フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】Mass Effectフルセット・オンPS3! | トップページ | 【ME3】噂の真相 »

2012年9月29日 (土)

みんなの国家

 日本語版Mass Effect(一作目オリジナル)はとっくにあったということを失念していました。

 よってPS3のME一作目の翻訳ソースもあるっちゃあるんだね。なら話が早い。
 くだらない版権問題でもめなければ。
 
 偉そうに知ったかぶりのブログを書いているからといって、Dragon AgeシリーズやMass Effect三部作の、膨大なCODEXの記述を隅々まで熟知しているわけじゃない。というか、年をとるとそういう能力も気力も減っていく。 

 昨今日本で騒がれている生々しい話について書いても読者は引くだろうし、私自身もこんなところ(場末のゲームブログ)でイデオロギー(アイデオロジー)問題をやるもんじゃないとわかっているし、なにかもっともらしい「意見」を表明したところで、なんにもなるわけじゃない。

 
 むしろサイファイ(SF)やヒロイック・ファンタジーは、そういった世の中の問題を間接的に扱う「寓話」であるから、人気を博してきたわけで。むき出しの(みもふたもない)議論なんて、本来政治家がやるべきなんだ。そのために税金で食わせているのだから。一般国民は「そんな政治みたいな、しょーもない、どーしようもない事柄をそっくり他人に押し付けることができる」幸福をかみ締めていればいい。

 だから、DAやMEのCODEXなどにひも付けて、昨今の政治状況でも茶化そうかと思ったが、さすがに無理だった。自分自身、相当肩に力が入ってしまっていることがわかった。

 あまりに最近の世の中がケイオティックで面白いので、ここのところ新聞各紙を読むようにしている。「バランスを取る」なんて、格好のいい理由ではなく(お気づきのとおり私はアイデオロジー的にはかなり偏っている)、「やつらメディア連中は、今度はどんな感じで騒いでるのかな、煽動しようとしてるのかな」という100%興味本位の態度である。

 例えば某マルタイナショナルな日本の自動車メーカーのVIPが大陸国における会合に参加しなかった。「大陸国がフライトの許可を出さずに嫌がらせした」(産経)のか、「専用ジェットの離陸が間に合わなかった」(朝日)だけなのか、本当はどっちか知らないが、かほどさように出来事はどっちにでも取れる。「編集」とか「紙面づくり」というものは、そのように「読者をいかに自説に有利な議論(右左)に誘導するか」と言う意味であって、「わかりやすい、親しみやすい」ニュースを提供するものでは断じてない。

 「編集」は悪である。
 

 ひとつ気になったエッセイがあった。「日本人は国を思わなくなった、『国民』というよりみんな仲間になった」というもので、検索すれば出てくるだろう。金払え言われるかもしれんが。

 エッセイの本旨はこんな感じ。

 「『みんな』の結集はワンテーマの場合のみ起き、みんなにリーダーはいない。みんなが結集してできることもあるが、(リーダー不在であるから)おのずと限界もある。その先に政治家がやらなければならないことがあるのだが、みんなの時代、リーダーに求められる資質は(パワー・権力重視の「自分についてこい」といった)過去のものから変わってきている。必要なのは決断力と、同時にみんなの声を拾い上げる力であり、みんなと喧嘩をしても平気な信念を持つことである。そのような、みんなの時代を理解できない政治は大丈夫か?」

(「ワンテーマ」とは政治的なワン・イシュー、一般に意見表明に白黒つけやすい事柄で、古くは安保から、核燃料発電、島嶼問題、格差貧困、社会保険・税などのこと。「みんなが結集してできること」とは、例えば震災後のボランティア)
 

 ま、このエッセイを意識的に「誤読」した掲載新聞のサブタイトルが「『上から』のリーダーは終わり」というのもあからさま過ぎて笑っちゃう(もちろん「誤読」することが読者の自由であることはわかっている)。今一番誰が「上から」ものを言っているのか、誰が一番「みんな」から遊離しているのか、誰が「オピニオン・リーダー」という地位を詐称しているのか。系列テレビ局のニュース・キャスターがダントツで「嫌われ者」ナンバーワンなのはなぜか。自らを振り返りもできずに、その物言いは笑止である。

 「上から目線」でものを言い、既にあらかた喪われた社会の木鐸としての「権威」とやらに如何ほどの意味が残っていようとも、 それはすでに形骸である。敢えて言おう! (略

 でも、気になるところはそんなところではない。そんな話題はもう世の中に何十万とおられる他の方々に任せる。

(このように自分で書いてみるとわかるけど、朝日新聞批判なんて、誰だって、それこそいつまでも、どれだけ長くもできちゃうんだよな。だからこそ自重しなければならん、やすきに流れてはならない。いくら愉しいからといってその快楽に耽ってはならない。たかがどーでもいいゲームブログでも最低限の矜持は守ろう)
 
