フォト
無料ブログはココログ

« All your base are belong to us. | トップページ | Diablo IIIはどこで買えばいいのか。 »

2012年5月10日 (木)

ビジネスモデル(笑)。

 いただいたコメントにお返事を書くとき、「スマホゲーもモバゲーももう一般大衆に行き渡っちゃったからおわりのはじまりかもね」みたいなことを書いた。

 その数時間後、例のガチャ規制の話題がネットのニュースサイトに一斉に載った。

 正直ちょっと驚いたが、予想が当たったみたいでうれしい(自己満足)。 

 別に一般大衆を上から目線で蔑(さげす)んでいるのではない。世の中にはいろんな連中がいるんです。

 課金ゲームなら前からあった。そういうものを嗜んでいた好事家やコアゲーカーはわりと均質な連中だし、遊ぶときには「所詮ゲーム、されどゲーム」と納得していたはずだ。(別にいい意味ではないけど)ディシプリンがあると期待されていた。
 RMTなんてざらだったし、ガチャで数十万使っちゃいましたなんてのも、もちろんいただろうが、あくまでご利用は自己責任だ。クレームつけたり泣き叫んだり、あまり無様なことにはならなかったはずだし、所詮好事家の泣き言、誰も聞いちゃくれなかった。

 ところがそこらへんのいたいけな坊ちゃん、嬢ちゃんまで参加するようになると、歯止めが利かない。しかも親の金を無断で使ってるとなると(どこがいたいけなのかわからんが)、文脈はモバゲーに限った話ではなく、似たような騒ぎは昔からたくさんあった。

 別にすべての坊ちゃん、嬢ちゃんが月に数十万使っているなんて言っていない。母数が増えれば当然ピーキーな連中も増える。分布図でいえば悪いほうの裾野も広がって、頭の悪さマイナス3シグマ(標準偏差)くらいの連中が(数は当然少ないが)現れるのだ。ただそれだけの話。

 だから、ブームが一般大衆に広まったときが終わりのはじまり、という話が成り立つ。

 もちろん規制当局(かつては公取、最近は消費者庁なるものができたらしく、そこ)が恣意的に規制をやっていることなんて、わざわざ書くのが憚られるくらい自明だ。先日のレストラン勝手格付けサイトのステマ問題もそうだが、他省庁の掣肘を受けずに消費者庁が単独で立ち回れる部分(調べてみると実は驚くほど少ない)で存在意義を示そうとしているのでしょう。

 モバゲーやステマに関しては、ネット関連のネタなのでマスコミが受け狙いで大々的に記事にしていることもありますね。

 そっちはまあ、さもありなんでいいんですが、個人的に唖然としたのは、送り手のゲーム会社(6社)が、突然自分たちは「社会弱者」であると見せかけることにしたのか、一斉にガチャの自主規制を宣言したこと。 

 最初から一切戦う気がないのか。6社共同でIPOで儲けたあぶく銭で高い金出して優秀な弁護士を群れで雇えるんじゃないのか。
 「景品表示法が制限する『不当な景品』にあたる可能性がある」(産経新聞)なんていう規制はあきらかにコントラバーシャルなものでしょう。(善悪はともかく)戦えるでしょう。

 しかもまだ観測気球があがっただけなのに。

 これもまた日本的風景なんでしょうかねえ。

**********

 BethesdaのThe Elder Scrolls Online(MMO)は、当初は(アーリー・アダプターにはなじみのある)定額課金制ではじめても、いずれF2P(フリー・トゥ・プレイ、すなわちアイテム等課金制)に移行するであろうとゲーミング・アナリストが予測しているという記事。

 http://www.gamespot.com/news/elder-scrolls-online-will-eventually-be-free-to-play-analyst-6375882

 (英語圏の)MMOの世界では、EAのみがSWTOR(Star Wars: The Old Republic)で定額課金制にこだわっているが、他はアイテム等課金制への移行を進めているという。

 あのWoWですら、2010年当時から2百万の定額課金サブスクライバーを減らした(最新の情報では10.2百万)。SWTORはローンチから三ヶ月で40万人減らした(最新の情報では1.3百万)。
 サブスクライバーは桁ひとつ違うが、このふたつが今の二強。あとはどんぐり。

 ここでも何度も言い続けてきて、もうくどくど説明を繰り返すことはしないが、「どうせ金ならあるし」というファン層が大勢いない限り(つまりプレイヤーのお財布の予算が人それぞれ限られている限り)、アイテム等課金制がビジネス上圧倒的に有利であるのは紛れもない事実。「払えるだけ払え」、「払うつもりがあるだけ払え」システムですからね・・・。

 定額課金制が「友達月額レンタルシステム」(byペニアケ)であったとしたら、ガチャ、アイテム等課金制はなんて呼ぶのだろう。「貧富の格差実感システム」? 「金のないやつは汗をかけ」システム?

