フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】セラちんのN7アーマー | トップページ | 王と魔王と以下略など、雑記 »

2012年4月 3日 (火)

【DA3】ロマンスとコンパニオン

 今日こそ更新できると思ったが、暴風雨って何だよ・・・。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/10889328/1

 DA3、ロマンス関係のウィッシュリスト。ゲイダーさん登場。

 OPのウィッシュリスト。内容からして女性だろうな、きっと。

 ストーリーとコンパニオンがゲームを愉しめる理由。これは女性に限らない。

**********

1.コンパニオンとのインタラクションをもっと。DA2のコンパニオンもすばらしかったが会話は「スケジュールどおり」感が・・・、あまりに強かったかも。

"Companions in DA2 were great, but I felt like it was very...scheduled. "

2.フレンドシップに関する場面と選択をもっと。特に女性主人公と女性コンパニオンの間で。イザベラと大親友になるのは大好きだったが、ロマンスがないのにまだいちゃついている感じがした。ガールズトークがあれば素敵。エッチした相手についての話題も一種類じゃなくていくつか。

3.コンパニオン間の関係をもっと。ロマンスも含む。イザベラとフェンリスの間とか、ちらとほのめかされているのが素敵。 

4.母問題、父問題、メイジ問題、奴隷問題、テンプラー問題、エッチ問題、兄弟姉妹問題、そういう抜きのロマンス対象を。そういう会話もすばらしかったが、普通の恋人がほしい。アヴェリンの男性版とか。アヴェリンとヴァリックだけが問題をほとんど抱えていないのに、ロマンス相手じゃない。

5.もっと長いロマンスを。少なくとも関係を築く期間や親密になる手順を長く。とりあえず振っておく(じらしておく?)選択ももっと多く。

**********

 ゲイダーさんは、1.について回答。

**********

 インタラクションをもっと。これは見せ方がどうなるか別にして望みがかなうと思うよ。(DAOとDA2のコンパニオンとのインタラクション総量は一緒だったんだよ)

 コンパニオンとの会話があると知らせるのを「クエスト」にしてしまったのは意図したのと逆の効果を産んでしまった。便利さを感じるのではなく、自分のエイジェンシーに影響を与えたと受け取った人たちがいた。コンパニオンと話をすることをプレイヤーが自分で選んだという感覚が失われ、コンパニオンが会話をすることを決めたような感覚、コンパニオンの都合だけによって会話ができると感じてしまう感覚。だから、君の言うとおりだよ。

 一番ありえるのは、プレイヤーがせりふをはじめる古い方法に戻すこと、そしてコンパニオンから「話しがある」という電報を受け取るのは、もっと繊細な方法、例えばアニメーションを変更する、などにすることだ。 

 またその一部には、場面と一切切り離されたインタラクションを追加することも含む。例えばフォロワーに質問する、恋人にキスする、冗談を言うなど。

 平均的なファンは、なんでも全部よこせという意見に投票するだろうが(「せりふを全部よこせ!」と叫ぶファンについてのネット・ジョークをここに挿入のこと)、そこにはトレードオフがあるんだ。コンパニオンとのインタラクションがDA2ほど深められないってことになるかもしれない。(DA2ではコンパニオンごとに三つのクエストがあって、関係性の発展がたくさん行われたが、DAOではよくて短いクエストがひとりにひとつだけだった)

 だから、この中間点にスイートスポットがあるといいんだが・・・。理想的には、プレゼンテーション(見せ方)についての必要な変更を行ったら、DAOのシステムに完全に戻してしまって、その固有の問題まで再発させることなく、一部の者が失ってしまったエイジェンシーの感覚を保持できるようにできればいいだろうね。

**********

 エイジェンシー(agency)は、ゲイダーさんがよく用いる用語で、行為者性のこと。行為者性じゃなんのことかわからん。

 本来は哲学的な意味であって、とても説明が難しい概念ですが、上記ゲイダーさん自身の説明でわかるかな。プレイヤーが自分の選択など行為によってゲームの物語への影響を及ぼしているという感覚(もちろん錯覚ですが)。

 それから、別のポストでゲイダーさんが次のように補足している。

「オプショナルなせりふを増やし、必ず通過しなければならないクリティカル・パスのようなせりふを減らすという意味だ」

**********

(DAシリーズの8つのロマンスはすべて異なる感じがして好きだ。だがそれは同時にあたりはずれがでかいともいえる、という別のポスターの意見にゲイダーさんは・・・)

