フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】デイ・ワン(Day One)DLC問題 | トップページ | 【ME3】019プライオリティ:サーケッシュ(2) »

2012年3月17日 (土)

【ME3】018プライオリティ:サーケッシュ

 

エンディング見ちゃったら、ぐったりと脱力して、続きを書く気があんまし起きないなあ・・・。 

 エピソードとして一番好きなジャックの話もほぼ終わったので、やめてもいいんだけど、そうはいかないかあ。

5069
 サラリアンの外交船。

5070

5076
 ダラトラス。サラリアンの代表者。クローガンの代表をただ美化されたクズとまで言い切る。

5079
 私のプレイスルーではレックスのプレイスホルダー(スタンド・イン、代替要員)のリーヴが出る。ウードナット・リーヴ。

 悲しいけどね。

5082
 こういうところなぞるとキリもなければ、各人予想されたことしか言いません。

5086
 プライマーク・ヴィクタス。
「俺もお前も外交官じゃない。慣れない物まねなんてしてないで、言いたいことをハッキリ言え」

5091_2
「ジェノフェイジを治癒しろ」

5092 

5093
 つうか、こんなこともシェパード艦長が決定していいんですか?

5095
 アップリフト(Uplift)ってのは、非知性種族を知性化することですが、Mass Effectユニヴァースでは、具体的には宇宙航行種族としての地位を与えることでしょうね。

 クローガンをアップリフトしたのは、元々サラリアンであるから、クローガンの行動パターンは熟知していると主張。つまりジェノフェイジを治癒してしまえば、またクローガンの人口は爆発的に増加し、やがて銀河中の支配をもくろむであろう。

 ラクナイ戦争でシタデルを防衛できたのはクローガンのおかげでもあった。むしろ、サラリアンがクローガンをアップリフトした理由こそ、ラクナイに戦争で勝つためだけであた。
 しかし、その功績によって銀河進出を認められたクローガンは瞬く間に銀河中を席巻しそうになり、それを嫌ったシタデル種族、特にテューリアンとの間で当然のように戦争が発生した。 

 ジェノフェイジによってクローガンの出生率を劇的に減少させた張本人はテューリアンであり、サラリアン。 

 余談ですが、ブリンのサイファイ小説シリーズ、「サンダイバー」から続く三作目「知性化戦争」は原題が"Uplift War"。そこでは人類(ヒューマン)がチンパンジーとイルカをアップリフトしている。とても悲しいことに、小説の中でアップリフトは必ずしもうまくは行っていない。

5112
 サラリアンが過去に行った過ち(クローガンのアップリフト)を繰り返すな、というのがダラトラスの主張。
 いまさら言ってもどうしようもないというのがヴィクタスの主張。治癒を開発するため何年もかかってしまうから。

5119
 リーヴは、そしてシェパードもメイロンがトゥーチャンカで治癒の開発を行っていた事実を知っている。

5126
 シェパードがメイロンに出会う前、脱走したクローガンの女性がいた。サラリアンの特殊部隊が彼女らの身柄を拘束し、幽閉している。

5128
「お前が知っているはずがなかろう。でっちあげに過ぎない」

5132
「真実なんだな?」

5133
「ジェノフェイジを治癒して、いったい我々サラリアンに何の得になる?」

5135

「サラリアンが単独でリーパーズといつまで戦えると思うんだ?」

5136
「そして、あなた方サラリアンに愛想良くするテューリアンは私が最後になるだろうな」

5139
「女性クローガンの生き残りはサーケッシュの特殊部隊(STG)基地に幽閉されている」

5141
「だが、艦長! このことが招く帰結は、これから何世紀もの間、我々を呪うことになるぞ!」
 

5143_2
「リーパーズが勝ってしまえば、そんな議論になんの意味もない」

5147
「だが、サーケッシュにそう簡単に乗り込むわけにはいかない! 手続きが・・・」
「シェパードはスペクターだ。何の手続きも必要ない」

5150
「よし、とっとといくべ」

5153
「決して忘れないぞ、艦長! ごり押しする者は、必要なとき誰からも手を借りることはできなくなるぞ!」

5157_2

5161_3
「サラリアンと話をするのはすかん。命乞いでもしてるなら別だが」

5163_2
「悪いことは言わん、話は俺に任せてくれ。クローガンはそつない会話が得意なほうじゃないからな」

5164_2
「その女は俺様のものだ。そいつだけ忘れるな。
 ジェノフェイジを治癒した者として、俺様の言葉が全クローガンの法になるのだ」

5172

5173
 シャトルは着陸許可を得ようとするが。

5182
 勝手に降りるリーヴ。

5183
「よせ!」

5184

5187

5189

5195
「待て、撃つな! シェパード艦長、そのお仲間をなんとかしてくれ!」

5197
「外交問題に発展させるのは俺も避けたいね」

5201_2
「申し出は理解している。だが、そちらの者の身柄は一時預からせていただく」

5206
 つまり、レックス/リーヴ、どちらであってもパーティーには参加しないということですか。

5208
 このサラリアンはパドック・ウィクス。STG基地の司令官であり、上級研究統括者だ。私は実際には知らないが、モルディンのプレイスホルダー、スタンド・インなんだって。

