フォト
無料ブログはココログ

« ニューウェル、Windows8に吼える? | トップページ | 【SWTOR】 Another one bites the dust. »

2012年8月 1日 (水)

キングダムズ・オブ・アマラーほんとに出すんだ。

 Skyrim Dawnguard(ドーンガード)、PC版はいったいいつだよ!と、まあやる暇もないくせに突っ込もうと思っていたら、あちら(北米)では今週末のようです(未確認情報だが)。パッチ1.7ってもうはいったんだろうか。ああ、今見たら勝手にアップデートされてるわ。
 んー、ドーンガード、日本はいつかなあ。

 キングダムズ・オブ・アマラー:レコニング。(Kingdoms of Amalur: Reckoning、KoAR)

 以前知らせてもらった気がしますが、日本語版をほんまに売るんですね!
 しかもPS3版オンリー?(いやX360版もあるようだ)

 PC英語版を冒頭20-30時間くらい遊んでみましたが、Skyrimとも時期的にかぶっていて、その後Mass Effect 3など他のソフトがどしどし発売になって、放置したままであった。
 だがやる気が減衰した本当の理由は、本編コンテンツやゲームプレイではなく、DLCがEA/Originから普通にやっても日本では購入できないことであったのだ。裏技使わないと入手できない(そして私は裏技を使いたくはない)。
 オープンワールドチックなRPGでそれはないよな。

 気になってAmazon.co.jpを観てみたら、「4つの追加コンテンツ同梱」!
 どの4つやねん。 
  
 英語版では、Mass Effect 3とのタイアップ企画の装備は入手し、自動配信の追加シナリオ(なんだっけ、ハウスがひとつ増えるやつかな)は勝手にもらえた。でもそれでおしまい。

 えっと、スパイク・チュンソフト(いまだにそう呼ぶのに違和感がありまくるが)の公式によれば・・・。
 
1.オンラインパス。
   「ハウス・オブ・バロー」の新規エリア・新規クエストというのが英語版では入手済みのはずの無料自動配信シナリオ。
   でも「バロー」って・・・。Valor(武勇)は、「ヴァラー」じゃろうが、と思うけどねえ。発音悪いんじゃない?

2.あっ、「テッド・ケルの伝説」がついている!
   こいつは入手できなかった。英語版では有料だった。
   海賊もの好きな私は、EA/Originのバカヤロ様が売ってくれず本気で悔しがっていたのだ。

3.「ナロスの牙」?
   英語版では有料。ここら辺になると、もうDLCをチェックするのもやめていた。なになに、巨人族?
   べたやなあ。サルちゃん(シナリオはかのR.A.サルバトーレ)、新しい伝説を創るとか気合はいっていたが、べたやなあ。

4.武器・防具セット
   英語版では当初有料、上記2.とか買うとおまけでついてくる。
   一番最初からKoARのメニュー画面に出ていて、かつ入手できなかった。腹立つ。

 PC英語版あったらPS3日本語版買わない個人的な縛りは、DA2ですでに破られた。この際気にせず買ってしまおう。
 ても9月・・・。遠いな。
 
 (きっと気になって、PC英語版を再開しとりあえずクリアしてしまうと見た・・・。だとしたら日本語版買う意味あんましないけどね)

 ちなみにKoARのコンバットは、手応えがしっかりあって、スピーディーで確かに面白い。個人的にはDDのほうが好みだが、KoARのもまずまず捨てがたいっちゃ捨てがたい。コンバットまわりの完成度は充分高いと思う。

 ただ、あのニンジャ・ガイデン・ライクな、デヴィル・メイ・クライ・チックな、ホットドッロ・サムライ的なノリがイヤな人はきっとイヤ。
 私はさして気にしない。

 グラフィック・デザインは元々WoWクローンのMMO用に開発された仕様なので、やたらと原色に近い色彩を用いたWoW似な、あるいはTorchlightぽいファンタジーワールド。ああいうのがイヤな人はきっとイヤ。
 私はとくに気にしない。

 主人公おねえちゃん(野郎も)の顔の造作も「美形」がやりたいとなるとほぼ一択。それでお好みに合うかどうかは運任せ。そういうのがイヤな人はきっとイヤ。
 私は余り気にしない。というかおねえちゃんの造形はそこそこ気に入っている。

 武装関係はいわゆる「拾いゲー」で充実していく。残念ながらどれ拾ってもなんとなーくおんなじな感じでWoWやDiabloのようなわくわく感にはいまいち乏しい。クラフティングもやることは結構あるけど、まあどれもこれも似たり寄ったり、これといった驚きはないかな。そういうのがイヤな人はきっとイヤ。
 私はまったく気にしない。

 シナリオ・・・。サルちゃんがリード・ライターだったというわりには、さすがに破綻こそないけど斬新さには欠けている。
 そこは私はめちゃくちゃ気にする。

 ロア(伝承)と呼ばれる、ゲームワールドの背景をちらちら垣間見させてくれる仕掛け。集めると実益もあるのだが、収集が結構大変なわりには中身がどうかな。

 そして、キャラ・メイキングとファクション(いわゆるギルド、派閥制)・・・。お、これについては長くなりそうなので記事を一つ稼がせていただこう。次回へ。

 下は、このブログの過去記事のひとつ。おお、このときはまだ無邪気にもいずれ有料DLCが買えると思ってたんだな。
 
 http://vanitie3.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-ebaf.html

« ニューウェル、Windows8に吼える? | トップページ | 【SWTOR】 Another one bites the dust. »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/46534713

この記事へのトラックバック一覧です: キングダムズ・オブ・アマラーほんとに出すんだ。:

« ニューウェル、Windows8に吼える? | トップページ | 【SWTOR】 Another one bites the dust. »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31