フォト
無料ブログはココログ

« キングダムズ・オブ・アマラーほんとに出すんだ。 | トップページ | 【ME3】The Devil and the Deep Blue Sea »

2012年8月 1日 (水)

【SWTOR】 Another one bites the dust.

 表題は古いかな。Queenの名曲のタイトル。日本語は「地獄へ道連れ」だったか。 

 この場合の意味は直訳では「また一人、やつに撃たれて倒れていく」。本意は「僕はまた打ちのめされに行く」

 Star Wars: The Old Republic、フリー・トゥー・プレイ(F2P)化。今秋からF2Pオプションが増設される。

 WoWの牙城、ついに切り崩すことはできなかった。"Another one bites the dust."

 http://www.ign.com/articles/2012/07/31/star-wars-the-old-republic-going-free-to-play 

 もたなかった。半年もたなかった。
 ちなみに私のローンチ・ボーナス1ヶ月つきの6ヶ月課金は、つい先日失効しました。

 BioWareのGM(ゲームマスター)、Matt Bromberg のお言葉。 

**********

 SWTORのサブスクライバー数に減少が見られているのは確かだが、今回の決定はそれが理由ではない。MMOのマーケットではF2Pがすでにもう標準になっていること、そして、スター・ウォーズのファンである数百万人の潜在的な新規プレイヤーが、このゲームをまだ試していない理由が定額課金という障壁のせいではないかと考えているからだ。

 また我々のリサーチによれば、ローンチ初期にSWTORをプレイしていながらすでにゲームから離れた者たち(訳:私もひとりか)の中には、定額課金という障壁がなければ、後に追加されたコンテンツを試してみたいと考えている者も多い。 

 マーケットの動向と、プレイヤーたちの声から、我々にはアクセスのしやすさこそが求められていると考え、それに対応していくことにしたのだ。 

**********

 MMOのサブスクライバーが、ローンチ以降に徐々に増えるなんてことは、まずありません。今後どれだけコンテンツを拡充しても、イニシャルの会員数を保持するのが精一杯で、後はどんどん減っていくばかり。

 例外は、このようにF2Pに移行したケースで、MMO老舗御三家であったTurbine(ターバイン)のDDOもLotRもぼろ儲けらしく、DDOに至っては、完全新規パッケージ(アンダーダーク編)を開発する原資まで手に入れたようだ。 

 なぜ定額課金制がF2P(その実態はアイテム課金制)に負けるか。ここでは散々書いてきたので、もうくどくど述べません。一言で言えば、ユーザーそれぞれのお財布事情にあわせて、支払うつもりがあるだけ吸い上げることができる仕組みだから。ウェブゲーもモバゲーも同じですね。 

 「MMOのマーケットではF2Pがすでにもう標準になっていること」、それがわかっていながら、EA/BioWareはなぜ定額課金制に固執したのだろう。

 定額課金制でなければ、WoWに戦いを挑んでたとえ成果をあげても勝ったことにはならなかったからでしょうか。
 Lucas Artsが「安売り」のイメージを許さなかったのでしょうか。

 開発費2億USDの回収が定額課金でなければ難しいと思ったのでしょうか。ところが、前にも書いたように、開発費を運営フィー(課金)のあがりで賄うってのは、投資としては邪道なはずです(だからほとんどの定額課金MMOは邪道です)。

 本来パッケージ売りで回収しなければならなかったのだが、60USD*パッケージ200万本売ったとして1.2億USD。筋悪な投資になってしまったようだ。 

 WoWが今後も安泰かどうかもわからない。だがWoWにしても、定額課金だけではなくF2Pなどラインナップを拡充しているはずである。

 MMOの将来がどう転んでいくのか、正直まったく興味がない。

 ただし今回の件によってBioWareの他のRPGタイトル、特にDragon Age 3の開発に影響が出るのかどうか、大変気になっているところです。

 

 なお、以前のサブスクライバー(私だ)がカムバックする場合は、現行プレイヤーと同様に、F2P以降後に用いることのできるゲームない通貨をプレゼントされるようだ。

 http://www.swtor.com/free

 あたしも、ちょっとのぞいてみっかな・・・。

If you're a previous subscriber and decide to come back, you'll get benefits. Current or previous subscribers will earn 150 Cartel Coins for each paid main before July 31st, 2012, while anyone who bought the Special Edition will get an additional 1,000 Coins.

 

« キングダムズ・オブ・アマラーほんとに出すんだ。 | トップページ | 【ME3】The Devil and the Deep Blue Sea »

Star Wars: The Old Republic」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

SWTOR、ついにF2P化ですか・・・。私は6月末くらいまでプレイしていたのですが、最後のほうにはもうゾーンに自分1人きりが標準になっていました。クラスクエのストーリーやコンパニオン関係はBiowareのお家芸だけにとても面白かったのですけどねえ。それ以外の部分がねぇ・・。
私はシス側で遊んでいたので、F2P化したらジェダイでちょっとだけ遊んでみようかなーと思いました。

>"Another one bites the dust."

うまい!
「お~い、山田君、座布団1枚あげとくれ」
前述KoARのカート・シリングも「WoWに一泡喰らわしてやる」みたいなこと言ってたらしいからなぁ。
シリングだから渾身の1球を投げたけが、造作なく軽くセンター前にヒットを打たれた、といったとこでしょうか。
いや、ピッチャー返しで急所を直撃か。

数の論理、寄らば大樹の陰というのもわかるけど、WoWもどうなのかなぁ。
MMOの場合、1年・3年と続いて上手く生活のリズムに乗っちゃうと、わざわざ他の新規ゲームにコロコロ乗り換える必然性を感じない、ってのあるんじゃないかしら。
中で遊んでる人が世代のギャップを感じ始める時が転換期だったとしても、もうちょい先なのかもしれない。

E様
 
 ソロプレイは結構面白かったんですよね。まあ、陳腐な部分ももちろんあるけど、8種類存分に楽しめました。(実際には裏表似てるので4種類かな)
 まさに私もF2Pになってからちょこっと復帰するつもり。

 でもねえ、結果的にWoWクローンなのに、なんで2億USDかかったのかなあ。

 KoAR、結果論や思い付きじゃなく船頭多くして船エベレスト頂上に登る、はずっと前に予言してたんですよね、私。
 ヒットを打たせる(単打で済ませる)のは、長丁場+敵が固定していない大リーガーのピッチャーではダメージ・コントロールに優れていると見られる特殊技能らしいですよ。よって、例えるならワイルドピッチ。急所返しも、いけてるけど(笑)。かつての落合じゃないんだから狙ってはできない。(伝説の東尾ビーンボールに急所直撃で報復事件)
http://www.youtube.com/watch?v=QOV4FprSKV4
 東尾、ざまーみろ!
 
 WoW寄らば大樹。まったくそのとおりでしょう。宇宙でもっとも強力な力が「惰性」。えーと、ほんとは「愛」の次(笑)。
 SWTOR、ローンチ前にあちらのアナリストが「300万人プレイして成り立たないなら、終わってるよな、俺らも含めたこの業界」とのたまっていた。
 200万人から150万人がプレイしていてもSWTOR「終わっている」んですよ。業界が終わってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/46544785

この記事へのトラックバック一覧です: 【SWTOR】 Another one bites the dust.:

« キングダムズ・オブ・アマラーほんとに出すんだ。 | トップページ | 【ME3】The Devil and the Deep Blue Sea »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30