 FPSマルチプレイでアイテム課金制なんていったら、もう南北問題そのものだよね? 金持ちプレイヤーを米軍に集めて、貧乏プレイヤーをタリ・・・、うっぷっぷ、バッド・ガイのほうに集めてしまえばいいんだ。

 もちろん私個人は、レンタルシステムでよかったんだけどね。MMOの定額課金払うくらいの金ならあったし。

**********

 Vitaあまり売れてませんな、とガイジンも心配している。

 http://www.ign.com/articles/2012/05/09/kojima-cage-levine-and-mikami-talk-ps-vita

 クリエーター諸氏によれば、システムとしては文句なしにいいものだが、問題はお値段とソフトの種類というところ。

 だが、ハードの数が出る見込みがなければ、ソフトは増えず、理屈上はハードの価格も下がらない。

 クリスタル・ホワイト(6月)とか初音ミクバンドル(8月)とか、ハードの発売予定が出ているわけで、(後者はソフト・メモリーバンドルだから実質値下げだけど)当面あからさまにプライスカットはしないはず。

 売れていないって言っているのに、プロモーションのノリが完全にしょーもないDLC販売のレベル。FFXIII-2の衣装DLCと一緒。オタクから稼げるだけむしりとる。それでだいじょぶかね。
 クリスタル・ホワイトは当初からの規定路線だったんでしょうけど。

 大型ソフト連発の夏が勝負ですかね。Soul Sacrificeは冬だそうだ。 

« All your base are belong to us. | トップページ | Diablo IIIはどこで買えばいいのか。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

スマホゲーもモバゲーももう一般大衆に行き渡っちゃったからおわりのはじまりかもね<
そうかもね~と、そのうちコメントしようと思ってたら、すぐニュースになっちゃって書きそびれたぁ。(笑)
ちょ~タイムリー。
コンプガチャに中学生が40万円以上つぎ込んだとか、どうみても50歳以上のおじさんが若者からスゴイと評判になりたかったとか、いろいろですね…。

(英語圏の)MMOの世界では、EAのみがSWTOR(Star Wars: The Old Republic)で定額課金制にこだわっているが、他はアイテム等課金制への移行を進めているという<
うん、これはありましたね。
私は去年の3月いっぱいまでEQ(SOE)やってましたが、既にアノ手コノ手でアイテム課金で稼ごうと露骨な動きが…。
私、馬に代わる乗り物で「クマ」をゲットして喜んで乗ってました。
今思えば、それもちょっとガチャっぽいシステムだったような。
私はラッキーにも1発で無料でゲットだったんですが、知り合いは「麒麟」を欲しくて結局10万円使ったとか…。
SOEの場合、去年その後、例のデータ漏洩事件もあって大変だったようで、SOEグループ内のEQをはじめとするいくつかのゲームの(条件つき)無料プレイも始めました。
ま、焼け石に水ですけど。

PC版ゲームといえばDiablo3なんですが、そろそろ?
日本語サポートがなさそうで残念ではあります。
あのオークション・システムもなんかビミョ~な感じ。一見、合理的には見えるけど、そこまでやる必要あるのかしら。

 ビジネスのM&Aってのは「金で時間を買う」ことなんですけど、MMOのアイテム等課金制はどうにもそれに近い。
 その違和感が強すぎてのめりこめません(モバゲーは最初からしないし)。

 定額課金制なら、会員制クラブと一緒で、(外でどんな身分・立場であろうが)中の人たちの時間は等価値、共有なんですよね。サーバー内で惜しみなく時間を費やす人(極端な場合ハイ・プレイヤー)がレア・アイテム・ゲットの確率が高い。カジュアルだとなかなか手に入らない。

 でもお金で買ったという実感はないから、ギルメン同士で取替えたり(交換)も、ギヴアウェイ(贈与)も自然にできる。とっても合理的。つうかそれこそ人生、社会そのもの。「ファーム」(アイテム・ラッシュの意味と農地の意味)の作物を物々交換、あるいはおもてなしですからね!
 
 アイテム等課金制だと、MMOなら「(ファームしなければならなかったはずの)時間が金で買える」。モバゲーはまったく知らないが、もしかしたら金でしか買えないものがあるんでしょうか。それもまた人生そのものなのか・・・。
 そこで交換や贈与は成立するのか? どうなんだろ。もし交換・贈与が滞るならそこに「共同体」、「社会」は存在しない。

 「社会」のないMMOサーバーってやっぱいやだなあ。そんなところの感覚が遊んでる人たちとは違うんでしょうかね。
 
 ある定額課金MMO、TurbineのDDOですが、1500円/月で私はのめりこんで2アカで3年くらいやったはず。かかったお金はだから10万円。アイテム課金など当時は一切なかったけど死ぬほど楽しめましたね。今は英語版しかなくなっちゃて、定額制(VIP)とアイテム課金(F2P)と二段構えになっている。なかなかクレバーなシステムだと思います。それが最近の英語圏MMOでデフォルト化しているのかもしれない。

 Diablo IIIは日本語サポートないんですか? PC/Mac版しかないから日本じゃ売れないのかな? Blizzardは日本スルーの方針だからかな?
 オークションは、ユーザー同士に任されてブリちゃんが介入しないならいいんだけど。CoDのEliteじゃないけど、またもアイテム課金で儲けようとかしてるんじゃないんすかね?


 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/45209769

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスモデル(笑)。:

« All your base are belong to us. | トップページ | Diablo IIIはどこで買えばいいのか。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31