フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】LeviathanのDLCでまたエンディングが変わる? | トップページ | 【Skyrim】Dawnguard(3) »

2012年8月 9日 (木)

【Skyrim】Dawnguard(2)

 ようやく中盤から終盤くらいを終え、いよいよクライマックスに向かう感じ・・・。 

 第一印象に比べ、だいぶ印象がよくなりました。

 思い返せば、あのソウル・ケルン(Soul Cairn)が嫌いだったんだよな・・・。DAのフェイドとか、ああいうの嫌いなんですよー。たいていのCRPGには必ずあるといっても過言ではない異次元・異世界・夢世界なんですけどね・・・。

20120807_00001
 あんな画像のわかりにくいところで収集クエストやらすなよ、おっさん。ドライアイになりかけたぜ。
 ところで、この男は作中でも有名人だと散々メンションされるのだが、Morrowindのどこかに出てきたのだろうか?

 逆に「なんとかの弓とって来い」のところは好きでした。だだっぴろい凍湖のところでは、「きっとここで出るんだろうなあ」とあらかじめネタが割れていたが、ドラゴン戦面白かった。

20120809_00063
 ドラ×3、手なりでも満貫確定みたいな戦い。

 なぜか味方になったDurnehviirちゃんが参戦してくれて、めちゃくちゃ賑やかなバトルになって愉しい。

 問題は、上空で入り乱れて空中戦やってるドラ三丁(Durnehviirちゃんの他、Naaslaarum、Vaslaarum)が薄暗いせいもあって、ぜんぜん見分けがつかなかったことだ。
 二回か三回、Durnehviirちゃんを撃ってしまったかもしれない。アンデッドだから死ぬこたないとは思うけど。フレンドリー・ファイアー許してにゃん!

20120809_00069
 そう言えば、本編に出ていなかったのが不思議なくらい。氷雪地帯ものの定番中の定番。

20120809_00091_2
 ビッグ・ボス・ファイトもいいんですが、私は、こういうしっちゃかめっちゃか系のバトルが大好きだ。

20120809_00090
 こういうときに、ソウルジェム用ソウルを稼ぐ。大豊作であった。

20120809_00122_2
 いきなりネック・ハンギングとは意表をつかれました。ヴァンパイアってのは腕力も常人離れしてんですかね?

20120809_00143
 オーリエルの弓(Auriel's Bow)ゲット。

 おまけも満載で、遣り残しも多々ありそうですが、いっぺんクリアしちゃおうっと。
 まあまあよくあるお話になりそうで、なんとなく、どんな展開かわかってきちゃったけど、Bethesdaのシナリオは格段に進歩しましたよねえ。MorrowindやOblivionあたりにはあった、ちょっと手抜きくさい青臭さがまったくなくなった。 なんてことないせりふにも、ちょくちょくクスグるの小ネタもはさんでくるし。 

 クリア20時間ってのは、裏表じゃなく、やっぱ一周あたりのことだったのかな?
 初期にお遣いクエストをやり過ぎたのが、ここまで馬鹿みたいに時間かかった原因。

 ヴァンパイア編でもう一周やるとすると、20USDでも元は取れそうなかんじー。

« 【ME3】LeviathanのDLCでまたエンディングが変わる? | トップページ | 【Skyrim】Dawnguard(3) »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

Dawnguardを買いましたよ~。2キャラ目で挑戦。
Questだけじゃなく、いろいろ新しい要素あるのは楽しみですね。
雪景色を眺めて2℃くらい涼しく感じるといいなぁ。

そだ、Vaniさんに質問。「Hack&Slash」の意味です。
最近の日本の一部では、レアアイテムを集めるゲームという解釈があるらしい。
それって、ホント?
う~ん、私的にはしっくり来ない。
それだったら、わざわざ「Hack&Slash」という言葉を使う必要ないじゃんね…。

 ドーンガード、氷雪世界と暗闇世界ばかりなんで、2℃どころか、けっこうヒンヤリしますね。

 ハック・アンド・スラッシュは、そのまま「ちゃんちゃんばらばら」でしょう。D&Dが(他のTRPGに比べ戦闘ばかり重視すると軽蔑される場合)そう呼ばれてましたね。

 でも、Diabloあたりのハクスラが「拾いゲ~」元祖になって、Dungeon Siegeとか、Divinityシリーズとか、Sacredシリーズとかが続いて、デ・ファクトで「ハクスラ」=「拾いゲ~」になったんですかね。
 よく考えれば、ハクスラなのにルート何も拾わない、っていったい何すんだよ、って気もするから。
 
 ヴィデオゲーム用語は標準がはっきりしないから難しいね。

 例えば「マンチキン」(Munchkin)も元はD&DなどのTRPGで「DM(GM)に対して、アイテムなんでもくれくれいう、ゲームの雰囲気を度外視した自分勝手なあほ」の意味だったんですが、日本で「マンチ」は「ルール上で許される限り最強を目指す人」の意味になったらしい。まあ「最強厨」って揶揄されるんだろうけど。
 
 「タンク」(tank)も、和製ではファイター系=タンクみたいに言う場合あるけど、本来剣+盾(BnS、Board & Sword)でかつインチミデイト専門のタンクのみを指してたはず。「ダメージ・スポンジ」ってだけの意味じゃなかった。逆に「DPS」(damage per second)はそのままDPSで間違いようがないですね。数値で出るわけだから。
 
 MMOの「ラン」、「ラッシュ」も和製かな。あちらでは農場の「ファーム」、gold (pratinium/item)farmingですよね。
 和製用語では、「野良」は結構いかしてるなと思ったけど、PuG(Pick-up Group)とは微妙にニュアンス違うね。彼我では「ギルド」の意味合いが違うからかな。
 
 用語は輸入されたとたんに意味曲がりますからねえ。通じりゃいいっていえばそれまでだけども。 

どもども、丁寧にありがとうございます。なるほどスッキリしたかも。

評判・人気になったゲームの要素が影響する場合もあるってことですね。
MMOでも使うゲーム用語は、なんか懐かしいですねぇ。
私は、野良パーティーが大好きでした。

>用語は輸入されたとたんに意味曲がりますからねえ

まぁ、その時点で自分に都合の良い解釈したいだろうし、カッコイイ呼び名にして広めたいこともあるでしょうね。
しかし、直訳からかけ離れた解釈って、言葉に定着する意義はないというか、言葉として上手くないなぁ…。

 文化、文脈が違うから、輸入したものの意味・概念が正確に同じわけないんですよね。中身までどんだけ曲がるかというとたとえば。

 Baseball→野球
 柔術(柔道)→Jujutsu, Judo
 Curry→カレーライス
 寿司→Sushi
 拉麺→ラーメン
 
 文化輸入で言えば、かつて海外の情報が少なかった頃、どっかの胡散臭いおっさんのいい加減な「権威」が平気でまかりとおって、すっかり間違えた概念を伝えてた時代と違って、今はネット時代で、外国語のわかる人口も増えたから相互チェックが入る。あきれるほとひどいのは減ったと思いますよ。

   

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/46639163

この記事へのトラックバック一覧です: 【Skyrim】Dawnguard(2):

« 【ME3】LeviathanのDLCでまたエンディングが変わる? | トップページ | 【Skyrim】Dawnguard(3) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30