フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】幕引きの感覚、終わりなき繰り返し(2) | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(2) »

2012年4月16日 (月)

Legend of Grimrock 導入部分

 GoGで予約していたということすら、存在すら忘れていたが、巷で話題の(失笑)Legend of Grimrockを週末に少しだけ遊んでみました。

001

002
 オールドスクール・モードを選びますか。オートマッピングを使えなくして、方眼紙とペンで自分でマッピングして進めと。

 パス。

 ほかにやることも金もない失業者用の趣向だな。

025
 驚くべきことに、四人分ロール(キャラメイク)する間、キャラクターの名前以外で一切悩むことがなかった。

 それほど昔どおりのオールドスクール。オーソドックス。完璧なまでの復古主義。

 ミノちゃん? ファイターでしょうね。
 でもきっとツーハンのぶんぶん丸だから(案の定後から見たらAccuracyにペナルティがある)、もうひとり盾を使うようなプリサイズなファイターがほしいなー。

 ヒューマンはアトリビュート(STR とかDEXなどの能力値)にはボーナスはない。逆になんでもそつなくやるってことだろう。これもオールドスクールではお約束、定番。

 よってヒューマン男性をもうひとりのファイターに。前列ふたりは普通にファイターにした。

 もうひとりヒューマンにして、女性でメイジにしておこう。

 あと選んでいないレース(種族)は、虫ちゃんかとかげちゃんのどちらか。

 虫ちゃん(アトリビュート的にはメイジ向け)に感情移入はできそうにないので、とかげちゃん? ローグかなあ.。あ、やっぱDexterityボーナスがあるから、とりあえずローグ向きなんだな。顔じゃわかんないけど、きっとメスのトカゲを選ぶ。

 てことで、その後のアトリビュート・ボーナス割り振りも、スキル選択も、全部やって10分くらい。それから名前決めるのに10分くらい・・・。

031

032
 声優もつかない、テキストだけの前振り、背景説明があって。

035_2
 つまり、こういうことのようです。四人とも囚人なのだ。

036
 二度と出られないはずのダンジョンに突き落とされるところからはじまる。

037_2

038
 四人ともなにも身に着けておらず、なんの装備もない。これぞオールドスクール(笑)。

 いや、囚人だからだろ?

045

046_2

047_2

044
 まっさらな地図。オートマッピングで埋められていくのはパネルと扉、そしてレヴェルをまたぐ階段のシンボルだけ。後に登場するワープ・ポイントもクリスタルもご自分で。

 メモは自分で逐一つけましょう。これもオールドスクール方式。

048
 都合よく見つかる、壁の文字。ヒントそのもの。

058

059

064_2
 ボロのような衣服や、ごみのような武器を拾いつつ進むと、鍵。

065

066

067_3
 オールドスクールの大好物、ゲームプレイ・スタッツ。

068
 緩んでいる岩を探せ?

069
 あ、あるな。

070
 隠し扉が開く。

074
 初めての敵は、かたつむりちゃん。ゴミのような装備では結構きつい。

075
 落とし穴。落ちない方法を探すしかない。すぐわかるけど。

078
 この段階だと、きのこ人間がやたら強くて笑える。

082
 悪魔の顔。

083
 なんにも説明もなくても(ほんとは探せば壁のヒントがあるのだが)なにするべきかすぐわかる。

087

088
 この段階では一番強敵、スケルトン・ウォーリアー。

 戦闘は、後期のM&M的なのりかなあ。リアルタイムとかいってるけど、実はインターバル制なので、ある程度は敵と味方で次に攻撃する打順が読める。

091
 これも秘密の部屋への入り口。扉を開くパズル。

096
 体力回復、蘇生もできちゃうクリスタル。でもダンジョン内にあまり数はない。 

098
 チュートリアルっぽいレヴェル1が済んだら、レヴェル2へと降りていく。うーん降りていくのか・・・。

 クレジットを見ていると、まさにDAのゲイダーさんが言っていた、古き良き時代に「地下室の三人」が作っているゲームのノリのようだ。

 休みの日に時間があったら、ちょこちょこ進めるという点では、重宝するかもしれない。

 復古主義の趣味はないんで、これにのめりこむってことにはならないだろうが、今のところ変なバグにも遭遇していないし、パズルはいずれ途中から解法がパターン化してしまうんだろうが、最初のころは結構飽きさせない。 

 Dragon Age 2やMass Effect 3がオールドスクール派からボロカスいわれているという絶妙のタイミングで出た感じ。 

 そして(そのタイミングだからこそ、ヘイトを食らいたくない)ゲーム・メディアが案の定べたほめ。 

 もしちょっと前のタイミングで、それこそ日本製でこれ出したら、JRPGはほんとに死んだとボロカス言われて、殺されてただろうな。  

 そんくらい、タイミングは大事だね、というお話。

 何一つ、新規性はございません。伝統芸を伝統のまま保存するという試み。 

 M&Mが大好きならやってみれば、という感じですかね。

 

« 【ME3】幕引きの感覚、終わりなき繰り返し(2) | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(2) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

Vanityさんもやってるんですね。
私も、先週からはまってます。
オールドスクール系統は、初代Wizardry以来なんで、新鮮に感じます。
2F以降はなかなかの難易度で、結構難しくて良い感じです。

 たった今まで、まったくプレイする暇がなかった・・・。
 レベル4の入り口あたりでほぼ一週間放置してしまいました。
 ちょこっと再開してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/44906500

この記事へのトラックバック一覧です: Legend of Grimrock 導入部分:

« 【ME3】幕引きの感覚、終わりなき繰り返し(2) | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(2) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31