前を捨てたのだという。
 祭司を選び、古代からの伝統を継承するという発想も、どうやらジェノフェイジによる絶望を克服するためにはじまったのかもしれない。

5889
 祭司になるためには決心を証明するための儀式がある。ギリギリの食糧を携えて、洞窟の中に閉じ込められる。八日目には飢えにさいなまれる。自らの素手だけで岩を掘り脱出できなければ死ぬ。

5900_2
 彼女は誤った方向に掘り進めたらしく、暗黒の中に取り残されたが、そこで小さなクリスタルを見つけた。それをノミ代わりに用いて脱出することができた。

 彼女はそのクリスタルをシェパードに手渡す。「暗闇の中にも必ず道がある」という意味だ。

5907
 リーヴのことは心配しているという。暴君になるであろう。
 レックスはすでに死んでしまったが、いっときの過ちを犯したためだろう。
 だがリーヴは常に過ちを犯す。

 リーヴは、ジェノフェイジの復讐を目論んでいる。

5920
 だがほとんどのクローガンの女性たちはそれを拒否するであろう。
 治癒がなされても、出産を拒むことがその方法だ。 

 ジェノフェイジによって出産できないことがわかった女性は、自ら砂漠に赴く。スレッシャー・モウによって殺されることを願って。
 彼女自身、最初の死産を経験して、その思いが脳裏をよぎったことは否定しない。

 だが、ジェノフェイジは絶望の中に希望を見出すことだけを教えてくれた。変化が訪れるのが明日でなければ、その次の日に訪れるという希望。

5944
 彼女と仲間たちがメイロンの実験に志願したのも、ジェノフェイジを克服し、もう一度正しいクローガン社会を取り戻そうとしたためだ。
 

 ジェノフェイジによって、自らの存在意義がただ戦いを求めてさまようだけ、その「名誉」を守ることだけになってしまった男性たちの手から、社会のバランスを取り戻す。
 ただ、メイロンの解決法があまりに野蛮でおぞましいものであることを知らなかった。

5956

5959_2
「モルディンはクローガンの敵だと考えるべきかもしれない。でもメイロンの実験台となった自分たち女性クローガンを見て、彼は変わったのだろう」

5961
「アサリとヴォーチャの子供は乳製品アレルギー、ディダダダ、ディダダア、ディドドドド」

5962_2
「うーん、耳のよさは変わってないな」

5970
 イヴの体がジェノフェイジに「インミュニティ」がある、耐性が生まれた理由は、突然変異だった。ジェノフェイジが攻撃した器官は人間の盲腸のように意味のない器官となり、ほかの器官が出産に必要なホルモンを製造するようになった。

 ところで、この両手を目の前にあげて中指と人差し指で「"   "」、クォーテンションマークを模するボディランゲージ。アメリカ人(カナダ人もか)がよくやりますが、どうしてサラリアンにまでうつっているのだろうか。そういえば、どこかでギャレスもやってたな。

5975
「メイロンのデータを救ったのは正しかったのかな?」
「確かに。なければイヴを救うのはずっと困難、もしかしたら不可能」

5978
 テューチャンカの実験は野蛮で恐るべきものであったが、少なくとも実験台となった犠牲者たちは、無為に命を落としたわけではなかった。

5979_2
「では、結果が手段を合理化したと?」

5980
「私の手段にあらず」

5998
 ME2では、全編にわたりジェノフェイジを擁護してきたモルディンが、どうして心変わりして治癒を行おうとしているのか? 
 心変わりはしていない。リーパーズの襲来という別の状況が生まれたからである。
 

6002
「個人的な思いはまったくないのか?」
「年をとった、シェパード。余命少ない。だが、このプロジェクトは私がやるべき。私以外のサラリアンは興味も、専門知識もない。私以外にいない」

6006
「私の仕事。正しく仕上げる責務。それを証明する」

6013
「すべてが済んだら、明るい砂浜で、海を見て、貝殻でも集める」

6014
「一時間以内に頭がおかしくなるんじゃないか?」

6015
「貝殻で実験でもはじめる」

********** 

 おっと、あんまし長かったから、大事なこと書き忘れた。

 

 クローガンの女性「イヴ」が、出産を拒否することを女性たちに呼びかけ、非暴力によって男性優位(すなわち暴力優位)の世界から社会のバランスを取り戻すという発想。

 お気づきでしょうか? あのノーベル平和賞を受賞したアフリカと中東(リベリア、イエメン)の三人の女性指導者をリファーしているんですね。 

 もろパクリやなあと思ってしまったが。

 ジェノフェイジの治癒に関しては、まだまだ、これからひと悶着もふた悶着もありますね。

« 【ME3】018プライオリティ:サーケッシュ | トップページ | 【ME3】 Mass Effect Infiltrator »

Mass Effect 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44527508

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME3】019プライオリティ:サーケッシュ(2):

« 【ME3】018プライオリティ:サーケッシュ | トップページ | 【ME3】 Mass Effect Infiltrator »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31