 BG2からDA2までロマンスをたくさん書いてきた私の経験によれば、みなのご要望を全部引き受けられるキャッチ・オールな物語ってのは、ことロマンスに関しては、ない。
 ロマンスはそもそもからして、きわめて主観的なものであり、ある者が認められないと感じる内容はほかの者には完璧に受け入れられる。ある者がめそめそして独りよがりなやつと感じるキャラクターが、別の者の目にはとても魅力的なキャラクターと映る。かほどさように本質は任意である。 

 DA2のロマンスでいえば、私の個人的な問題は、フェンリスとアンダースのロマンスが基調としてちょっと似すぎていたというところにある。つまり、同じ種類の者がどちらの物語も好きになる傾向がある。(もちろんロマンスに関する話なので、はなから普遍的であるなどとは言っていない)

 将来の「ロマンスのかたち」はもうちょっと傾向のばらついたものにしたい。

**********

 DA2のコンパニオンとのインタラクティヴは「スケジュールどおり」感。

 これ、何度かリプレイするとよくわかる。私も感じました。
 DAOの会話が広い野原を用いるワンダーフォーゲルとかオリエンテーリングオリエンテーションなどの競技だとしたら、DA2は障害物のあるトラック競技って感じかな。同じ障害物に同じタイミングで必ず出くわす。コンパニオンとの関係を維持しようとしたら回避できない(クリティカルパスですから)。

 ちょっちリプレイを進めるのがきつい理由ではあった。 

 アンダースとのロマンスと、フェンリスとのロマンスは似ている。うーん。似てるか?
 すまん、ロマンス関係は、まじで専門外。 

 ひとつだけ言えることは、DA2のロマンスはあまりにヴィクトリア朝で、照れくさすぎるよ!
(私はヴィクトリア朝ロマンスが大好きですけどね)

« 【ME3】セラちんのN7アーマー | トップページ | 王と魔王と以下略など、雑記 »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

Dragon Age 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

暴風だ~これだけ強い春の風は初めてですね!!
外にお出かけの際は気をつけてくださいね(o・ω・)

更新待ってました~
DA2 フェンリス、アンダーソンとの恋愛は似ている・・・なるほど・・・。

僕は、どちらもロマンスの相手じゃないのでよくわからない(笑)

 いやー、これはゲイダーさんが勝手にそう思ってるだけじゃないかなあ。自分の書いたシナリオと、アンダースロマンスが「しまった、そっくりになったよ」と思ってるだけで、見る側は別にそうは思ってない(と思う)。

片方は自信満々、「君にはもっと相応しい相手がいるはずだ(つまり僕)」というのに対して、片方は「俺なんかで良いのか?」ですし。

 でもゲイダーさんの方、フェンリスロマンスは割と未練がましいというか、男性が恋愛相手に求めるファンタジーの具現化ですね。プレイヤーの大部分が男性ですから、これはこれでok。そこはゲイダーさんも判ってやってると思う。女性プレイヤーは多分こう言うんじゃないですかね。
「他にも相手がいてモテモテなのに、振られた男を3年も待たないって!」(笑)

>> ひとつだけ言えることは、DA2のロマンスはあまりにヴィクトリア朝で、照れくさすぎるよ!
 心から同意します。で、私も大好きですけどね!

d様
 そそ、アンダーソン提督とね、シェパード艦長のね、年の差カップルのプラトニックなあの感じって、おい!
 アンダースね。つってる私も記事でオリエンテーリングとオリエンテーション間違えてるけどね(笑)。
 

L様
 
 私も「うーん、似てたっけ?」と悩んだのでした。男目線で言えばフェンリスはめちゃわかりやすい。いそう。アンダースは・・・、ちょっとわかんない。

 DAOとの比較でいえば、やっぱDAOの方はずっとキンキー(あるかよそんなの!)なラヴで、DA2はオーソドックス(あるある)? 個人的にはレリアナのが一番キンキーなノリで、ある種冒涜的ですらある。ほかの人たちのもまじめに考えると結構すごい。
 DA2はイザベラですら結構「あるある」だもん。

>>ヴィクトリア朝
 なんだかんだ言って、照れくさいくらいあっけらかんとしているのがいいんでしょうね(笑)。

 

