フォト
無料ブログはココログ

« クラス、パーティー。 | トップページ | Project Eternity 日の目を見ない正義か。 »

2012年10月11日 (木)

Project Eternityのカテゴリーはじめました。

誰も見てない 気にしていない
Obsidianが誰なのか
誰も知らない 知りたくもない
Project Eternityがなんなのか

(「デビルマン」EDテーマのメロディで)

 投資家(Backer)のコメントで、日本語翻訳についてもメンションされていたようです。日本語版を要求するという文脈ではなく、次のような話。

**********

(とあるBackerが、自国語(何語かまではフォーラムを読まないとわからない)の翻訳版が出ないので、自発的に翻訳を(有償で?)買って出るつもりらしい)

 「ストーリーが深化すればするほど、ノンネイティヴにとって英語が難解になっていくから、翻訳版が望ましいのは間違いない。
 Backer仲間で自主的に翻訳したらどうだろうか。なぜなら、仮に翻訳言語を増やすのであれば、君の要求する言語より大きな潜在的市場を有する言語がある。たとえばロシア語や日本語など。(後にロシア語版とポーランド語版は正式にリリースされることが決まった)

 ファンに有償で翻訳を依頼するとした場合には次のような問題がある。コンテンツにはネタバレが含まれるから情報管理が必要になる。出来栄えが優れた翻訳かゴミであるか見極める専門家の目も必要である。そんな翻訳家にゲーム全体を監修させることが可能かどうかもある。
 また翻訳作業に立候補したファンのうち誰を選ぶのか。機会を平等に与えるのか?代償はいくらが適切か?求められたすべての言語に対応するのか?
 
 たとえば、まず小手調べにネタバレに問題のないリストを翻訳させてみる手はある。メニュー画面、スキル詳述、様々なロア(伝承)など。それらの翻訳が優れていたら、今度はプロローグとかゲーム初期の段階のストーリーを訳してもらう。それも満足いくものだったら、今度はゲーム全体を有償で任せる。そういう方法があるかもしれない。
 
 このように、お手軽で問題のない翻訳を手に入れて、販売権を手放さずに済むこともできる。「カタワショウジョ」(Katawa Shoujo)の第一章がどれだけの数の言語に翻訳されているか知っているかい? それですら発売元の会社は誰にも金を払っていやしないんだよ!(文中の作品は日本発同人ソフト。調べる場合は自己責任で)

**********

 ローカリゼーションに関わる話題ですが、ビジネスとして組織だってやるならともかく、たとえば顔見知りの外国語の得意な、暇な好事家の学生仲間がそれなりの数たまたま集う場合、そういう極めて稀な場合を除いて、こういう自発的な試みがうまくいくとはとても思えないのです。現にうまくいったものなんてそんなに数多くない。
 

 問題は外国語の力なんかじゃないんですね(外国語ができない人も十分やることはあるのだ。日本語(自国語)のアラを見つけることができる)。
 人間であれば誰しもが、最初に花火やアドバルーンを上げることには非常に長けている(ただ騒げばいいからね)。でも、いざはじめたら、ごく少数の者に負荷が集中する(外国語の力の問題もあるが、むしろやる気の問題)。そうして完成までの残り20%で結局挫折する。なぜなら、そこが一番のハードワークを要求されるところだから。途中で放り投げた他人のケツをふいたり、(シナリオが数多くのファイルに分解されているヴィデオゲームの特徴であるが)意味がまったく通じなくなっているスクリプト同士をつなぎ合わせたり、全体的な矛盾をひとつひとつ潰していき、トーンを整合させる。タイム・コンジューミングで根気が必要でかなり難しい作業だが、まったく脚光を浴びない汚れ仕事である。BioWareのゲイダーさんもかつて同じことを言っていた。

 ビジネスが有利なのは、そういう残り20%のゴミのような仕事でも難なくこなせる体制があるから。逆にいえば一定の「品質」を担保できる手段が他にないから「ビジネス」という形態が必要になる。

 
 (CRPGのスクリプトの膨大な分量的をすっかり無視すれば)翻訳は一人でやったほうがずっと楽であるのも確か。人それぞれによって違う職人芸の世界だからね。

 だからProject Eternityの日本語ローカリゼーションは、スパイクチュンかどこか真っ当なところが手掛けねえかな、と思っているんだけどね。
  

« クラス、パーティー。 | トップページ | Project Eternity 日の目を見ない正義か。 »

Project Eternity」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/47407572

この記事へのトラックバック一覧です: Project Eternityのカテゴリーはじめました。:

« クラス、パーティー。 | トップページ | Project Eternity 日の目を見ない正義か。 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31