5212
 ヤーグまでおります。

5214
 私のプレイスルー、シャドウブレイカーの基地を急襲したのも偶然このメンツだったのですが、ここでのリアラには特にコメントはないみたい。

5222

 目的のためには手段を選らばない行動パターンはモルディンだけに限った話ではなく、サラリアン種族に染み付いているようだ。、ヤーグまで研究対象にしている。科学力こそ最大の防御、だそうです。 

 クローガンの女性は、発見時にあまりに弱っていたので、健康回復のためこの基地に連れてきたという。

5229

5238
「お前にクローガンの女性のことを伝えたのは誰なんだ?」

5239
「悪気はないが、シェパード、俺様とあんたとはまだそこまで親しくねえ」

 レックスだったら教えてくれたのかな。

5242_2
「クローガンは、リーパーズと戦う準備は整っているのか?」
「アサリに乳繰り合う準備できてるか聴いてるようなもんだぜ」

5243
「レックスが一族の外交を任されていた理由がよくわかるわ」

5255
「テューチャンカのリーパーズは手間取っているぜ。俺たちが参戦すればやつらの命数は尽きる」

5256
「この戦争に勝つには、尊大なクローガンが必要みたいだな」

5257_2
「少なくとも、自信だけは有り余ってるみたいね」

5270
 キラヒー、ME1ヴァーミアに登場したSTGの大尉。少佐に昇進していた。テューチャンカから女性クローガンを連れてきた部隊も彼が率いていたという。

 ヴァーミアでの出来事についての思い出話。特にあそこでレックスやカイダンが死んだこと、サレンのジェノフェイジ治癒の研究施設を破壊したこと。それからギャレス、リアラとも知り合いであること。全部省略。

5313
 パドックは大方のサラリアン研究者と異なり、ジェノフェイジ治癒を行うべきだとの考えの持ち主。
 

 モルディンのスタンド・オフだから、そうなってるのかな。

5260
 エレヴェーターを起動させて、下層階まで行っていただく・・・。

5265
 警告が鳴り響き、色めきたつ衛兵たち。

5267
「エレヴェーターに早く、下で誰かを待たせておきます!」

5337

5341
「シェパード! タイミング絶好! 来てくれてよかった」

5342
「モルディン?」

5343
「視力依然として抜群、驚き理解可能、任務復帰予想外」

5344
「STGに復帰したのか?」

5345
「特別顧問、余人に代え難し、他者による誤謬の可能性」

5348_2
「リーヴに情報を提供したのは君だったんだな」
「 そのとおり、説明は後で。警告レベル尋常にあらず。クローガンのため惑星外脱出急務」

5351
 メイロンの治癒法によって副作用が発生し、多くの女性クローガンが死んだ。

 シェパードとモルディンが回収したメイロンの治癒法のデータには不足があったようだ。少なくとも細胞から治癒法を再構築するには有効なものではあったが、女性たちを救うことはできなかった。

5358
 クローガンの女性はひとりだけ生き残っている。ジェノフェイジの影響は受けず、その細胞から治癒法が再生可能だ。

5365
 この最後のひとりが死んでしまったら、「プロブレマティック」、由々しき事態が訪れる。

5369_2
「アライアンス海軍のシェパード艦長です」
「私を殺しにきたのか?」

5370
「女神よ! 彼女、一体なんてひどい目を耐え凌いできたの!」

5372
「母星まで帰還していただくよう、ウードナット・リーヴとともにお連れに参りました」
「なぜ、私のなにが重要なのだ?」

5375
「周りを見なさい。トゥーチャンカであなたが見た私の姉妹たち。ひどい苦痛とともに死を迎えた。
 そして私が最後の生き残りとなった。私の存在を恐れる者は数多くいるでしょう」

5381
「あなたはクローガン種族の未来です。私はそのために戦っている」

5383
「では軍隊丸ごと引き連れてきなさったのか?」

5384
「警報! 未確認宇宙船、警戒網を突破!」
「外部との通信途絶! 封鎖されました!」
「全データ、オフライン環境に移行して守れ!」

5392
「どうした?」
「複数の宇宙船が侵入!」

5398_2
「リーヴだ、サーベラスの急襲だ! 女をとっとと運び出せ!」
「もうひとりしか生き残っていない。ここのほうが命の安全を守れるぞ」
「サラリアンの拷問棟で? ゼッタイに認めないぞ!
 女をそこから連れ出さなければ同盟の話はおしゃかだ!」

5406
「女性クローガンを解放しろ。運び出すぞ」
「無理です。施設閉鎖中の処理手続きによれば、いかなる種もこの施設から・・・」

5409_2

5410
「反対意見は記録された。クローガンの解放を開始されたし」

5418_2
「隔離解除手順のモニタリング必要。
 次のチェックポイントで再会する、シェパード。
 サーベラス、ジェノフェイジ治癒に反対なことは明白」

5421
「必ずテューチャンカに帰還いただきます。約束します」

« 【ME3】デイ・ワン(Day One)DLC問題 | トップページ | 【ME3】019プライオリティ:サーケッシュ(2) »

Mass Effect 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ここではヴァーマイアで戦ったさらりアンのキラヒー?さんに
再会できて嬉しかった!

 キラヒー大尉でしたっけ、キラーヘとか書いちゃってるな。
 懐かしいキャラが出るたびに「どうしてたの?」」ってせりふが膨大になってくんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44526147

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME3】018プライオリティ:サーケッシュ:

« 【ME3】デイ・ワン(Day One)DLC問題 | トップページ | 【ME3】019プライオリティ:サーケッシュ(2) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31