そう言えば、ゲイダーさんはBG2でも書いてたんですね。どれだろう?
男性主人公の恋人候補は、女性3人。
女性主人公の場合は、男性1人のみ。
ゲーム容量とかで、女性主人公をプレイする男性プレイヤーは少ないと判断されたから、ロマンスを削ったという噂があります。
また、恋人候補同士の嫉妬や口げんかも熾烈で、戦線離脱もありという厳しさがありました。
モテる男は、つらい?
中には、未亡人が恋人候補になる非常にメランコリックなロマンスもあったなぁ。

フェンリスとアンダースのロマンスが基調としてちょっと似すぎていた<
私は、この言葉通りかなぁ、と思いますよ。
厳密な違いのことを言ってるわけじゃなく、ザクッとした類型・トーンのことでしょう。
どっちが好き?と聞かれて、「どっちでもいいや」の展開にならないように、もっと明確な「好ましさ」の違いを出せればよかったかな、程度かも?

>BG2

 少なくともヴィコニア(ドラウ、♀、クレリック、NE)はゲイダーさんじゃないですかね。ご本人があれが好評でよかったといってた気がする。
 やっぱ超絶キンキーで成就の難しいラヴでしたが。

 男性ひとりは、しかもあれでしょ? アノメン(ヒューマン、♂、ファイター/クレリック、LN)。主人公の行動で悪にも善にも変わるっていう趣向だったと思うけど、ロマンス相手では物足りないですよね。

 個人的にはあの豹変振りが大好きと何度も繰り返して書いているナリアちん(ヒューマン、♀、シーフ/メイジ、NG)は、主人公バールスポーンと政略的結婚はできるのにロマンス相手ではない、というところが不満! 選択肢は全部プレイヤーによこせ!(笑)

 
 喧嘩っ早い悪のコーガン(ドワーフ、♂、バーサーカー、CE)と、パラディン・ケルドーン(ヒューマン、♂、インクイジター、LG)とを一緒のパーティーにしても殺しあわないんだよねえ。BG1ではメンバー間で殺し合いまで平気でやってた。

 未亡人ジャヘイラ(ハーフエルフ。♀、ファイター/ドルイド、TN)の旦那はBG1では一緒にいたのに、BG2冒頭であっさり死んだことにされちゃうんですね。登場人員削減にしてもちょっとひどいなあ、と思ってしまったかも。 

 
>DA2 
 まさに恋愛は主観なんでしょうね。永久にまとまらない話題だから好まれるのかもしれない。 

アンダースだった・・・・(笑)
恥ずかしい(笑)

 どんまい(笑)。

BG2<
ヴィコニアのロマンスですかぁ。あれは、味わい深いものありますねぇ。
好いた惚れたを越した大人のロマンスですなぁ。

ナリアちんのロマンスは、Modでは用意されてますね。(私は使いませんが)
BGの人気の秘密の1つはModにあり、とも言われてますが、BGEEではどうなることやら。

ミンスクのご主人様のダイナヘールも既に殺されてましたね、そういえば。
ナム~。


永久にまとまらない話題だから好まれる<
うんむ。ロマンスは、人生のスパイス。
なくても別に問題ないけど、あればいろんな風味をより楽しめるかもしれない。
使い過ぎるともとの味がわからなくなる。ってことですかね。

 イーヴィル・キャラとのロマンスですから。DAには私の見る限りイーヴィルなコンパニオンはいない(モリガン、シェイル、ゼヴラン、レリアナみな違う)。

 ナリアちんは、エキスパンション"Throne of Bhaal"で再登場したときのあまりの姐ごっぷりに本気で腰抜かしましたから。あんた、はねっかえりのお嬢様じゃなかったの! 私の豹変女子好きの原点だなあ。ME3のジャックは豹変の方向が逆であれもとっても素敵だったなあ。

 
 愛は盲目、愛は愛であるがゆえに憎しみ。このネタも長く抱えてるんだけど、書く暇がない。

 

 おっと、書き漏らした。ダイナヘールはBGでさくっと死んじゃうこともあるんだよね。BG2はどこで死んだかせりふでごまかしたのかな?

愛は盲目、愛は愛であるがゆえに憎しみ<
ふ・深すぎる~。でもあるのよねぇ。
あのアガサ・クリスティも晩年の作品のテーマにしてたんですよぉ。

ダイナヘール<
ですです。BG2の冒頭も冒頭、ミンスクが捕まった時の状況説明してる時に出てきました。
でもミンスクの方がよく助かったな…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44742902

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA3】ロマンスとコンパニオン:

« 【ME3】セラちんのN7アーマー | トップページ | 王と魔王と以下略など、雑記 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30