フォト
無料ブログはココログ

« Legend of Grimrock 導入部分 | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(3) »

2012年4月28日 (土)

【DA3】ロマンスとコンパニオン(2)

 地獄の四月がまもなく終わる・・・。

 長かった。疲弊した。そしてブログ書く時間なんてなかった。BioWareフォーラムを読む時間もなかった。(Vitaのゲームと、Legend of Grimrock をやる時間はあったんだけど)

 ふとみたら、ゲイダーさんがフォーラムで結構いっぱい答えているなあ。それをネタにしよう。

 それとカッサンドラのDAアニメ映画について、「日本人誰か答えよ」(あちらではまだ公開もBD/DVD販売もされていない)というトピックがあったので、簡単な感想を答えておいた。みなの者続け。俺の屍を越えていけ。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/11714274 

 ゲイダーさんの登場するスレッドはロマンス関係のお話。 まずこれ。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/10889328&lf=8

 よく見たら、以前少し紹介したスレッドがまだ続いているんだね。そちらの拙訳はこちらゲイダーさんは15ページくらいで全部読むのはやめたそうだが、最近再登場している。

 そして、中身もめっちゃ面白い。

http://vanitie3.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/da3-3429.html

(ファンからもっとも嫌われるキャラクターは、強烈な宗教的信条を有している者であることに気がついてますか?) 

 うん、予想外ではないね、ほんとに・・・、とりわけ裕福で、欧米人で、一般的に宗教団体へのバイアスを受けやすいというのがインターネット・ユーザーの平均像だから。ただし悪いことではないと思う。以前も言ったように「ファンのヘイト(fan-hate)」は「無関心」(apathy、アパシー)よりましだし、嫌悪を集めるためにそういうキャラクターを登場させているなら特にそうだね。そして私が知る限り、どんなキャラクターの場合であっても、ファンが嫌いになるハードルは非常に低いんだよ。

「なに? こいつはあろうことか自分の個人的な悩みについて語ってるのか? なんたる軟弱者!」smilie

 

 

(もっと正確に言えば、自分の抱く価値観が他の者より高邁であると考えるキャラクターが嫌われる。特にそうした価値観を主人公(PC)に押し付けようとする場合に。違いはほんのわずかだが、とっても重要だ) 

 実のところ、それも正確とは言えないんじゃないか。(訳:DAシリーズに登場した)今までのキャラクターで当てはまるのはステンだけだ。レリアナやセバスチャンは宗教/信仰についての意見を表明するが、相手を改宗させようとすることは稀だった。実際、セバスチャン(のシナリオ)は自分の信条を曲げてまでまわりに協調的に振舞うように意図して書かれたはずなんだが、宗教的視点を口にするだけでアレルギー(アレジー)反応を示すプレイヤーもいるし、こちらにそんな意図がないにもかかわらず、改宗を勧めているかのように翻訳してしまう者までいる。でもそういう事態に気がつくことはよいことだと思うし、あるキャラクターに多くの人から共感を集めようと意図したら、宗教的な部分は持たせるべきではないということを意味するんだね。 

 おっと、我々の書くすべてのキャラクターが共感を呼ぶ必要なんてないということは言っておこう。いつもただぶちきれるだけのプレイヤーもいる。どうぞご自由に。smilie

 

(宗教的でもないのに、ウィンも結構嫌われている。彼女が宗教的だと考えている者はかなりいる) 

 つまり、忠告( a suggestion )をするキャラクターはどんなキャラクターでも偉そう(bossy)と感じられるからだ。プレイヤーのキャラクターのことを質問したり、心中を気遣ったりするのではなく、自分自身のことを語るキャラクターはどんなキャラクターでも自己中心的と感じられるからだ。悩みのひとつでも有しているならどんなキャラクターも泣き虫(男性なら女々しい、emo)だ。何かに関して怒り出すどんなキャラクターもクソ野郎だし、もしそいつらがの行いに異議を唱えたら、とんでもないクソ野郎に昇格し、そういう輩の首ははねられても仕方がない、むしろいい厄介ばらいだということになる。 

 私はあるときひとつのセオリーを思いついた。それは、我々が書く中でもっとも人気のあるキャラクターは無条件でプレイヤーを支える者である、というものだった。それを確かめるため、あえてわざと(主人公に)媚びへつらうキャラクターを書いてみたりした。やっぱり私は正しかった。もちろん常に例外は存在するが、概してプレイヤーは自分に愛想よくしてくれ、支えてくれ、楽しませてくれるフォロワーを好む・・・、そしてそこから外れてしまうキャラクターはいろいろな程度があるがヘイトを集める。 

 だからといって、すべてのフォロワーを愛想よくしてくれ、支えてくれ、楽しませてくれるように書く必要は決してない。おいおい、だってそれってどれだけつまらんことになるんだよ? でも実はさように簡単なことなんだ。ヴィデオゲームの主人公(PC)は、そもそもからして、自己中心的で、大人気ない、クソ野郎なんだからね。smilie

**********

 まだあるけど、いったんここまで。

 

« Legend of Grimrock 導入部分 | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(3) »

Dragon Age 2」カテゴリの記事

Dragon Age 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/45059405

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA3】ロマンスとコンパニオン(2):

« Legend of Grimrock 導入部分 | トップページ | 【DA3】ロマンスとコンパニオン(3) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30