フォト
無料ブログはココログ

« 【ME3】オメガで終わりではない。 | トップページ | 【ME3】Omega(3) »

2012年12月22日 (土)

【DA3】過ちは繰り返しません?

 最近では、BioWareエドモントン・モントリオールのGMアーリン・フリン氏がDAシリーズのPRスピーカーの役割を担っているのか、頻繁に登場していますが、GameInformerの新年号にもインタヴューが掲載されているそうです。DAWikiから。

http://dragonage.wikia.com/wiki/User_blog:IlidanDA/Dragon_Age_III_-_BioWare_learns_from_own_mistakes

 開発チームは、DA2に対して寄せられた批判について、重大な関心と配慮を持って取り扱っているとのこと。ファンの声を間違いなく聴いていると示すために、そしてDA3をより良いものにするために、犯した過ちについての検証だけではなく、どうすべきだったのかについても、何週間も何月もかけて検討を加えた。
 
 DA3に持ち込むフィロソフィーは、DA2よりOriginsに近いものとなるだろう。DA2では(訳:主人公をとりまく狭い範囲での)親密な間柄の物語を語ろうとした。出来の良いところもあったが、過ちもまたあった。DA3は非常に壮大で世界を震撼させるような類の物語に回帰し、より広いスコープとエピックな味わいを持ち込むことにする。そうすることによってプレイヤーのなす決断の意味がより明確となり、決定づけやすくなるという発想である。

 GameInformer新年号はまだ発刊前。記事を見つけたら、補足します(おもしろかったら、ですが)。

 ユーザ・コメントには、おもしろいものもある。最近コメント欄でやりとりしていた話題にも通じるかもしれない。

**********
 
 私的(personal)な物語自体は何も悪くない。DA2の物語の問題は、結局のところ実際にはあんまり「私的」ではなくなったことにある。家族を殺されることに何の手出しもできなかったり、首尾一貫したプロットラインを進むことができなかったりすることがそうだ。またほとんどの選択の結末がどれもこれも電車道(一本道)であることもある。

 テーマを選び、プロットにフォーカスし、主人公(PC)とストーリーラインを意味ある形で結びつけ(ただし、コア・プロットを面倒なコンパニオンに絡めることは避け)、英雄の行く手を阻む悪役を配し(事態をさらに困難にするとか、主人公の成長に必要とか、物語にとって意味があるなら、悪役の復讐によってヒーローが手ひどい打撃を受けることも、躊躇せず)、ブーン! できあがりだ。それでも意味は通じる。

 そう考えると、DAOのほうがより私的な物語であったと自分は思う。ウォーデンは故郷や家族(友人)から引き裂かれ、けりのついていない因縁に後ろ髪ひかれつつ(やがて故郷に戻った時には、それらの因縁は新たな使命を果たす目的と衝突する)、より大きな目的を実現するための道を進まなければならない。

 敵対者の妨害によってほとんどひとりでことを進めなければならないことが事態をさらに困難にする。最後にはその敵対者との対決で決着をつけ(自ら始末する、仲間に始末させる、敵対者に別の道を選ばせる)、大きな目的を果たすために自ら犠牲になるか、誰かを犠牲にするか、あるいは自分と仲間か恋人などの命を救うため悪魔のベイビーをもうけるか選ぶ。とどのつまり、DA2よりそちらのほうがずっと私の感情に訴えかけていたと思う。

**********

 ハリウッド的な、あるいは少年ジャンプ的なベストセラー物語のつくり方や、DAOがそれに即している話はともかく、最初の部分は私とわりと近い考えかもしれない。
 つまり、DA2はあまり「私的」な物語とは感じられなかったという部分。

 DA2でボスバトルらしいボスバトルの回数も少なかったうえに、いわゆるビッグボスバトルと呼べるものがなかったことをどう考えるかなんですが。

(強制ボスバトルらしきものは、Act1のディープロードでのエンシェント・ロック・レイス、Act3のオシノ・ハーヴェスター、そしてラストバトル。Act2のアリショクとの決闘は回避できる、マチュア・ドラゴン戦はオプショナル、Mirror Imageのヴァルテラル戦もたしかオプショナルだった気がする)

 等身大の物語を目指したので、ボスバトルも抑え気味ということでしょうかね。別にビッグボスバトルがあるから(ないから)どうだとか思いませんが、きっと意図的にそういうつくりだったんでしょう。

 「劇的」な、「叙事詩」的な物語は受けて、「つぶやき的」な、「叙情」的物語は受けなかった。
 だから次回作は前者に回帰しますということだとすると、ちょっと違うと思うのだが。この手のヴィデオゲームで「つぶやき的」物語を成し遂げるのは確かに難しいかもしれないが、エピックRPGは「アーチディーモンを倒したぜ、イエイ!」の世界だけしか成立しない風になっちゃうのはほんと勘弁。まさかそんなことにはならないと思うけど。  

 そして、BioWareは最近簡単に謝りすぎなところが非常に心配である。

« 【ME3】オメガで終わりではない。 | トップページ | 【ME3】Omega(3) »

Dragon Age 3」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1586985/48422038

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA3】過ちは繰り返しません?:

« 【ME3】オメガで終わりではない。 | トップページ | 【ME3】Omega(3) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31