フォト
無料ブログはココログ

« 【DA3】妄想のお時間(2) | トップページ | 【DA3】DLCでエルフ主人公?(ないな) »

2012年10月24日 (水)

Kindle Fire !

 とっとと予約しちまおう。Kindle Fire HD! 32GB!

 自分へのご褒美!(おええっ! このアメちゃん風モチヴェーショナル・スピーカー的インセンティヴの発想って、いったい誰が輸入したんだろう?)

 きたきた、黒船きた。

 Vitaのコミック・リーダーで結構な数のコミックを買ってしまったことをすでに後悔している。

 まあでも、「銀魂」を寸止めしておいてよかった。コミックの品揃えもきっとAmazonのほうが上か、少なくとも同じだろうし。 

 いや待て、コミックを読むんだったら別にVitaとリーダーで済む。

 私は分厚い洋書を持ち運ばずとも、Kindle Fireのみ携帯していればどこでも読める享楽を存分に味わいたいのだ。いや実のところは、読んでいようがいまいがあたかも読んでいるようにみえるような感じを見せびらかしたいのだ。

 それならPaperwhiteひとつで十分ではないかと?

 もちろんそうよ! つっか日本語の分厚い書籍なんてKindleで読まないし、文庫・新書は依然として紙の本で読むつもりだから、英語原書の専門書とか、ハードカヴァーの小説読むくらいにしか使わないの。あー、あとゲーム公式ガイド。最近のはくそ分厚いすからね。Dragon Age: World of Thedasも読めるかなあ。Dark Horse Comicsだからダメかなあ。

 あと、映画タイトルの品揃えには確かに興味あるけど、タブレット・ゲームとか笑止千万だし、オーディオもさほどねえ・・・。

 でも欲しいの。

 お、Kindle Fireのカラフルなレザー製カヴァーもくそ高いなあ! オーディオまわりもぼったくりだね。 

 そういう周辺機器類もとりつかれたようにぽいぽい買い物カゴに放り込む。

 そういえば、先日ついでに買ってみた次の本もデジタルで出るのかなあ。

 「薔薇の名前」の著者として有名なイタリアの記号学者ウンベルト・エーコと、「ブリキの太鼓」などで知られるフランスの脚本家ジャン・クロード・カリエールの対談本、「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」。

 この書籍、実際の題名は訳者によれば、イタリア語で「本から離れようったってそうはいかない」という意味だそうですが、「電子書籍の登場で紙の書籍はどうなるか?」などという、そこらの日本のマスコミが楽しそうににこにこしながら(自分たちも近く滅んでいくかもしれないのに)騒ぎ立てている浅はかなテーマを扱っているのでは当然ないわけです。

 一言で言うとテーマは「書籍とはなんぞや?」ですね。あるいは「書籍なるものに耽溺してきた人間とはなんぞや?」かな。 

 書物が建物を滅ぼす。印刷術の発明により大聖堂が滅ぶ。つまり宗教などの思想は一堂に会した群集が権威者からご高説を賜る形で伝達されるかわりに、紙とインキからなる安価な書物で伝播するようになった。
 文化の象徴としての権威は零落したかもしれないが、大聖堂はなくなりはしなかった。映画によって絵画が消滅したわけでもないし、テレビによって映画が滅んだわけでもない。
 実用と習慣が並存し、選択肢が拡大していっているだけの話である。

 だから電子書籍の普及は大歓迎するべきものなのだが、むしろその登場によって、それを手に入れることで何を得て、そもそも何を失うのか。

 対談を企画し、進行役を務めたジャン・フィリップ・ドナック(編集者ですかね)が序文で述べているように、そういうわくわくするような主題を掲げているのです。だから買ったんだが、まだ中身はあまり読んでいないんだ。ごめんね。

 ただ、おふたりかなりのご高齢ということもあって、コンコルド(覚えていますかねえ、あの超音速旅客機)だってなくなったんだから、インターネットだってどうなるかわからん、という発言もしている。それには正直噴き出してしまいました。それとこれとは話が違うでしょうにね。

 (正直言えば、目次の最終章の表題が「死んだあと蔵書をどうするか」となっていて、それだけを読みたくて買った。ふたりとも稀代の稀覯本蒐集家であるそうだ。この部分のお話は確かに面白かった)

 ともあれ、食わず嫌いほど人生にとって損なことはない。まずKindle使ってみて、うわあ、ダメポということが判明したなら、怨嗟の声を書き連ねることにする。

 よっしゃ、あとはMSのSurface待ちだな!(それこそ冗長、リダンダントちゃうんかい!)

« 【DA3】妄想のお時間(2) | トップページ | 【DA3】DLCでエルフ主人公?(ないな) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

今注文しようと思ったんですよKindle。持ってるけど。
「お届け予定日: 2013年3月10日 - 2013年3月12日
Kindle Paperwhite¥ 8,480数量: 1 変更 この商品の発売予定日は2012年11月19日です。」

……無いわ-。品薄商法?iPad Mini出ちゃうよ。
確かにKindleの方が圧倒的に字は読みやすいですが、来年の3月まで待てるようなら英語版買ってませんて。止め止め。
Vanityさんの注文した時は、お届け予定日もっと早かったですか?

あれ? 品薄商法こそジョブズ譲りのアップル定番商法では?(あと常習犯は日本ではサントリーね) 
 私はKindle FireHDを注文したときは配送クリスマス(12月中)でしたけどねえ・・・。

 実は、Whitepaper3Gもほしくなって昨日買い物籠には入れてあったのですが、クリックを逡巡していた。そのときは12月配送でした。これが配送3月になってるのかな?
 実験台、人身御供で注文してみましょうか?
 ああ、3月になっちゃいましたね、たった10時間くらい逡巡した結果がこれか・・・。

 んー。私の人生は失敗の連続とはいえ、こんなドラスティックな差別はしんどいですねえ。
 アメリカの工場管理なんてこんなもの。やつらには複雑な工程管理は無理(自分で作ってないしね)。
 割り切るしかないかあ・・・。
 (って、Kindle Fireはまだ12月大丈夫ではないかな?)
 

一夜明けて、本日のぞいてみたらWhitepaper3Gの本体は11月配送が復活していたので、予約しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/47575228

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Fire !:

« 【DA3】妄想のお時間(2) | トップページ | 【DA3】DLCでエルフ主人公?(ないな) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31