フォト
無料ブログはココログ

« Project Eternity これがオールドスクール派の威力なのかあっ?! | トップページ | Project Eternity クリス・アヴェロン インタヴュー »

2012年10月17日 (水)

Skyrim Hearthfire/Dragonborn

 すっかり忘れておりましたが、SkyrimのDLC、HearthfireがSteamで買えるようになっていた。

 ちょっとやってみたけど、まだいまいち全貌がわかりません。

 結婚して定住していたり、内乱のクエストを進めていたり(よって領主が交代してしまっていたり)すると、領主から土地を売るというオファーを受けることができないのだろうか。
 (確認:そういうことはないけど、そういうことではないことを理解するまで相当歩き回った。)

 それから、土地を購入して、おうちがスパスパ出来上がっていくのはいいのだけれど、ぼーっとやっていくと人様と似たり寄ったりになってしまいそう。オリジナリティがなかなか出にくそうなシステムではないか。

 うーん。これって極めれば楽しいのだろうか・・・。 とりあえず三人のドラゴンボーンで別々の土地を買ってみることにしたけど、きっとどれも人里離れた不便な僻地なんですよね・・・。

 もともと、どのゲームでもマイ・ホーム、マイ要塞の管理とかあまり気合を入れてやらないもので。もう少しちょっとしたクエストとか絡めてもらったらドライヴがかかってよかったんだけど・・・。

20121017_00004
 私は家を建てたことはないのですが、親が建てた時のテンションは正直異常だった。
 リアルでこれは相当嬉しいらしいですね。

 ま、このくらいまで出来上がったくらいで(棟上げの寸前になって)親父が転勤を命じられ、一家揃って悔しさで泣きながら屋根のない家で寝袋で寝るってのもサラリーマン哀歌にはあるのですが。泣ける。

 それ以外にも、以前購入していたわが家の内装を改造できるようなオプションが増えているらしい(ホワイトランの分しかまだ見ていないけど)。でも「アルケミカル・ラボを子供部屋に改造する」というオプションをほいほい購入しそうになって、あわててクリックを寸止めした。

 それやっちゃうとラボに大量に保管してある素材や持ちきれないポーションの山が一瞬で消えてしまうんだろうな、きっと。主人公によってはクリムゾン・ナーンルートを集めきっていないので、まだかなりの数が保管されている。後からきれいになくなっているとか気がついたらキレそうになっただろう。

********** 

 そんなことよりも、Skyrim次のストーリーDLC。

 うわさでは、"Dragonborn"なる名前とか?

http://www.gamespot.com/news/next-skyrim-dlc-called-dragonborn-6398319 

 これは、DA:OのDLCであればGrey Warden、DA2はMr/Ms. Hawke、Mass EffectはCommander Shepard、Fallout 3はLone Wanderer、New VegasはCourier、Dragon's DogmaであればArisenという名称であるのと同じことになるわけだが。

 そんなのでいいのかしら?

 Version1.8パッチのソースコードから発掘された情報らしい。だとすると「コードネーム」、「仮称」なのかと思ったら、あちらでは商標登録までしているらしい。

 噂では物語の舞台はSolstheimというSkyrimの東方にある島。The Elder Scrolls III: MorrowindのエキスパンションパックであったBloodmoonの舞台と一緒である。気候や風土的にはSkyrimと近い氷雪の寒冷地である。

 それが本当なら都合よく「島」ということで、あのSkyrimのマップから独立しているDawnguardと同じ形式。

 ライダブル・ドラゴン(なんというのでしょうか、騎乗できるドラゴン?)はGameSpotの冗談じゃなくて本当に出て来るそうだ(本編でもドラゴンに乗ることはできたけれど、操縦まではできなかったはず)。ライダブルっていうのだから操縦できるんでしょうね? 

 なんですかね、よくあるパターンとしてはもうひとりのDragonbornとか? でも、Elder Scrolls Wikiによれば「同時代にふたりも登場することはまれである」となっているしなあ。

"Dragonborn scarcely exist, and it is rare for more than one to appear within an era."

 それとも本編の主人公ドラゴンボーンが、そもそもなぜ選ばれたのか、その説明ってありましたっけ? そっちを掘り下げるのだろうか。

 トッド・ハワード氏は、「今後のDLC(エキスパンション)は長めのものをいくつか出す。短いものを何本も出すようなことはしない」と方針を語っていた。

 とりあえず、これ(ストーリーDLCではふたつ)で最後と考えていいのか? それとももう一本くらいあるのかな?

« Project Eternity これがオールドスクール派の威力なのかあっ?! | トップページ | Project Eternity クリス・アヴェロン インタヴュー »

The Elder Scrolls: Skyrim」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

私はMMOのEQで家作ったことあります。EQ2には古くからあって有名だったらしいのですが、EQ1は私の引退の半年前くらいにようやく導入されたのです。
家作りを頑張るとゲーム中のお金はもちろん、リアル・マネーもかかるという罠。
ん~、執着の仕方は、意外と男女でも違うかもしれない。
男性は、企画モノというか、面白さの追及・ウケ狙いに走るけど、すぐ飽きる傾向がありますね。
女性は、あくまでも自分の好みを細かな所まで反映させて、のんびり・マイペースで楽しむ感じが多かったようです。
リカちゃんハウス(ふる~)とかシルバニア・ファミリーで遊ぶような感覚なのかなぁ。

>サラリーマン哀歌
あるある~。うちの親も、新築ではなくリフォームだったのですが、すぐに転勤でせま~い社宅に入ってブーブー言ってたっけ。

このところゲームする時間があまりないけど、DA2の今やってる周が終わったら、KoARをやってみますね。
KoARとWitcher2は両方やるつもりなので、どっちが先でもかまわないのです。
KoARのバグも、修正パッチがあたることはないだろうから、様子見ててもどうにもならんし。詰みを回避する術はありますしね。
DA3までに時間があり過ぎて…。ふひ~。

 ゲーム内のお家。これだけは私の趣味と違うような気がする。Skyrimでも三人の主人公でそれぞれ三箇所の土地を発見し、言われるままにそれなりに建築を進めたのですが、なんか途中で飽きちゃって寝落ちしたりしてしまった。最終的にはそれ一箇所で何でも賄える「ストロングホールド」化することになるのはわかっていても、すでに手に入れた各地の邸宅でそこそこ間に合っちゃうしなあ。
 なにが苦痛って、資材の調達という目的だけでSkyrimを走りまわること。なんかのクエストがてらでやるなら気にならないのかもしれない。
 次のストーリーDLCが来るなら、少しはやる気が出るかしら。

 まあ、あとマイホームねたで侘しいのは、両津勘吉巡査長の上司のネタですね。
 駅から三分ジェット機で、とか。

  
 KoARは、PS3版を買おうとして寸止めしました。やる暇がなさげであること。すでに(DLCついていないけど)英語版を買っているのでなんとなく高く感じること。日本のみんなが褒めすぎで薄気味悪いこと。
 そんなに良いなら、カート・シリングはどうして破産したのかしらね・・・。
 もし遊んだら教えてください。でも順番はWitcherが先だと思う。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/47490477

この記事へのトラックバック一覧です: Skyrim Hearthfire/Dragonborn:

« Project Eternity これがオールドスクール派の威力なのかあっ?! | トップページ | Project Eternity クリス・アヴェロン インタヴュー »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31