フォト
無料ブログはココログ

« 金環日蝕の日に。 | トップページ | ルーター変更。 »

2012年5月22日 (火)

ノマド、エア会議

 SAPIOの深川峻太郎氏のコラムは、いつも「ふふっ」程度には受けていたが、今回(6月6日号)はバカ受けです。
 (残念ながらこのコラム全文はネットに載らないみたいだ。ぜひ本人が公開してほしいくらい秀逸)

 ノマドワーカー。サテン(喫茶店)のテーブルにPCやスマホなど並べ、たったひとりでヘッドカム(ハンズフリーというからそうだろう)に話しかける、その風情は「エア会議」(笑)。
 
 でも「サテン」と言ったら怒られるんだって。「カフェ」(笑)。

 ノマドとは、もちろんRPGファンには(歴史ファンには)おなじみ、ノーマッド(nomad)のこと。遊牧民の総称ですね。SEGA Nomadのことでも「ローゼンメイデン」のアニメ製作会社でもない。
 
 Wikipedia(en)によれば、学術的に正しいかどうかしらないが、ノーマッド文化は次の三種類に分類される。日本語の「遊牧民」はこのうち一部しか言っていない。

・hunter-gatheres、狩猟・採集民。約1万年前から続く、人類にとって原初的生産・生活形態。

・pastoral nomads、いわゆる遊牧民。牧畜用の牧草地(pasture)の再生手段を基本的に持たないので、主として季節ごとに数箇所を巡回する。

・peripatetic nomads、巡回遊歴民。peripateticの元の意味は「逍遥」、徒歩で移動(巡回)する人のことだが、定住者の集落間を巡回してそれらの集落に(または旅の同道者に)自らの工芸技能・技術を提供し、あるいは商取引を持ちかけることで生計を立てている民。
 
 なんでこんなことを書いているかというと、すでにゲームブログじゃなくなっているんだけど、ちょっとはそれらしくはしようかなあ、という悪あがきだったんですが、なんかいい感じじゃない?
 人によってどんなゲームを(ゲーム以外のメディアなどを)想起するか色々でしょうが、私はやっぱ「ロマサガ」。なんだか強烈なイメージがあったね。あるいは往年のAge of Empiresシリーズがちょこっと。Civilizationシリーズはそこまで(ノーマッドの)細かい表現はしていなかった気がする。 

 お気づきのようにDAシリーズのデーリッシュは遊牧民がモデル。MEシリーズのタリちゃんの種族であるクォリアンは巡回遊歴民がモデル(クォリアンは防疫上の理由で家畜を飼わない。それが理由で遊牧民じゃないというわけではないけど)。

 そしてどちらもscavengers、定住異種族の周辺部で、廃品回収(ゴミあさり)やサルヴェージなどをして交易の糧にしている。その行いが(定住異種族からの)差別・偏見の源でもある。

 でもこういう世界の話、たぶん私自身が一番鈍いほうだろう。個人的にThe Witcherシリーズ(の物語)にあまり強く惹かれないのは、ノーマッドや異民族の移民(あるいは難民)の背景設定がいまいち飲み込めてないんじゃないかと思うから。

 上の三つ目の類型peripatetic nomadsの代表がジプシー(Gypsies、単数Gypsy)。いまはそう呼んではいけないという動きがあるそうで、彼ら彼女らが自称しているロマニー(Romanies、単数Romany/Romani)あるいはロマ(Roma、単数Rom)へと読み替えが行われているそうです。

 ん、なに? ドラクエIVのマーニャ・ミネア姉妹を思い出す? 君ら同人読みすぎ。
 
 本題に戻ります。コラムで特に秀逸な観察・考察は、なぜそういう「エア会議」のように見える行為がこちら側から見て「いらつくか」の部分。
 筆者によれば「カフェ」(笑)における見た目「エア会議」の不快さは、車内化粧、車内通話と一緒だという。「誰にも迷惑かけてないじゃん」(車内通話は必ずしもそうではないかもしれない)という反論があるとしても、「あたかも周囲に他人がいないかのごとく振舞う(つまり迷惑を掛け合う関係性すら眼中にない)」その態度が不快なんだそうだ。
 つまり、周囲環境に対する圧倒的な無関心ということでしょう。
 
 「職業フリーランス」、「職業安藤なんとか」(その女性の本名)と自称している有名人?へのつっこみもいけてる。
 かつて「職業本名」で通用したのは、日本の場合は次の人しかいないはず。
 
 職業、長嶋茂雄。
 
 現役引退後、海外に渡航する際、空港または機内で作成する入国関係書類の職業欄にそう書き込んだそうな。
 ミスターと同格なんだって? んなわけないな。
 
 「フリーランスは名刺や住所が大事。クリエイティヴな仕事をしているのに名刺の住所は足立区ではイメージにそぐわない」
 
 長嶋茂雄に名刺は要らない。住所も関係ないからね。

(現役時代のフライチャンズが読売だったんだから「住所」関係あるやろ!という指摘あるかな。でも当時は「やっぱりあれはファール」村山擁する阪神だって、「自称月見草」野村克也の南海だって、稲尾様の西鉄だって人気球団だからねえ・・・。読売だから長嶋が長嶋になったという話は因果関係が逆な気がするけどね)
 
 「足立区」云々に関しては、足立区のハイテク・ハイスキル産業とかクリエイティヴじゃないのかなあと、筆者が的確に突っ込んでいるので省略。「名刺や住所が大事」と言っている時点でこの話はすでに終わっているのだが、筆者も1984年あたりに痛烈に揶揄されていた「横文字職業」の「周回遅れの悪い冗談」としか思えないという。
 「私はこんな勘違いをしています!」と宣言しているのと同じで、とっくの昔に「ダサい」に仕分けられたスタイルだそうだ。
 
 まじめに言えば、ノーマッドの三つの類型の中でノマドワーカーが当てはまりそうなのは、peripatetic nomads。であれば本来ジプシー、あるいはオフィス・レフュジー(難民)と呼ぶべきであったはずだが、しゃれたノーマッドなど使うから話がややこしくなる。
 
 ああ、今回はなんだか面白かった。  

 でも、周囲環境に対する圧倒的な無関心ということでは、車内シャカシャカ(音楽)、車内スマホ、車内ハンドヘルドゲーも一緒? 車内読書も、車内新聞も一緒?
 化粧や通話と何が違うの?
 そこらへんの線引きはじっくり考えないといけないんだろうが、今日は疲れてるのでここで思考停止します。宿題宿題。 

 

« 金環日蝕の日に。 | トップページ | ルーター変更。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/45367621

この記事へのトラックバック一覧です: ノマド、エア会議:

« 金環日蝕の日に。 | トップページ | ルーター変更。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31