 気になるのは、「国民」でなくなった理由、本文では「国民という括りが日本人の中から遠くなっているように思う」と触れられている部分だ。

 その理由は、なんとここ数十年の日本人には「敵」がいなくなったからである、と私は理解している(もちろん受け売りだ)。
 「国民」は「国家」にしか存在しない。「国家」は他の国家が存在しなければ存在しない。いや、敢えて言おう!(くどいな)、「国家」は「敵」が存在しなければ存在しないのだ。
 「国家」というものは、そうやって発祥した。
 

 だから、大陸国・半島国がケイオティックな状態になっている今の状況を見て、日本人の多くは、かの国の者たちは「なんであんなに怒っているんだろう?」と「そのメンタリティを不思議に思う」のである。 
 「敵」のいない人々にとって、そう思うことがごく自然で「普通」なのだ。(もちろん、「敵」がいないと考えている人々は世界中にもそんなに多くないので、その点では「普通」ではない) 

 筆者は「日本の『ナショナリスト』と言われるような人たちは、まず同朋である日本人の不甲斐なさに対して怒る」と述べている。
 
 これもごく自然なことである。「ナショナリスト」が「ナショナリスト」たるゆえんだ。いや、狭義の「ナショナリスト」とは、「同朋の不甲斐なさを糾弾し非国民扱いする者」とまで定義しちゃってもなんの問題もないだろう。
 筆者がずるいのは(意図的であるとすればだが)、「日本の」とくっつけているところだが、これすらも万国共通である。

 これは、この手の議論と距離をおきたい理由のひとつでもある(くりかえすが、私自身ノンポリではない)。
 なぜなら、そういう議論は、まず「敵」を作ることからはじめることになるから。

 そして、ゲイダーさんの説ではないが、インターネットは本当に簡単に「敵」を作ることができる仕掛けだ。
 WoWなどのMMOが仲間を容易に見つけることができる「お友達月額レンタルシステム」(Byペニアケ)であるなら、インターネット全般は「仇敵発見・殲滅(Search and Destroy)システム」として非常に有効な手段なのである。何を指して言っているか、そこらへんの状況は某掲示板を決して見ない私なんぞよか、皆さまのほうがずっと詳しいだろう。
 

 「アラブの春」も(これは欧米の?)メディアの捏造であったことがハッキリしてきたが、やっぱりTwitterはあくまで通信手段であった。インターネットは「善」のシステムであるともてはやし、一時は例えば悪の企業の代名詞であるGoogleが「世界平和」は自分たちの手柄のようにいいたてていたが、昨今のイスラームの騒ぎを見れば道具は遣い方でいかようにでもなることがわかる。そんなわかりきったこと、わざわざ言うほどのことでもないが、私がどうしても「ほらみたことか!」と言いたいのは人間の性(さが)であるから仕方がない。
 

 エッセイの筆者は作家の橋本治氏である。別段彼の著作に興味は沸かないが、このエッセイはまあまあ読んで得した気分であった。金出して朝日買ったんだから、すこしは回収しないとね。

 紙面構成上そのすぐ下にあるこどもニュース出身の池上なんとかの「なんか揉めてますね、でも、とりあえず関係ありそうなコネタ、雑学たくさん仕入れていればOK」みたいなのはどんなに時間があっても読みはしないけど。雑学では人の心は動かない。読むだけ時間の無駄である。
 
 

« 【ME3】Mass Effectフルセット・オンPS3! | トップページ | 【ME3】噂の真相 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 橋本治のファンです。現在の日本の評論家の中では一番頭いいんじゃないかとすら思ってます。評論もいいけど小説も最高です。お薦めは評論だと「貧乏は正しい」で小説は「桃尻娘」シリーズです。「双調平家物語」なんかは文庫で16巻もあるのに平家が出てくるのは6巻目ぐらいという凝り性。

 じ、時間があれば読むことにしましょうかねえ(笑)。同じ日だったと思いますが村上春樹氏もエッセイを載せていたようです。

 内田樹氏が橋本氏をよく話題にしていたのは記憶にあるのですが、あの人の勧める日本人作家のものは、あまり読んでいない。ただ橋本治氏はいわゆる専門家が誰も論評したがらない(だから内田氏なんかに出番が回ってくる)という話は覚えている。学芸関係の記事がなんと過去ゼロ?であったとか。
 よくわからないこと(恥をかきそうなこと)には手を出さない、なかったことにする。島嶼問題なんかも自分がどんなドジやらかすか怖いからビクビクして手を出さない。

 新聞などに「意見」(あるいは意見がないこと)を表明するだけでも、大変なことなんですね。
 なにもせず、しっかり塹壕に隠れている人を探すと面白いかも。


 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/47249354

この記事へのトラックバック一覧です: みんなの国家:

« 【ME3】Mass Effectフルセット・オンPS3! | トップページ | 【ME3】噂の真相 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31